はじめに

【 巾着田の曼珠沙華 】は4,222票を獲得してジャンルAで37位にランクされました。

本書の説明

『蛇行した高麗川が形成する岸辺の長さ約600m、幅約20~40mにわたる日本最大級の群生地。例年9月下旬ごろ開花すると一帯を鮮やかな赤色に染め、ニセアカシアの林の緑などと相まって美しさを引き立てる。
上流やあぜ道から流出した球根が岸辺に沿って定着したと考えられる。約10年前に堤外地のシノやぶを伐採してから脚光を浴びた。
俗名が多い花で、「マンジュシャゲ」の名は「赤色」を示す梵語に、「ヒガンバナ」は秋の彼岸のころ開花することに、それぞれ由来する。』

巾着田は日高市にありますが、埼玉県民50年以上やっていても日高市って言うのは知りませんでした。元々は入間郡日高町で市制は1991年10月1日ということで、まだ20年を経過していない若い市です。
しかし、巾着田は有名なようで、毎年季節になるとメディアに取り上げれることも多いらしく、結構混雑するようです。
そこで今回は電車で向かうことにしました。ルートは以前飯能に来たルートと一緒です。
ニューシャトルで大宮駅にでてからJR埼京線で一旦川越駅に向かいます。川越駅でJR川越線に乗り換え八王子方面へ向かいます。
JR八高線への直通電車ならそのままJR東飯能駅で西武秩父線に乗り換えて高麗駅下車となります。
時間によっては(待ち時間等あるので)一旦池袋に出てから西武線でまわった方が早い場合もありますが、今回は時刻を調べて先のルートで向かいました。
自宅を出たのがAM8:30で高麗駅に到着したのがAM10:30ですからほぼ2時間の行程です。

今回はかなり事前に調べていましたので、比較的計画的に進められるような気がします。天気も今日一日曇りではあるようですが、雨が降らなければ気候的には涼しくてよいくらいです。
ここ1ヶ月ほど福島県のいわきに毎週行ってましたから、100選を訪れるのは久しぶりなので余計楽しみです。

map日高市オフィシャルサイト】 http://www.city.hidaka.lg.jp/


スポンサーサイト