港七福神(その1)

2014年新年を迎えての、我が家恒例となった七福神巡りも迎えて6回目。 昨年がさいたま市の【与野七福神】、一昨年が豊島区の【雑司ヶ谷七福神】、2011年が北・荒川・台東3区にまたがる【谷中七福神】と震災後の福島県いわき市【いわき七福神】、2009年は、現在加須市となった【くりはし八福神】でした。
そこで今年は昨年が埼玉県だったので県外でと候補を絞ったところ、仕事では何度か訪れていながら、殆ど素通りだったコアな都会の七福神めぐりを選んでみたのです。

旅歴メモ -七福神- 七福神めぐりは、七つの福神を詣で、七つの災害(天変地異、火災、盗難など)を消除して、福徳をかなえてもらうものとして信仰されてきました。
基本的には恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁才天(弁財天)・福禄寿・寿老人・布袋ですが、吉祥天・達磨・宇賀神(男弁天)・お多福などを加えて八福神とするところもあります。

ここ港七福神も“七福神”といいながらも8ヶ所をめぐるのですが、そのプラスされた1ヶ所は8番目の福神ではなく、七福神が乗る宝物を積み込んだ帆船「宝船」という珍しい七福神なのです。
今回は時間の制限もあって夕方5:00までには自宅に戻らなければならないので、あまりゆったりと散策している時間はありません。
当然、どこから廻っても良いわけですから、ここは自宅から行き易いルートを考えて、AM9:00過ぎに自宅を出発し、JR王子駅で東京メトロ南北線に乗り換え、最初の目的地である“六本木一丁目駅”めざし、最初の七福神である「久国神社」に向かうのです。
到着したのはAM11:00頃です。

久国神社(布袋尊)

アークヒルズ アークヒルズ

アーク森ビル

“六本木一丁目駅”を上がると目の前には「アークヒルズ」が聳えています。

旅歴メモ -アークヒルズ-
アークヒルズ開発前 アークヒルズ開発後

開発前と後の航空写真

「アークヒルズ」はオフィス、住宅、ホテル、コンサートホールなどからなる、民間による日本初の大規模再開発事業で、17年の歳月をかけて1986年に完成した、所謂、森ビルの開発・運営する複合施設のブランド名 “ヒルズ”の原点なのです。
地番が赤坂と六本木に跨ることから、AKASAKA(赤坂)の「A」、ROPPONGI(六本木)の「R」、そしてその二つをつなぐ意味のKNOTの「K」の頭文字をつなげて“ARK”に森ビルのブランド“HILLS”をつなげて、アークヒルズとなったのです。

このアークヒルズ前の六本木通りを挟んだ北側にあるのが「久国神社」です。

久国神社参道 古い蔵

久国神社参道と古い蔵

路地1本裏手に入ったところで若干わかりにくいのですが、まさに都会の中にひっそりと佇んでいるようです。
参道横には今にも崩れそうな古い蔵がありますが、入口付近が塗り替えられているので、現在でも現役なのでしょう。
一の鳥居

一の鳥居

鳥居周辺には七福神巡りの目標である赤い幟と提灯が正月らしい雰囲気を醸し出しています。

境内 社殿

久国神社社殿

まずは最初の“布袋尊”を祀っている久国神社を参拝します。比較的広い境内ですが、境内が長細いので社殿も若干窮屈そうです。
最近は結構カップルや若い女性のお参りも多いようですね。
海舟筆の扁額

勝海舟筆の扁額

社殿に掲げられている扁額は勝海舟の筆によるものだそうで、その由来は判りませんが、赤坂に居住していたことに関係するのでしょう。

旅歴メモ -久国神社- 勧請年月は不詳ですが、太田道灌の江戸城築城の際、1465(寛正6)年に溜池周辺の鎮守として千代田村紅葉(現在の皇居内)に遷座され、後に鎌倉時代の久国作の名刀が寄進されたことから「久国稲荷神社」と呼ぶようになったのだそうです。
その後、1741(寛保元)年にこの地に遷座され、1927(昭和2)年に久国神社に改称されたのです。

