「電車でゆられてきた彼」は、恐らく東京から来たのであろう。
それの方が最もらしいし、此処よりも更に地方であれば、自然に感動する度合いが低いはず。
したがって、東京からやってこなければ、ロマンも切なさも半減する。

0001_watarase_ashikaga02_DSC_3394.jpg

JRなのか東武伊勢崎線かの追及は、あまりにも現実的すぎるので止めておこう。
兎に角“彼”はこの地、栃木県足利市にやってきたのだ。
今となっては思い出としか無いのであるが。。。

渡良瀬橋

1993年に発売されたシングルレコード「渡良瀬橋」は、森高千里が、先に出来上がっていたメロディを聴いた時に橋や川の風景をイメージしたことから始まる。
早速、中学の時に使用していた地図帳を引っ張り出し、全国の河川を眺めているうちに、一番綺麗な響きと感じたのが、「わたらせ」川。
そこで渡良瀬橋に実際に出向き眺めてみれば、遠くの山並みが美しく、特に夕日が綺麗だったことから、この場所に決めたのだ。

0002_watarase_ashikaga02_DSC_2557.jpg

0002_watarase_ashikaga02_DSC_2570.jpg

0002_watarase_ashikaga02_DSC_3369.jpg

現在、渡良瀬橋の北側の道路沿いには『渡良瀬橋歌碑』がある。

0003_watarase_ashikaga02_DSC_2526.jpg

0004_watarase_ashikaga02_DSC_2530.jpg

歌詞の刻まれた記念碑の横にあるボタンを押すと「渡良瀬橋」を聴くことができるシステムで、福島県いわき市の美空ひばりが有名で、歌手の所縁の地にはよくあるものだ。

記念碑が設置されたとき、実際に森高さんも招待されたのだが、「余りに音量が大きいので恥ずかしかった」と語っているが、縁も所縁もないオジサンが、一人で聴いているとますます恥ずかしくなるほど、音量が大きいのは確かである。
こちらが恥ずかしくなる以上に、周りからは不気味に見られる。
やはり一人旅の女性や、カップルが似合う歌碑である。

0005_watarase_ashikaga02_DSC_3374.jpg

河原にも降りてみる
下流方向にあるアーチ型の橋は「中橋」で、フォルム的にも渡良瀬橋の武骨さとコントラストがはっきりしている。

0007_watarase_ashikaga02_DSC_2564.jpg

0007_watarase_ashikaga02_DSC_3356.jpg

やはり、渡良瀬橋はイメージの世界で思い描いていたほうがよいかもしれない。

0008_watarase_ashikaga02_DSC_2538.jpg

八雲神社

渡良瀬橋の次は「八雲神社」
あの頃に戻りたいと願いを掛けた、あの八雲神社であるが、ここは実際に森高千里が訪れたわけではなく、やはり「やくも」という響きが美しかったから歌詞に入れ込んだというのが真相。

0009_watarase_ashikaga02_DSC_2619.jpg

そうなると八雲神社はどこだ、とばかりに探し出すのが人間の性
「私も、俺も、僕も見つけた」と八雲探索の結果、実は足利市には5つ以上の八雲神社があったことから論争と混乱を巻き起こすのは言わずもがな。。。
そこで足利市観光協会が、一応、格式も規模もある“足利公園近くにある八雲神社”を歌詞の八雲神社と暫定的に決めたのを公式としているようである。

0010_watarase_ashikaga02_DSC_2690.jpg

その足利公園は、古墳や美術館のある公園で、なかなか趣のある公園
もう少し暖かくなれば木々の美しさも映える。八雲神社とのセットは観光協会ととしては、渡りに船!

