国内旅行案内『トラベルラウンジ』で、“新訂 旅と歴史”の記事を掲載して戴きました。

今年度も始まります『カピバラ温泉』
2015年11月21日から2016年3月末日までのオープンで、特に今年度は2015年10月に生まれたベビーカピバラの温泉デヴューだそうです。

ご一読願えたら幸いです。

『カピバラ温泉』でほっこり癒されよう!埼玉県こども動物自然公園

_DSC5139+650.jpg

2015.11.20掲載
スポンサーサイト

何十年振りだろうか、動物園を訪れたのです
埼玉県東松山市にある「埼玉県こども動物自然公園」で、約46ヘクタールある広大な敷地を持つ動物園に驚いた
何時の間にやらできたのであろうか。しかも県立であることから入場料も510円と何ともリーズナブル
県下で有名な東武動物公園の入園料が1700円なので、その安さが納得
しかも安いだけではなく、動物の種類や見学の方法など、かなり見応えもある
昔の動物園しか知らない私には、ある意味カルチャーショック

プロローグ

入園料を支払って入園
意外にワクワク感が湧いてくるのは、いい意味でのトラウマ!

0001_scz_01__DSC4359.jpg

0002_scz_01__DSC5238.jpg

カナールからの水の流れる階段が、嫌でも目に入る
動物達の像がまるで水浴びをしているかのような演出に大人ながらも心躍ってしまいそう

0003_scz_01__DSC5218.jpg

0004_scz_01__DSC5223.jpg

階段を登りきって最初に出迎えてくれるのが、流石、埼玉県の県鳥「シラコバト」
埼玉県のゆるキャラ“コバトン”で埼玉県民にとってはお馴染み故に、「シラコバト」という種名だったとは知らなかった

0005_scz_01__DSC4443.jpg

現在、日本に生息する個体は江戸時代に移入されたものが野生化したもの
その生息エリアも関東地方北東部(千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東部)という極めて狭いエリアにしかいない
そうしたこともあって1956年に国の天然記念物に指定され、埼玉県の県鳥となった

0006_scz_01__DSC4434.jpg

0007_scz_01__DSC5213.jpg

すでに個体も少ないことから、ここは繁殖施設となっており、貴重なシラコバトを見られる数少ない施設である

ここからはカナールで、トピアリーをはじめ、噴水広場が目に入る

0008_scz_01__DSC4367.jpg

0009_scz_01__DSC4370.jpg

0010_scz_01__DSC4380.jpg

印象的ななモニュメントで存在感がある

0011_scz_01__DSC5196.jpg

0012_scz_01__DSC5177.jpg

北園

北園のメインはどこでも人気の「ペンギン」であるが、その途中にも人気者達が沢山いる
見事な色合いのフラミンゴは、いつでも女王気分の水鳥で、その優雅さは、さしずめセレブといった趣であろうか

0013_scz_01__DSC4617.jpg

0014_scz_01__DSC4626.jpg

このあたりにはメディアなどで一世風靡した動物たちがいる

0015_scz_01__DSC4495.jpg

0016_scz_01__DSC4503.jpg

ミーアキャットにプレーリードッグと名前に圧倒されそうだが、よくよく聞けば猫に犬ではないか
と、考えるのは素人の浅はかさで、ミーアキャットはネコ目マングース科なので確かに猫であるが、プレーリードックは、ネズミ目リス科なので犬ではないわけ
もっとも犬自体もネコ目イヌ科だから、そもそもはネコの親戚。。。 ややこしい!

もう1頭人気者がいるレッサーパンダだ

0018_scz_01__DSC4509.jpg

0019_scz_01__DSC4507.jpg

0020_scz_01__DSC4511.jpg

正式にはシンセンレッサーパンダである
ジャイアントパンダほどのインパクトはないが、それでもパンダの冠がつけば注目されるということ

もう一頭忘れてはいけないのがマーラ
NHK「ダーウィンが来た!」で放映され珍獣マーラとして一躍人気者になったそうだ

0017_scz_01_DSC4488.jpg

0017_scz_01__DSC4490.jpg

これもネズミ科なのだが、面白いのはその生態で、哺乳類の中でも珍しい一夫一婦制の動物
人間でも地域によっては一夫一婦制ではないところがある位だから、全くもって珍しいといえる
そして現在はレッドリストに指定される準絶滅危惧種ながら、ここでは放し飼いという大胆な飼育がされている
突如、珍獣マーラと出会うのもおもしろい

そしてやってきましたペンギンエリア
ペンギンのエリアは、ここでは『ペンギンヒルズ』とよばれ、単に見るだけの施設ではなく、生態を観察することができる施設であることに注目

0021_scz_01__DSC4528.jpg

0022_scz_01__DSC4605.jpg

0022_scz_01__DSC4606.jpg

一般の動物園のように広いエリアを柵で囲われているのですが、ここではこの柵内に人間もペンギンも一緒に入っているというシステム
したがって触ろうとすれば触れる距離にいるということ