布袋尊

祀られている布袋尊

そしてその「布袋尊」は社殿に祀られています。小さいながらも結構重量感のありそうな尊像です。

旅歴メモ -布袋尊-
布袋尊

布袋尊
(c)七福神巡りウォーキング

布袋尊は、その名を契此(けいし)といい、七福神の中ではただ一人実在した中国の唐の時代の禅僧です。
額が広くてお腹は大きく、いつも杖と大きな布袋を持ち歩き、物を貰えばそれをこの袋に入れて貯え、因る人があると、その中から取り出して施し、しかもなくなることがなかったといわれています。そのため当時の人々には布袋和尚と呼ばれて親しまれていました。
福々とした容ぼうから、子宝に恵まれるとか、器の大きい人物になれるといわれています。

七福神ルート図

七福神巡り地図

お参りを終えて七福神巡り用の色紙をいただきます。
この七福人巡りでは朱印に300円掛りますので、8ヶ所で合計2400円となりますが、色紙代は無料とういうところが初春から縁起の良いところと考えるのは、庶民の貧乏臭いところでしょうか。

今年は未だに初詣をしていませんでしたので、必然的に今年の初詣はこの日の最初の「久国神社」となるので、今年の運勢を占って「おみくじ」を引いて見ることにしました。

限定おみくじ

この期間限定の七福神おみくじ「500円」

通常おみくじ

一般のおみくじ「10円」

丁度、社務所の前には、この期間だけの特別な七福神のおみくじがおいてあり縁起物として人気もあるのだそうです。
但し、その横には通常ひかれるおみくじ箱があるのですが、こちらは何と10円のおみくじだそうです。
そこで七福神のおみくじを聞いてみると500円で、中身のおみくじは変らないのだそうですが、まあ、これは正月のご祝儀みたいなものですから、やはりここは、、、「10円」のにしておきましょう。(未だに我が家にはアベノミクス効果が現れていないという言い訳。。。)
やはりここでも貧乏臭いところを、遺憾なく発揮してしまいました。

おみくじ

何と英語で記載された「おみくじ」

ひいてみてびっくりなのは、なんとこのおみくじは日本語と英語で書かれています。
“おみくじ”のことは「A Written Oracle」というのですね。
因みに直訳してみるとGooglでは「御神籤」、Yahhooは「書面にした予言者」、エキサイトでは「書面オラクル」と言う具合で、基本的には一般的な言語ではないようですね。
中吉(日本語バージョン) 中吉(英語バージョン)

中吉のおみくじ

で、結果は「中吉」で、英語では“Very Good”だそうです。
土地柄外国人の居住者や就業者が多いので、英語の翻訳がされているのだそうです。とすると大吉はなんと言うのでしょうかね。
全てを集めたくなりましたね、10円ですから^^

兎にも角にも初詣をしっかり済ませて、2つ目の神社に向かいます。

天祖神社(福禄寿)

久国神社からは六本木通りを下るのですが、ここは一本裏道を進んで「東京ミッドタウン」の高層ビルがを目指します。

檜町公園 檜町公園

檜町公園

その前には文字通り都会のオアシスともいえる「港区立檜町公園」を見ることができます。
流石にこの季節は寒々しいですが、春や秋のシーズンとなると実に樹木の緑と池の水が綺麗なコントラストを生み出すのでしょうね。

旅歴メモ -檜町公園-
江戸時代古地図

江戸時代古地図(c)goo地図

江戸時代、長州藩毛利家、松平大膳大夫の下屋敷があったところで庭園は「清水園」と呼ばれた名園の一つに数えられていたところだそうです。周りに檜の木が多かったことから毛利家の屋敷は「檜屋敷」と呼ばれ、後の“檜町”の地名の由来となり、公園の由来ともなったのです。
明治時代には国の管轄となり、大戦後毛利家の屋敷の大部分に防衛庁が設置され、残りの部分が檜町公園として整備され1963年に開園したのです。
因みに2009年にSMAPの草彅剛が、全裸で泥酔し公然わいせつ罪で逮捕された公園といえば知っている方も多いかもしれません。

