上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

やったり踊り 「やったり踊り」はジャンルBで8,628票を集め第6位にランクされました。

やったり踊りの大きな特徴は、体を激しく屈伸させる独特の動きと「やったりなー、やったりなー」のお囃子言葉。毎年7月中旬の夜、春日部市大畑の香取神社で奉納される。
踊り手の若衆は赤い鉢巻に白地のゆかた姿で神社の境内を舞う。
江戸時代、大畑と備後の二地区が土地をめぐって紛争。相撲で決着を図ったところ大畑地区が勝ち、人々が「やったり、やったり」と生やしたて踊ったのが始まりと伝えられる。この種の民俗行事は大変珍しいとして、1955(昭和30)年に県無形民俗文化財に指定された。
(本書より)

春日部市は、ジャンルAでの【牛島の藤】、ジャンルBでの【大凧あげ祭り】、【春日部夏祭り】で三度訪れており今回で4回目となります。
牛島の藤と春日部夏祭りは春日部市の中心街である“粕壁”“幸松”地区で、大凧あげ祭りは市の一番北部にあたる“宝珠花”地区で、今回のやったり踊りが行われる大畑の香取神社は、春日部市の最南端である“武里”地区で行われます。南の隣接市は越谷市いう立地です。
“武里”地区は文字通り東武線武里駅を中心としたエリアですが、そもそもは明治22年に8つの村が合併して「武蔵野の里」を略してつけられた武里村に由来します。
現在、埼玉県では最大と言われるマンモス団地である武里団地で知られているところですが、意外とディープなところでは、SMAPの草薙剛がかつて住んでいたともいわれている団地なのです。
今回の散策では「やったり踊り」が夜からの開催とのことなので、多少の散策をすることも含めてPM3:00頃に自宅を出ました。
7月21日、天気予報ではこの日は曇り時々雨ということで夏にしては寒いくらいに涼しい日です。
国道16号線を進み凡そ40分程度で春日部市に到着し、夜からの祭りの前に少し武里地区を散策します。

春日部観光協会】http://www.kasukabe-cci.or.jp/sightseeing/

スポンサーサイト

はじめに

「春日部夏祭り」はジャンルBで2,332票を獲得して24位にランクされました。

春日部市内全域から地区ごとに神輿が集まる毎年7月の恒例行事。春日部駅東口のかすかべ大通を主会場に25基ほどの神輿が競演する。
一宮交差点近くにある八坂神社の祭礼が夏祭りの起源で、宿場町として栄えた粕壁地区の催しに周辺地区が加わり現在の形ができあがった。
祭りのだいご味は担ぎ手と見物客の一体感。人手が多く、「ソイヤ、ソイヤ」と沿道からも掛け声が飛ぶ春日部夏祭りは、担ぎ手にとって「絶好の担ぎ場」。
見て参加して楽しむ春日部市内でもっとも大きな催しの一つになっている。』(本書の説明より)

今年も例年のとおり7月の第2週の土日、7月10、11日に開催されました。
春日部に行くのは2度目で、 【 大凧あげ祭り 】と【 牛島の藤 】 で昨年訪れたのでした。昨年のGWの時期ですから、早1年以上が経過したことになります。

春日部市は旧庄和町と合併したこともあって、この埼玉100選には実に5つがランキングされています。
前述の2つ以外に【 やったり踊り 】【 春日部赤沼の獅子舞 】というイベントがランクされているのです。確かにそれぞれの風景やイベントは貴重なものなのでしょうが、何よりもこれだけの数のランキングと考えると、それ以上に市民の結束が固いというか、そのパワーが強いと言わざるを得ないかもしれません。行政・企業のみならず市民の力が5つのランキングを果たした原動力といっても過言ではないのでしょう。