0023_scz_01__DSC4546.jpg

0023_scz_01__DSC4561.jpg

0024_scz_01__DSC4540.jpg

0024_scz_01__DSC4592.jpg

こんな黄昏た光景も垣間見られる

0026_scz_01__DSC4583.jpg

そしてこちらが普段見ることができないペンギンの巣で、実際に入っているのを見ることができる

0027_scz_01__DSC4575.jpg

0027_scz_01_DSC4578.jpg

0028_scz_01__DSC4582.jpg

0027_scz_01__DSC4578.jpg

結構、大人も楽しめるシステムです

ピーターラビット

北園から東園に移る途中、動物園には珍しい「ピーターラビット」の資料館がある
大東文化大学の英米文学の河野教授が、個人的にピーターラビットをコレクションしていたことからはじまる
かつて箱根駅伝などで勇名を馳せた大東文化大学は、学業でも名を馳せようと河野教授のコレクションをバックアップし、2006年に「大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館」をオープンさせた

当初は隣接する大東文化大学の校内に建てる予定だったが、それでは一般の方が入りずらいと苦慮していたところ、動物園側からの誘致もあって、園内に建てられることとなったのである

最初の注目はその建物で、実際にポターが住んでいた英国湖水地方にある「ヒルトップ農場」を再現したもの

0029_scz_01__DSC4446.jpg

0029_scz_01__DSC4468.jpg

0029_scz_01__DSC4470.jpg

0029_scz_01__DSC4479.jpg

更に建物の各所は、ポター作品のストーリーの挿絵に限りなく忠実に再現したもので、その凝り方も見事

0030_scz_01fig51344_26.jpg

0031_scz_01__DSC4452.jpg

0032_scz_01__DSC4480.jpg

0033_scz_01_fig54919_11.jpg

0034_scz_01__DSC4668.jpg

0035_scz_01__DSC4466.jpg

展示品もすごい!
ポター作品、全24作品の初版本がすべてそろっていることで、世界中でもここしかないもの
写真撮影はできないが、なかなか興味深い展示で、かえって子供は楽しくないかもしれない
(写真はwikiより)

0037_scz_01_img02.jpg

最後のジオラマで子供には喜んでもらおう

0038_scz_01__DSC4665.jpg

0039_scz_01_afig51344_13.jpg

0039_scz_01_DSC4646.jpg

0040_scz_01__DSC4651.jpg

資料館の前には「ピータラビットの森」がある
こちらは動物園側の施設だが、記念撮影用のベンチやオブジェなどがある

0043_scz_01__DSC4385.jpg

0044_scz_01__DSC4399.jpg

0045_scz_01__DSC4415.jpg

0046_scz_01__DSC4389.jpg

0047_scz_01__DSC4417.jpg

動物園らしい演出は、作品に登場する動物が実際にいること
“こまどりのロビン”のヨーロッパコマドリ、“りすのナトキン”のニホンリスと、“フクロウじいさま”のモリフクロウといった具合