公園を抜けて「東京ミッドタウン」を通り抜けます。

ミッドタウンタワー

ミッドタウンタワー

ここにはホテル「ザ・リッツカールトン東京」や「サントリー美術館」を始めとして、様々なお洒落なブランドショップ、そしてオフィスが集約されているのです。

旅歴メモ -東京ミッドタウン- 先の檜町公園と同じですが、江戸時代の毛利家下屋敷から明治になって歩兵第一連隊の駐屯地となります。
戦後の米軍接収時代

米軍接収時の昭和22年の航空写真
(c)goo地図

防衛庁時代

防衛庁移転後の昭和38年の航空写真
(c)goo地図

第二次世界大戦後、米軍に接収された後、1960年に霞ヶ関にあった防衛庁が当地に移転してきたのです。
その後、檜町公園が区立公園となり、 2000年に防衛庁が市谷に移転した後の2007年に東京ミッドタウンが完成し、同時に檜町公園も再整備されたのです。

ガレリア

ショッピングゾーン「ガレリア」

ここはミッドタウン内のガレリアを通って反対側に出ることにします。
ガレリア内の正月飾 ガレリア内の正月飾

ガレリア内の模様

ガレリア内も正月飾が華やかです。
ミッドタウン七福神スタンプラリー ミッドタウン七福神スタンプラリー

ミッドタウン七福神スタンプラリー

ミッドタウン内での七福神めぐりです。丹念に廻れば集められるのでしょうが時間がないので、通りがかりに見つけた2ヶ所だけです。
九頭絵馬と福笑い連凧

九頭絵馬と福笑い連凧

珍しい絵馬と連凧が飾られていますが、絵馬は九頭絵馬というそうで、江戸時代から「万事馬九行久」と書いて“ばんじうまくゆく”という語呂合わせで、九頭の馬が大願成就の縁起物とされたものだそうです。
ミッドタウンも実に華やいだ正月風情です。

外苑東通りとミッドタウンサイン ミッドタウンウェスト・イーストビル

「東京ミッドタウン」サインとミッドタウンウェスト・イーストビル

ガレリアを抜けると、通称「外苑東通り」と言ったほうがわかり易い都道319号線前に出ます。
「天祖神社」の幟

僅かに見える「天祖神社」の幟

通り沿いには“ミッドタウン”の標柱があり、通りを隔てたところに「天祖神社」への小路を見ることができます。

天祖神社参道

天祖神社参道

昭和の香りを残したようなレトロ感ある小路をしばらく進むと、右手にあるのが2つ目の「天祖神社」です。
天祖神社 テレビ朝日寄贈の社号標

テレビ朝日寄進の社号標

テレビ朝日から寄進された大きな社号票には「龍土神明宮 天祖神社」と刻まれています。
ここは住所である“港区六本木7-7-7”から「六本木ラッキーセブン」として、場所柄マスコミなどからも信仰されているのだそうです。

旅歴メモ -龍土神明宮- 約600年前の南北朝時代に現在のホテルオークラの南側付近に祀られたのが創建といわれ、この宮に品川沖から毎夜龍が灯明を献じたということより「龍灯山」と呼ばれたそうです。
徳川2代目秀忠の時代に現在の地に移転し、この一体を“龍灯”からとって「龍土村」と呼ぶようになり社名も「龍土神明宮」と称され、氏子の町も“龍土六本木”、“龍土材木町”と呼ばれて発展し始めたのだそうです。
以来、将軍家、諸大名より崇敬され、江戸三ヶ所の神明又は東都大神宮十八社の一つとして信仰を集めていたようです。

天祖神社境内 社殿

かなり狭い境内にある社殿

一の鳥居のところが境内ですが、都心の中の神社とあってかなり敷地も狭いのですが、かつてはかなりの広さを誇っていたのではないでしょうか。
ビルに囲まれ見下ろされる神社というのも、都会らしくてこれもまた一つの風情といえるかもしれません。
満福稲荷社