0011_watarase_ashikaga02_DSC_2795.jpg

0012_watarase_ashikaga02_DSC_2796.jpg

0013_watarase_ashikaga02_DSC_2687.jpg

境内はこじんまりとした印象
伝承によると、日本武尊が東征の際に創建したというから侮れない。

0014_watarase_ashikaga02_DSC_2681.jpg

0015_watarase_ashikaga02_DSC_2678.jpg

0016_watarase_ashikaga02_DSC_2627.jpg

それに比べ、意外に本殿が新しく敷地の割には小さいのは、平成24年に放火により焼失したから。。。
現在は寄付を募っている最中で、仮社殿である
森高さんからもメッセージが、ブログで発信されたそうです。

0017_watarase_ashikaga02_DSC_2665.jpg

0018_watarase_ashikaga02_DSC_2635.jpg

0019_watarase_ashikaga02_DSC_2634.jpg

「渡良瀬橋」のイメージは絵馬にあった
歌詞では結ばれない切なさをうたい上げたことから、ご利益的には今一つ無理がある!?

0020_watarase_ashikaga02_DSC_2644.jpg

0021_watarase_ashikaga02_DSC_2658.jpg

社殿の裏手はかなり広い境内で、立派な大黒様が祀られている
正式な社殿が建立されれば、参拝客も増えるのであろう。

0022_watarase_ashikaga02_DSC_2641.jpg

0022_watarase_ashikaga02_DSC_2662.jpg

公衆電話

八雲神社から北に向かう道は、小京都足利の風情が堪能できる

0023_watarase_ashikaga02_DSC_2791.jpg

古い街並みを見るかのような佇まいに趣がある

0024_watarase_ashikaga02_DSC_2761.jpg

0025_watarase_ashikaga02_DSC_2760.jpg

下馬橋古址碑は、平安時代に遡って、足利家綱が勅使を迎えたところ
何気ないところに歴史を感じさせる。

0026_watarase_ashikaga02_DSC_2693.jpg

その先には「福厳寺」がある
福厳寺は寿永元年(1182年)に、藤姓足利四代目忠綱の母の菩提と父の供養のために創建したといわれる古刹で、現在は足利七福神巡りの布袋尊として親しまれている

0027_watarase_ashikaga02_DSC_2765.jpg

0028_watarase_ashikaga02_DSC_2788.jpg

0029_watarase_ashikaga02_DSC_2789.jpg

そして通7丁目交差点にあるのがあの床屋

0030_watarase_ashikaga02_DSC_2699.jpg

電話をしようと、何度も受話器を取っては置き、取っては置く気持ちがいじらしい「公衆電話」がある
しかも歌詞通り床屋とのセット

0031_watarase_ashikaga02_DSC_2703.jpg

0032_watarase_ashikaga02_DSC_2730.jpg

前にある掲示板に掲げられた新聞記事によれば、ここは実際に森高さんが訪れて歌詞に描いた場所で、実際に見て回った時に発見し、森高さんが大好きなザ・ビートルズの曲『ペニー・レイン』にも出てくるイメージに似ていたことから、歌詞に入れようと決めた場所なのだそうだ

0033_watarase_ashikaga02_DSC_2712.jpg

0034_watarase_ashikaga02_DSC_2717.jpg

よくぞ残っていたものだと感心しきりであるが、実際にNTTからは撤去させてほしいとの要望があったそうだ
足利市が反対して現在も残されているというから、行政もなかなか粋なことをする

0035_watarase_ashikaga02_DSC_2710.jpg

0035_watarase_ashikaga02_DSC_2713.jpg

今だ現役なのだから、記念に使用してみるのも面白い
現代の子供たちは、電話ボックスの意味を知っているのだろうか。。。

織姫神社・織姫公園

交差点からは東に向かう
実際には歌詞に書かれているわけではないが、街並みや広い空、そして遠くの山々の眺望のよいところがある
待ち受ける歩道橋の演出もなかなか

0037_watarase_ashikaga02_DSC_2974.jpg

足利織姫神社の参道口で、ここからは結構な階段が待ち受けている
境内まで229段の文字が気持ちをなえさせる

0038_watarase_ashikaga02_DSC_2911.jpg

0039_watarase_ashikaga02_DSC_2914.jpg

急ぎたい方は、一気に登るしかないが、ロマンを求めるなら左手にある一般的にいう“女坂”を登ろう
ここでは「えんむすび坂」という
まさに、カップルで登るにはうってつけである

0040_watarase_ashikaga02_DSC_2978.jpg

0041_watarase_ashikaga02_DSC_2984.jpg

それでも楽ではないのだが、途中休憩の場所もある
「縁結びひろば」で、カップルには至れり尽くせりである。間違ってもオッサンの一人歩きはやめよう、似合わない!