0048_scz_01__afig51345_14.jpg

0048_scz_01__DSC4401.jpg

0049_scz_01__DSC4408.jpg

これなら子供も楽しくなるであろう

更に森の隣には文字通りの「ピーターラビットグッズの店」がある

0050_scz_01__DSC5166.jpg

0051_scz_01__DSC4419.jpg

0052_scz_01__DSC4432.jpg

0053_scz_01__DSC4429.jpg

ファンにはたまらないグッズであろう
クレーンゲームなどは珍しいかもしれない

0054_scz_01__DSC4420.jpg

0056_scz_01__DSC4428.jpg

0057_scz_01__DSC4424.jpg

0055_scz_01__DSC4421.jpg

資料館、遊具、そしてショップと、ここだけでも結構楽しめそうである

東園

東園は基本的に2大スターがいる
この園最大の人気者といってよいだろう「コアラ」である

0058_scz_01__DSC4688.jpg

0059_scz_01__DSC4690.jpg

0060_scz_01__DSC4693.jpg

埼玉県とオーストラリア・クイーンズランド州が姉妹州県を結んでいることから、現在9頭のコアラがいる

興味深いのは毎日PM1:00に餌であるユーカリの葉を変えることである
これにより食事時間となってコアラが起きだす仕掛け

0061_scz_01__DSC4704.jpg

0061_scz_01__DSC4735.jpg

1日18~20時間寝ているコアラの習性から、多くの人は寝ている姿しか見る機会がないんだが、ここではPM1:00に来れば、起きている姿をかなりの確率で見られる

0062_scz_01__DSC4748.jpg

0063_scz_01__DSC4759.jpg

0064_scz_01__DSC4865.jpg

0065_scz_01__DSC4853.jpg

ちょうど昨年、子供を出産したコアラがおり、親子のコアラを目の当たりにできた

0066_scz_01__DSC4826.jpg

0067_scz_01__DSC4908.jpg

人気者ゆえ、お土産もフォローしている

0068_scz_01__DSC4686.jpg

0069_scz_01__DSC4677.jpg

0070_scz_01__DSC4681.jpg

もう1頭の人気者が「カピバラ」
特に冬場の温泉入浴が話題となり、人気急上昇となる

0070_scz_01_DSC4926.jpg

4月からは水浴びに変わるが、なかなかこちらも興味深い動物

0070_scz_01_DSC4991.jpg

0070_scz_01_DSC4997.jpg

0071_scz_01__DSC5014.jpg

0072_scz_01__DSC5071.jpg

0073_scz_01__DSC5118.jpg

一緒にいるのが、ワラビーでほぼ放飼いといってもよい状態

0074_scz_01_DSC4928.jpg

0074_scz_01_DSC4930.jpg

0074_scz_01__DSC4933.jpg

エピローグ

最近の動物園は実にユニークなのだと感心させられた

最後は、お土産
どちらかと言えば目を引くネーミングが多い
楽しければそれで良い

0075_scz_01__DSC5224.jpg

0077_scz_01__DSC5235.jpg

0078_scz_01__DSC5230.jpg

0079_scz_01__DSC5226.jpg

0080_scz_01__DSC5231.jpg

実に大人も楽しめる動物園といえそう
思わず年間パスポートを買う気持ちになってしまった

0081_scz_01__DSC5163.jpg

0082_scz_01__DSC5162.jpg

2015.04.10記

はじめに

「東松山のミソだれやきとり」はジャンルDで5,991票を獲得して第6位にランクされました。

『日本でもここだけといわれる東松山のやきとりを個性的にしている理由は二つある。
一つはやきとりのタレ。白みそにニンニクや唐辛子など十数種類の香辛料をまぜた韓国風のみそだれは、それぞれの店が工夫を凝らした秘伝のタレだ。
一口食べるとピリリと辛いが不思議にあっさりしている。
もう一つの要素は材料。やきとりとはいうものの、肉は鳥ではなく、豚のカシラとネギとみそだれの組み合わせが「鳥」とは異なる独特の風味を醸し出している。』(本書の説明より)

個人的にやきとりは好物です。
現在急激に酒量は衰えていますが、かつてはザルに近い酒量を誇っ(って、どうする!)っていました。その酒の友には〝塩辛〟〝冷奴〟そして〝やきとり〟が個人的な居酒屋での三大肴です。
かつて東京・神田に勤務していた頃はよく「家康本陣」というやきとり屋によく通ったものです。
ま、辛党は当然ながら甘党の方でもやきとりが嫌いという人にはおよそめぐり合ったことはありませんから、日本人にとってやきとりは日本の食文化といっても過言ではない食べ物でしょう。

そんな極々身近なやきとりにミソだれ風味のやきとりが東松山にあるということで、5月2日のゴールデンウィークに同じくジャンルAの【箭弓稲荷神社社殿と牡丹園 】で東松山を訪れましたので、一緒にそのやきとりを食して来ました。
車で行ったこともあって当然酒は飲めませんが、やきとりの風味だけを堪能するのもまた悪くないものかと…。
一体、どのような味なのでしょうか。

map東松山市オフィシャルサイト】 http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/


はじめに

東松山市の「箭弓稲荷神社社殿と牡丹園」はジャンルAで6,243票を獲得して第19位にランクされました。

『箭弓稲荷神社は、1028(長元1)年源頼信が平忠常の軍勢をこの地で破ったことを祝って再建したことが始まりといわれる。県指定の文化財の社殿には龍や獅子、鶴、亀などの彫刻で飾られ、社殿の裏側の羽目板には仙界の理想郷を表す「烏鷺の図」が彫られている。
社殿隣のぼたん園は、1923年(大正12)年に東上線坂戸~東松山駅間の開通を祝い、当時の社長根津嘉一郎氏が千本のぼだんを奉納したことに始まる。
毎年5月初め、約3500㎡の敷地に約1300本の赤、白、ピンクの花が咲き乱れる。開花期間中には「ぼたんまつり」が催される。』(本書の説明より)

今年のゴールデンウィークは非常に天気がよく、4月までの異常な寒さもやっと平年のような暖かい、時には暑くなるくらいの天候となりました。
例年の如くゴールデンウィークは何処も混雑が見込まれますので遠出は禁物、ましてや高速に乗るなどということは自殺行為に等しい所業です。
したがってこの時期でなければならない季節的な面と、比較的近場で楽に移動できる立地の面で東松山市へ向かうこととなったのでした。

東松山市は埼玉県のほぼ中央にある人口約90,000人の市です。
たまには電車で出かけるのも一興なのですが、どうも東武・西武線は不便でつい億劫になります。また最近では関越道を使う場合は東松山ICを利用している関係上、車で行くのが大変便利な場所です。
ということで今回もまたまた車の利用です。
朝8:30頃に出発して9:00過ぎには到着という近さで、殆どゴールデンウィークの影響を受けないルート(当たり前か)です。
何度も通過した街ですが、じっくり楽しみたいものです。

map東松山市オフィシャルサイト】 http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/