福禄寿が祀られている満福稲荷社

境内の一画に三柱の鳥居の連なった「満福稲荷社」がありますが、ここに祀られているのが“福禄寿”なのです。

旅歴メモ -福禄寿-
福禄寿

福禄寿
(c)七福神巡りウォーキング

福禄寿は人の一生の福(幸福)、禄(俸禄)、寿(長寿)の三徳を授けるといわれ、人の生きる道・事業・学業を導く神と信仰されていることから、飲食店や事業者からの信仰が厚いのです。
また、老翁の姿で杖と巻物を持ち、鶴に乗り、国境を越え、自由自在に世界を飛び廻り、道を教える「鶴上の仙人」ということから、海外旅行・留学の安全を守り神様としても信仰されているのです。

三徳ということから鳥居も三柱並んでいるのでしょうかね。
社務所で朱印をいただき2ヶ所目も完了で、この次は「櫻田神社」に向います。

2014.01.08記(つづく)

スポンサーサイト

はじめに

「武井武」はジャンルDで5,334票を獲得し、第9位にランクされました。

武井武は1899(明治32)年与野市に生れ、1992(平成4)年92歳で死去。フェライトの父と呼ばれる。
フェライトとは磁気素材で酸化第二鉄の粉に、銅、亜鉛、マンガン、ニッケルなどの酸化物の粉を混ぜ高温で焼き固めて作る。
武井は1930(昭和5)年に実用化できるこのフェライトを発明、エレクトロニクス産業の基礎を築いた。カラーテレビ、航空機用アンテナ、移動電話、パソコンなどに幅広く使われている。
ノーベル賞に匹敵するとの評価も高いが戦時中の混乱でヨーロッパの研究と競合し、受賞を逸した。
1994(平成6)年与野市は市役所正面玄関脇に博士の胸像を建立した。
(本書より)

武井 武博士 武井博士は、埼玉県与野町(現さいたま市)に武井多三郎・とよの長男として誕生し、埼玉県埼玉師範付属小学校(現在の埼玉大学附属小学校の前身)、埼玉県浦和中学校(現在の埼玉県立浦和高等学校の前身)を経て、大正9年3月に東京高等工業学校(現在の東京工業大学の前身)電気化学科卒業というように、まさに埼玉県ゆかりの人物であり、一方で工学系のエリートであったことが窺えるのです。

本書の説明にもあるとおりノーベル賞受賞にも匹敵する発明をなしながらも、一般的にその名が知られていない(少なくとも私はこの件ではじめて知りました)のは、やはり研究があまりにもレアなところにあったためでしょう。
したがって今回「武井武」や「フェライト」で資料を調べてみると、一つには難しすぎることと、一つには一般的に興味を引く内容ではないことがわかるのです。
となると今回の散策は一体・・・、という事でここは一つ武井博士が誕生し、武井博士を育んだ与野市(現在はさいたま市中央区)を紹介していくのが相応しいであろう(こじ付けとも言うのですが。。。)と浅はかながら考えたのも束の間、以前【与野公園とバラ園】で目ぼしいエリアは散策してしまっていたのです。 実に困ったことだと普段から拝読させていただいているkeny72さんのブログ「ゆる~い日記」の【与野七福神巡り】の記事を読ませていただき、今回は苦肉の策として(渡りに舟といった一面も無いことは無いのですが)、新年の恒例となった七福神巡りに掛けた散策にしてみたのです。
因みに今までの七福神めぐりとしては、2012年【雑司ヶ谷七福神】、2011年【谷中七福神】、2009年【くりはし八福神】がありました。
ということから2013年1月3日、新春の風情とともに武井博士を育んだ地を散策したのです。

いただいたパンフレットによる今回の七福神巡りの一般的推奨コースです。
与野七福神めぐり 与野七福神めぐり
これによると上町氷川神社~一山神社~天祖神社~円乗院~円福寺~鈴谷大堂~弘法尊院(二度栗山観音)を廻るルートで凡そ4.4kmほどあるそうです。この距離は七福神ルートだけの距離ですから、行きの駅からと帰りの駅までの距離を入れると凡そ2倍くらいにはなるでしょう。
今までは徒歩の七福神巡りだったのですが、この距離に怖気づいて今回は車でサクッと廻ってしまおうという物臭の所業に挑んだのでしたが、この時点で武井博士を忘れそうになりました。