0042_watarase_ashikaga02_DSC_2994.jpg

0043_watarase_ashikaga02_DSC_2999_01.jpg

0044_watarase_ashikaga02_DSC_3012.jpg

そしてあと一息で境内に到着
庫裏には、ご丁寧に縁結びに関連するお守り、お札、絵馬がカップルを持ちうけている
森高ワールドとは、正反対だが“縁切り神社”では、引いてしまうであろう

0045_watarase_ashikaga02_DSC_2869.jpg

0046_watarase_ashikaga02_DSC_3015.jpg

0047_watarase_ashikaga02_DSC_2854.jpg

0048_watarase_ashikaga02_DSC_2857.jpg

0049_watarase_ashikaga02_DSC_2855.jpg

社殿は縁結びに相応しく、朱色と白のコントラストが美しい

0050_watarase_ashikaga02_DSC_3013.jpg

0051_watarase_ashikaga02_DSC_2867.jpg

0052_watarase_ashikaga02_DSC_2864.jpg

0053_watarase_ashikaga02_DSC_2861.jpg

古くから織物の街として“足利銘仙”が全国的に有名だったことから、織物の守護神として明治12年に創建されたのが、この「足利織姫神社」である
もとは産業振興が目的だったわけだが、“織姫”という響きから縁結びの神ともなった、まさに森高ワールド的神社である
織物が衰退してからは“足利ジャージ”をはじめとした、トリコット工業(現在で言うニット)が盛んになり、境内にはその由来と、尽力した三人の銅像がある

