上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

「武井武」はジャンルDで5,334票を獲得し、第9位にランクされました。

武井武は1899(明治32)年与野市に生れ、1992(平成4)年92歳で死去。フェライトの父と呼ばれる。
フェライトとは磁気素材で酸化第二鉄の粉に、銅、亜鉛、マンガン、ニッケルなどの酸化物の粉を混ぜ高温で焼き固めて作る。
武井は1930(昭和5)年に実用化できるこのフェライトを発明、エレクトロニクス産業の基礎を築いた。カラーテレビ、航空機用アンテナ、移動電話、パソコンなどに幅広く使われている。
ノーベル賞に匹敵するとの評価も高いが戦時中の混乱でヨーロッパの研究と競合し、受賞を逸した。
1994(平成6)年与野市は市役所正面玄関脇に博士の胸像を建立した。
(本書より)

武井 武博士 武井博士は、埼玉県与野町(現さいたま市)に武井多三郎・とよの長男として誕生し、埼玉県埼玉師範付属小学校(現在の埼玉大学附属小学校の前身)、埼玉県浦和中学校(現在の埼玉県立浦和高等学校の前身)を経て、大正9年3月に東京高等工業学校(現在の東京工業大学の前身)電気化学科卒業というように、まさに埼玉県ゆかりの人物であり、一方で工学系のエリートであったことが窺えるのです。

本書の説明にもあるとおりノーベル賞受賞にも匹敵する発明をなしながらも、一般的にその名が知られていない(少なくとも私はこの件ではじめて知りました)のは、やはり研究があまりにもレアなところにあったためでしょう。
したがって今回「武井武」や「フェライト」で資料を調べてみると、一つには難しすぎることと、一つには一般的に興味を引く内容ではないことがわかるのです。
となると今回の散策は一体・・・、という事でここは一つ武井博士が誕生し、武井博士を育んだ与野市(現在はさいたま市中央区)を紹介していくのが相応しいであろう(こじ付けとも言うのですが。。。)と浅はかながら考えたのも束の間、以前【与野公園とバラ園】で目ぼしいエリアは散策してしまっていたのです。 実に困ったことだと普段から拝読させていただいているkeny72さんのブログ「ゆる~い日記」の【与野七福神巡り】の記事を読ませていただき、今回は苦肉の策として(渡りに舟といった一面も無いことは無いのですが)、新年の恒例となった七福神巡りに掛けた散策にしてみたのです。
因みに今までの七福神めぐりとしては、2012年【雑司ヶ谷七福神】、2011年【谷中七福神】、2009年【くりはし八福神】がありました。
ということから2013年1月3日、新春の風情とともに武井博士を育んだ地を散策したのです。

いただいたパンフレットによる今回の七福神巡りの一般的推奨コースです。
与野七福神めぐり 与野七福神めぐり
これによると上町氷川神社~一山神社~天祖神社~円乗院~円福寺~鈴谷大堂~弘法尊院(二度栗山観音)を廻るルートで凡そ4.4kmほどあるそうです。この距離は七福神ルートだけの距離ですから、行きの駅からと帰りの駅までの距離を入れると凡そ2倍くらいにはなるでしょう。
今までは徒歩の七福神巡りだったのですが、この距離に怖気づいて今回は車でサクッと廻ってしまおうという物臭の所業に挑んだのでしたが、この時点で武井博士を忘れそうになりました。

さいたま市中央区さいたま市中央区オフィシャルサイト】http://www.city.saitama.jp/index_chuoku.html

(つづく)

スポンサーサイト

はじめに

先月の10月30日から11月3日まで、さいたまスーパーアリーナで第21回生涯学習フェスティバル「まなびピア埼玉2009」がかいされました。
この生涯学習フェスティバルとは、公式サイトによれば「あらゆる世代の人たちが、学ぶ楽しさや大切さを感じ、学びのきっかけづくりを提供する全国規模の参加体験型のイベント」で愛称を「まなびピア」といい、平成元年から始まり県持ち回りで毎年行われていて、今回が21回目となります。
第1回は千葉県で、ここ直近では昨年は福島県、一昨年は岡山県です。したがって毎年1回と言うことで次回は47年後となります。国体と一緒ですね。

平成21年10月30日の総合開会式を皮切りに様々なイベントが繰り広げられました。
1.記念事業(実行委員会主催事業):第21回全国生涯学習フェスティバルの開催を記念して、開催テーマに沿った様々なイベント(講演会、シンポジウムなど)を実施。
2.生涯学習見本市:企業・各種団体・学校・市町村などがブースに出展し、学習情報や実践例などを展示・発表することにより様々な学びを提案し、交流の場を提供。
3.生涯学習体験広場:学習活動を実践しているグループなどが体験教室を開催したり、多彩な学びの成果をステージ発表することにより、様々な学びと交流の機会を提供。
4.市町村主催事業:各市町村内の施設等において市町村が地域の資源や現在取り組んでいる事業を活用するなど各種事業を実施して、身近な地域で学びの場を提供。
5.参加事業:実行委員会が募集する生涯学習関連事業が、企業・各種団体・関係機関などが開催期間中に、主会場及びその他の会場において自主的に企画・運営します。

こういった内容でで、さいたまスーパーアリーナを主会場として、埼玉県内各地で同時に開催される規模の大きなイベントなのです。
ただ素朴な疑問が一点あります。
国体などは全国から集まって1箇所で大会を開くために各県持ち回りなのですが、「まなびピア」の今回の場合はあくまで埼玉県の自治体、関連団体、関連企業が参加していて、他県から参加するわけではありませんね。とすると各県持ち回りにする意味がどこにあるのでしょうかね。そして他県のイベントを見たい場合はその県まで行けなければならないと言う、一見町興し、観光客誘致的ですが、一般的にはいかないでしょうね。
今回訪れたのは最終日の3日で、あまり時間のない中なので上っ面を眺めただけですが、次回まで生存している可能性は0%なので、とりあえず無理やり行ってみました。


はじめに

「与野公園とバラ園」はジャンルAで得票数4,738票を集めて33位にランクされました。

『与野公園は1877(明治10)年、県下三番目の公園としてオープンした。新大宮バイパス沿いにあり、JR与野本町駅から徒歩10分。約5万8000㎡の敷地にはバラ園のほか、芝生広場、スリバチ山、弁天池、子ども広場があり、サクラの名所としても知られる。
バラの見頃は5月中旬から6月上旬。ツゲの垣根に囲まれた30種、2100株が、色とりどりの大輪の花を咲かせる。毎年5月には「バラのまちフェスティバル」が行われ、苗木販売やイベントに、約15万人の人手がある。』

5月16.17日が「ばらまつり09」とのことなので、天気を考えて16日の土曜日に与野公園へ向かいました。
今回は電車で、朝9:00に自宅を出発し、ニューシャトルで大宮駅へ。そこから埼京線で2駅目の与野本町に到着したのは10:00頃でした。 今日は朝から曇天で若干肌寒さを感じましたが、今日は何とか雨も降らずにすみそうな天気予報です。

毎年ではありませんが、我が家では結構バラを見に行く機会は多く、場所柄伊奈町の市制公園の「バラ」や、京成バラ園などへ何回か足を運びました。
そのようななかで、与野公園は有名な公園ということで知ってはいたのですが、訪れるのは初めてです。
どんなバラが見られるのか楽しみです。

map中央区マップさいたま市中央区オフィシャルサイト】 http://www.city.saitama.jp/index_chuoku.html





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。