さいたま市中央区さいたま市中央区オフィシャルサイト】http://www.city.saitama.jp/index_chuoku.html

(つづく)


はじめに

謹賀新年
東日本大震災一色といってもよい2011年が終わり、2012年の幕開けとなりました。
日本にとっても震災の爪あとが未だに残る程の不幸な1年でしたが、個人的にも震災に無関係ではありませんでした。激動の1年といっても過言ではない年が過ぎ、とにかく気持ちだけでもよい年をと願うのは私だけではないでしょう。少しでも良い年となるよう大なり小なり思わざるを得ない年明けとなったのです。

2012年、新年最初の散策は、昨年散策した【谷中七福神】同様、七福神めぐりで幕開けとなりました。全国各地に数多くある七福神めぐりの中から今回選んだのは「雑司が谷七福神」でした。
これは昨年の谷中七福神が江戸(東京)で最古の七福神でしたが、反対に「雑司ヶ谷七福神」が東京で最新の(恐らく…)七福神だったことからです。「雑司が谷七福神」は昨年の2011年に始まったばかりの今年2年目の七福神めぐりなのです。
エリアで言えば「雑司が谷」は豊島区で池袋駅周辺の喧騒の近くにありながらも、閑静な住宅街と歴史豊かな街として以前より一度訪れてみたいと思っていた場所です。
渡りに船とばかりに今年第1回目の散策をここに決定したのでした。

例年のごとく1月2日にTV観戦していた箱根駅伝も、東洋大のぶっちぎりの往路優勝で、総合優勝もほぼ決まったのも同然の様相だったので1月3日に七福神めぐりに訪れました。
朝9:00頃自宅を出発し、ニューシャトルから大宮駅に出て、湘南新宿ラインで池袋に到着です。ここから東京メトロの副都心線で一駅の「雑司が谷」に向かい、到着したのが10:30頃でした。
2012年の幕開け、どのような散策ができるか楽しみです。

豊島区観光協会】http://www.kanko-toshima.jp/


はじめに

約5ヶ月ぶりのいわき散策です。
あの大震災の丁度1週間前に散策をしてから、すでに5ヶ月が経過していることを思うと、やはり時の過ぎるのは早いものだと改めて知らされます。
未曾有の東日本大震災で、未だに復旧できずにいるところも多いようです。また、福島県においては原発という2次災害で更なる被害が拡大しています。
そのような状況下で、いわき市湯本に在住していた家族は3月の震災後すぐに、埼玉県の自宅に避難しておりました。それから5ヶ月間、住居周辺の状況確認及び住居内の整理などで、数回いわき市を訪れておりましたが、時間的にもメンタル的にも特に散策するような状況ではなく、すっかり「いわき散策」から遠のいてしまいました。
特に震災後初めて訪れたときと、その後に大きな余震のあった後は、箪笥や仏壇などなどあらゆるものが倒れており、家族がかすり傷1つ負わなかったことは奇跡に近いとも思えたくらいでした。

その後、全く地震がおさまったわけではないのですが、やはりふる里は忘れがたきもののようで8月22日、23日の土日に一旦家族はいわき市に戻ることとなりました。
今回は1泊で住居の整理や準備を行うので時間的にも余裕もあり、街も多少落ち着き始めた様子でもあることから、久しぶりに散策を再開することにしました。
とは言いながらも、以前のような時間をかけた散策もできませんので、まずはいわき市をサクッと眺める散策です。

そこで今回のテーマは…、思いつかないのでいつも眺めさせてもらっている「【いわき百景】~未来へ贈る誇りの情景」を散見していたら「いわき七福神」というのがあったので、季節的には全く違いますが、こんな時でもあるし、またいわき市の北から南まで分布しているということもあるので、お参りがてらの散策ということになりました。
「いわき七福神」の中には以前訪れた寺院もありますが、七福神という括りではなかったので、また新しい出会いがあるかもしれません。
時間的には半日程度ですが、久し振りのいわき散策です。