0054_watarase_ashikaga02_DSC_2888.jpg

0055_watarase_ashikaga02_DSC_2896.jpg

0056_watarase_ashikaga02_DSC_2904.jpg

そして最後は眺望
180度のパノラマと言っても過言ではありません。まさに広い空と遠くの山々、そして足利の街、歌詞通りの光景を目の当たりにするのは感動的

0057_watarase_ashikaga02_DSC_2829.jpg

0058_watarase_ashikaga02_DSC_2837.jpg

0059_watarase_ashikaga02_DSC_2836.jpg

特に足利織姫神社から見る渡良瀬橋は格別、と言える

0060_watarase_ashikaga02_DSC_2872.jpg

眺望を堪能したなら、次はもう一つ高みに登る
足利織姫神社を包み込む小高い丘、一帯は「織姫公園」となっており、その頂上は古墳である

0061_watarase_ashikaga02_DSC_3020.jpg

0061_watarase_ashikaga02_DSC_3065.jpg

そして古墳の横にはレストラン棟があり、1階は休憩所とレストランがある

0062_watarase_ashikaga02_DSC_3100.jpg

0063_watarase_ashikaga02_DSC_3096.jpg

3階が展望室
何となくバブリーな香りを感じるのは私だけであろうか

0064_watarase_ashikaga02_DSC_3041.jpg

0065_watarase_ashikaga02_DSC_3092_01.jpg

高度があるので、渡良瀬川にかかる四本の橋を一望することができる
右から渡良瀬橋、中橋、田中橋、岩井橋となるが、確かに「わたらせ」の響きは美しい

0066_watarase_ashikaga02_DSC_3054.jpg

そして足利市の名誉市民「新居善太郎先生」の銅像から眺めた足利市の眺望を最後にしよう

0067_watarase_ashikaga02_DSC_3105.jpg

渡良瀬川

日も傾きかけてきたら「渡良瀬川」に戻り、圧巻の夕日を眺めよう
渡良瀬川にかかる渡良瀬橋は、自動車専用で、西側に歩道用が並行している

0068_watarase_ashikaga02_DSC_3418.jpg

0068_watarase_ashikaga02_DSC_3419.jpg

0069_watarase_ashikaga02_DSC_3413.jpg

0069_watarase_ashikaga02_DSC_3428.jpg

西日が渡良瀬橋を染める頃、渡良瀬川の河原も徐々に赤く染まっていく

0070_watarase_ashikaga02_DSC_3437.jpg

0071_watarase_ashikaga02_DSC_3434.jpg

そして見事な渡良瀬川と渡良瀬橋の夕日を見ることができる

0073_watarase_ashikaga02_DSC_3445.jpg

0074_watarase_ashikaga02_DSC_3520.jpg

075_watarase_ashikaga02_DSC_3548-01.jpg

織姫神社も赤く染まり、やがて夜の帳が下りてくる

0077_watarase_ashikaga02_DSC_3448.jpg

0078_watarase_ashikaga02_DSC_3567-1.jpg

0079_watarase_ashikaga02_DSC_3611.jpg

最後は織姫神社からの夕暮れ、そして日暮れである
遠く小さく富士山も見える

0080_watarase_ashikaga02_DSC_3610.jpg

0081_watarase_ashikaga02_DSC_3598.jpg

クライマックスは、織姫神社・織姫公園からの夜景で自然夜景遺産として登録されている

0082_watarase_ashikaga02_DSC_3621.jpg

0082_watarase_ashikaga02_DSC_3630.jpg

「彼が好きだといった街並み」が暮れていく。。。

0083_watarase_ashikaga02_DSC_3616.jpg

2015.03.11記

スポンサーサイト

相田みつをの生れた町

1924年、相田みつをは栃木県足利市に生まれた。
生家は名刹「鑁阿寺」の東側にあったそうで、物心つく前から「鑁阿寺」は遊び場だったようだ。

「鑁阿寺」は、足利氏二代目の足利義兼が、建久7(1196)年に邸内に持仏堂を建て、守り本尊として大日如来を祀ったのが始まりで、三代目の足利義氏が堂塔伽藍を建立して足利一門の氏寺となる。

0001_ahikaga01_mituwo_DSC_3210.jpg

0002_ahikaga01_mituwo_DSC_3216.jpg

0004_ahikaga01_mituwo_DSC_3217.jpg

境内には本堂をはじめとした重要文化財が多くあることから、大正11年には国の史跡に指定され、更に平成25年には本堂が国宝に指定された。

0005_ahikaga01_mituwo_DSC_3224.jpg

0006_ahikaga01_mituwo_DSC_3231.jpg

0007_ahikaga01_mituwo_DSC_3257.jpg

梅も咲き始めた初春の足利のしっとりとした小京都の風情と風景が、みつをの人生に影響したであろうことは容易に想像ができる。

0008_ahikaga01_mituwo_DSC_3228.jpg

0008_ahikaga01_mituwo_DSC_3275.jpg

0009_ahikaga01_mituwo_DSC_3285.jpg

0010_ahikaga01_mituwo_DSC_3271.jpg

0011_ahikaga01_mituwo_DSC_3251.jpg

旧制栃木県立足利中学校在学中に書、短歌、絵画に親しんだ。まさに小京都の趣がそうさせたのかもしれない。

進学を考えていたようであるが、喫煙の濡れ衣をきせられ軍事教練の教官に嫌われたために進学を断念、卒業後は歌人・山下陸奥に師事した。
更に歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と、1942年に運命的な出会いがあり、在家しながら禅を学ぶ。
1943年には書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を積み、1953(昭和28)年、関東短期大学夜間部国文科を卒業したのである。

こうした背景の昭和20年代、若き日のみつをは、北原白秋・杜甫などを始めとする有名な歌人の歌を書いて“書”や“ろうけつ染め”の作品にして足利中の旅館に自転車で売り歩き始めたのだ。