そのような春日部市の夏祭りとあって、町全体がどのような活気を呈するのか非常に興味深いところなのです。
夏祭りの定番で開始は夕方からのようなので、午後3:00頃自宅を出発しました。
まだ、梅雨明けはされていませんが、何とか雨も持ちそうな天候のようですが、蒸し暑い一日です。湿度と熱気でかなりヒートアップする春日部なのではないでしょうか。

map春日部市オフィシャルサイト】 http://www.city.kasukabe.lg.jp/


はじめに

「大凧あげ祭り」はジャンルBにて12,333票を獲得して堂々第1位にランクされました。

毎年3,5日の両日庄和町宝珠花地区の江戸川河川敷で行われる「大凧あげ祭り」。縦15m、横11m、重さ800Kgの大凧は”百畳敷”と呼ばれ、日本一の大きさと伝統を誇る。
江戸時代に養蚕の出来を占う祭りとして始まり、現在の形になったのは明治時代。上若と下若の二組に分かれ、競い合うように揚げていたことから凧が巨大化していったとされる。
二組が競い合って揚げるのは現在も同じ。大凧に描く文字は毎年公募で募り、3月中旬から、和紙1500枚を張り合わせる大張りと文字書きが上若、下若に分かれて行われる。文字には違いがあり、上若組は細身でかすれやはねに、下若組は塗りつぶしたような線の太さに特徴がある。土手から空に上がっていく百畳敷大凧の姿はまさに勇壮。大凧あげ祭りには毎年何万人もの見物客が訪れる。

100選選定当時は埼玉県北葛飾郡庄和町でしたが、2005年10月1日の合併により現在は春日部市となり、庄和町自体は消滅し、春日部市の北東に位置しています。
大凧あげ祭りは毎年5月3,5日の変則開催で、かつては4日が日曜日でない限り3連休とはならないことから、当時はそれが自然だったのでしょう。現在はみどりの日として完全に祝日となりましたので気にする必要もないのでしょうが、あえてこの変則開催も歴史の一つと考えればそれも一興です。
今年は5月3日に【加須のジャンボ鯉のぼり】へ行った関係で必然的に5月5日となりました。
かつて山本直純氏が「大きいことはいいことだ~♪」と唄ったように、大きいものや高いものは人一倍目に付きやすいし興味も沸きます。鯉のぼりや凧も人一倍大きければ、それだけでニュースにもなればエンタテインメントにもなることは至極当たり前の話です。
ふるさと再生で一億円の金塊が話題になったことがありましたが、大都市以外はいかに町興しを行っていくのかがこれからもポイントのようでが、その様ななかでの大凧あげ祭り、いかなる祭りなのか興味津々です。

5月5日まずは【牛島の藤】を眺めた後、大凧あげ祭り会場に向かいました。
牛島の藤からは車で15~20分くらいでしょうか。加須と同じように河川敷ですので駐車スペースは多くあるようです。
今日の心配といえば天気だけです。
天気予報は曇りのち雨。現在午前中はまだ降っていませんが、いったいどうなるのでしょうか。

map春日部市オフィシャルサイト】 http://www.city.kasukabe.lg.jp/


はじめに

牛島の藤はジャンルAで10位、 8,462票を獲得いたしました。 本書の説明です。

牛島の藤は樹齢1200年を誇る国内最大の藤。幹周り4mの主幹から四方に枝が広がり、藤棚が600㎡にも及ぶ。国の特別天然記念物に指定され,「新日本名木百選」にも選ばれた。牛島の藤を代々見守っているだけに、春日部の人々は藤に対する愛着が人一倍強く、自宅で藤を育てる市民も多い。
九尺藤といわれる品種で、明治のころ花房は3mの長さを誇った。老齢のため現在はやや短くなっているが、長い歴史の中でそのみやびな風情は一層趣を増している。民営「藤花園」の所有。

牛島の藤については随分前から知ってはいたのですが、まだ見たことはありませんでした。
5月5日のこどもの日、GWの真っ只中ではあるのですが、庄和町のイベント【大凧上げ祭り】があるので、一緒に牛島の藤も訪ねることにしました。
オフィシャルサイトによると最盛期は5月1日だったようで、4日の段階でかなり色が落ち始めているとの情報でした。
期待半分、不安半分で訪れたのでした。

自宅から春日部へは至極簡単です。国道16号線をいけば黙っていても春日部に行き着くのです。更に庄和町までの行程を考えれば車で向かうのが便利のようです。
今回はAM9:00過ぎにのんびり出発しました。ですが残念なことに天気予報は曇りのち雨の予報で、実際朝からどんよりと曇っていました。まだ雨は落ちてきていませんが、折角のGW何とか天気が持ってくれればよいのですが。
ちょっぴりの不安な天気を気にしながら春日部に向ったのでした。

map春日部市オフィシャルサイト】 http://www.city.kasukabe.lg.jp/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。