 

はじめに

1月2.3日恒例の箱根駅伝は、トップ争いもさることながら、シード権争いも熾烈を極め、今年くらい火花を散らし的な展開の大会もそう多くはないでしょう。
結果として早稲田大学の総合優勝に落ち着いたのですが、東洋大学の3連覇か、早稲田大学の3冠か非常に興味の尽きない大会でした。
2日は成田山への初詣、そして3日は箱根駅伝という正月の風物詩を堪能した後の4日、TVも飽きたし、ごろ寝も返って疲れるといったところで、正月休みの最後の日はやはり巷に出かけようと、新春の風情を味わいに出かけることにしました。

昨年は仕事や日程の関係から浅草寺への初詣だけでしたが、一昨年「くりはし八福神」が非常に面白かったことから、今年の4日は七福神めぐりをしてみようと思い立ちました。
七福神めぐりは、全国津々浦々に存在していて、現在では昔よりも手軽に行なえる信仰というよりは、ある意味でのイベントです。
そのような数多ある七福神めぐりから今回選んだのは、「谷中七福神」でした。およそ250年前に始まったと言われる江戸最古の七福神めぐりが選択のキーワードでした。さらに、他の七福神には神社も入っているのですが、谷中七福神は寺院だけであるということが余計興味を惹かれました。
更にモチベーションが挙がる理由に、この谷中七福神はこの期間(1月1日から10日位まで)しか、七福神を拝めないと言うことです。1年でこの時期にしかできないことと言われれば、飛びつかない手はないでしょう。
希少性にとんだ七福神めぐりで、江戸情緒を味わうには、これほど適したものはないでしょうから。

2011年1月4日天気も良好で、自宅をAM9:00前には出発しました。
世の中、今日から始業する企業もあるでしょうが、電車はまだ空いていて多くの企業が5日からの始業であろう事を教えてくれます。
今回は大宮駅経由で、JR京浜東北線で田端駅に向かいます。この谷中七福神めぐりは、田端駅から廻るコースと、上野駅から廻るコース(単純に逆周りということですが)の2種類があるようで、この日は田端駅から南下するコースをたどります。
この谷中七福神のコースは結構広く、北区にある田端駅から、荒川区にある西日暮里駅と日暮里駅、そして台東区にある鶯谷駅、上野駅という、3区5駅にまたがるエリアにある七福神なのです。
結構、距離もあるようですが、新春の1日を下町情緒に触れながら散策できるのも興味深い限りです。


はじめに

【くりはし八福神】はジャンルAで29位の4,953票を獲得しました。
まずは本書の概要。

『「くりはし八福神」と名づけられた八福神巡りは1999(平成11)年に始まった。全長約7Km、所用時間は3時間から4時間。発案は石材店を経営する酒井勲さんで、息子の鉱治さんが制作にあたった。
七福神より末広がりで縁起がいい」と、恵比須、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人に吉祥天を加え、町内の八つの寺に安置した。
古くから交通、商業の要衝として栄えた同町は多くの史跡や地蔵があり、信仰心の厚い伝統がある。御朱印を押す納経帳のデザインも町民らが協力して作成するなど手作りの福神だ。』

年も明けて2009年。仕事の都合で初詣をしていなかったこともあり、新年の縁起もこめて八福神めぐりに栗橋町へ向かうことにしました。
前日まで降っていた雨も上がり、若干風は強いながら天気も良く何とか八福神めぐりには好都合の1月10日(土)に車で栗橋に向かいました。
自宅から栗橋までな実に簡単でほぼ一本道で、県道3号さいたま栗橋線を利用します。 この県道は実に便利な道で、先日の蓮田(実際は別ルートを使用)や、今後訪れるであろう鷲宮、大利根などの方面はこれ一本でいける大変ありがたい道路なのです。
朝9時過ぎに自宅を出てホンの10分ほどで県道3号に合流します。ここからは何の考え無しの快適ルートで今日はどんな楽しみがあるのかワクワクものです。

北葛飾郡栗橋町オフィシャルサイト】 http://www.town.kurihashi.saitama.jp/