相田みつをの育った町

みつをが売り歩いたなかに、現在は京都を彷彿させる小道がある。
日本の道100選の一つで、「鑁阿寺」と「足利学校」を結ぶL字型の石畳みの小道で、いわゆる史跡小路。

0012_ahikaga01_mituwo_DSC_3331.jpg

0016_ahikaga01_mituwo_DSC_3184.jpg

距離はそれほどないが、小京都らしい佇まいが漂う小路の両側には様々な店舗が並ぶ。 それぞれに凝ったディスプレイが風情と楽しさを演出する。

0013_ahikaga01_mituwo_DSC_3122.jpg

0014_ahikaga01_mituwo_DSC_3199.jpg

0015_ahikaga01_mituwo_DSC_3314.jpg

織物の街足利市を象徴する店舗

0017_ahikaga01_mituwo_DSC_3176.jpg

0018_ahikaga01_mituwo_DSC_3186.jpg

0019_ahikaga01_mituwo_DSC_3195.jpg

0020_ahikaga01_mituwo_DSC_3193.jpg

『あまからや』とは、カレーとスイーツがあるから。。。

0021_ahikaga01_mituwo_DSC_3187.jpg

0022_ahikaga01_mituwo_DSC_3189.jpg

0023_ahikaga01_mituwo_DSC_3190.jpg

0024_ahikaga01_mituwo_DSC_3191.jpg

小公園には「足利尊氏」の銅像があろ。
室町幕府を誕生させた偉人でありながら、評判がよくないのは不運としか言いようがない。

0026_ahikaga01_mituwo_DSC_3304.jpg

0027_ahikaga01_mituwo_DSC_3205.jpg

蔵の多い町で、蔵を利用した休憩所もある。

0030_ahikaga01_mituwo_DSC_3310.jpg

0031_ahikaga01_mituwo_DSC_3313.jpg

0031_ahikaga01_mituwo_DSC_3316.jpg

0032_ahikaga01_mituwo_DSC_3320.jpg

0033_ahikaga01_mituwo_DSC_3325.jpg

0034_ahikaga01_mituwo_DSC_3324.jpg

石畳の小路を進むと、最後に到着するのが「足利学校」

0036_ahikaga01_mituwo_DSC_3117.jpg

0037_ahikaga01_mituwo_DSC_3116.jpg

足利学校は、室町時代から戦国時代にかけて関東における事実上の最高学府
学校での教育は儒学が中心であり、こちらもみつをの人生に大きく影響を及ぼしたたかもしれない。

0038_ahikaga01_mituwo_DSC_3341.jpg

0040_ahikaga01_mituwo_DSC_3113.jpg

0041_ahikaga01_mituwo_DSC_3111.jpg

いづれにしても名刹「鑁阿寺」と史跡「足利学校」を結ぶ石畳み小路とは、実に贅沢な史跡の道である。

相田みつをを支えた町

こうして石畳の小路を何度も走ったであろうみつをであったが、おいそれと商売にならないのは世の常。
そのような中で一つの出会いが生まれた。
行商のなかで出会った「旅館 なか川」の初代女将・中川光子である。

0042_ahikaga01_mituwo_DSC_3332.jpg

0043_ahikaga01_mituwo_DSC_3173.jpg

0044_ahikaga01_mituwo_DSC_3175.jpg

0045_ahikaga01_mituwo_DSC_3177.jpg

みつをの作品に対する熱い思いと夢に共感した光子は、「いい作品ができたら買ってあげる」と声をかけた。
現在のみつをの名声を想像することは難しい時代であるからこそ、光子も純粋に共鳴したのであろう。
以来、みつをは『人間だもの』などをはじめとする作品を、旅館なか川に持ち込むようになったのである。

0046_ahikaga01_mituwo_DSC_3167.jpg

0047_ahikaga01_mituwo_DSC_3149.jpg

こうしてみつをと光子の関係が始まった。
いわゆる旅館なか川はみつをにとっての顧客第一号と云う訳である。
しかしながら、光子もすべての作品を買える訳ではなく、みつをの生活も材料費などに重点があり、生活費には困ることもあったようだ。
そこで助け船を出したのが光子で、遠慮せずに、ご飯を食べに来なさいと誘ったのだ。旅館だからなせる技である。

お言葉に甘えようと、みつをは旅館なか川に通う。
特に好物なのが「甘露煮」で、甘露煮を肴に一杯やるのが楽しみだったようだ。

現在、みつをの好物であったニシンの甘露煮が、「ニシン蕎麦御膳」として食べられる。
意外に甘くない甘露煮と、少し甘めの出汁がいい塩梅に融合している。地方ではあまり見かけない更科も嬉しい。 白い更科と緑の薬味のコントラストが食欲をそそる。
デザートは「みずわらびもち」で、いわゆる羊羹における水ようかんのようなもので、さっぱりとした口当たりが絶妙。

0048_ahikaga01_mituwo_DSC_3152.jpg

0049_ahikaga01_mituwo_DSC_3160.jpg

みつをの愛した味である。

相田みつをが巣立った町

こうしてパトロンもできたみつをであったが、やはりアートだけでは生活は成り立たない。
その時、さらなる光子の一言が後のみつをの進むべき道を示した。
「今度、うちの旅館の看板を作ろうかと考えているんだよ!みつを、、、よかったら旅館なか川のデザインをしてみるかい?」

0050_ahikaga01_mituwo_DSC_3166.jpg

0051_ahikaga01_mituwo_DSC_3170.jpg

0052_ahikaga01_mituwo_DSC_3171.jpg

ここからアートではなく、実用的なデザインを手掛けるようになり、「相田デザイン研究所」の看板を掲げる。
店内に残る様々なデザインの本質は、みつをのアートである。

0053_ahikaga01_mituwo_DSC_3146.jpg

0054_ahikaga01_mituwo_DSC_3144.jpg

0055_ahikaga01_mituwo_DSC_3165.jpg

この後、昭和29年に足利市で第一回の個展を開催後、各地で展覧会開催。
毎日書道展では、7回連続入選。
そして昭和59年「にんげんだもの」を出版し、ミリオンセラーとなり、現在の人気につながる。

当時の旅館なか川は、現在、光子から続く4代目で「めん割烹なか川」になっているが、当時、みつをがお気に入りだったテーブルと中庭で、同じ空気に触れることができる。

0056_ahikaga01_mituwo_DSC_3131.jpg

0057_ahikaga01_mituwo_DSC_3141.jpg

0058_ahikaga01_mituwo_DSC_3164.jpg

相田みつをが眠る町

平成3年、相田みつを、足利市の病院で脳内出血により永眠。享年67才
みつをは生まれ育った足利市の「法玄寺」で眠る。

0059_ahikaga01_mituwo_DSC_2919.jpg

0060_ahikaga01_mituwo_DSC_2921.jpg

法玄寺は、足利尊氏の六代先祖の足利義兼の正室であった北条時子姫の菩提のために建立された。

0061_ahikaga01_mituwo_DSC_2923.jpg

0062_ahikaga01_mituwo_DSC_2926.jpg

境内には、この北条時子姫の墓が文化財として残されている。

0063_ahikaga01_mituwo_DSC_2942.jpg

0064_ahikaga01_mituwo_DSC_2941.jpg

境内の墓地に相田みつをは、家族と共に眠っている。

0065_ahikaga01_mituwo_DSC_2973.jpg

0066_ahikaga01_mituwo_DSC_2969.jpg

また、この寺院には、世界的にも有数な陶磁コレクション「栗田美術館」を創設した足利市の名士・栗田英男の墓地もある。

0067_ahikaga01_mituwo_DSC_2945.jpg

0068_ahikaga01_mituwo_DSC_2951.jpg

相田みつをの生れ育った町は、みつをの人生を支えた町でもあった。

2015.03.01記(後編につづく)


      

はじめに

正月気分もすっかり抜けて(っていつまで浸っているつもりなのか)、いつもの生活が始まってすでに1ヶ月が過ぎ去ろうとしています。
そのような時期に予て家族からアウトレットに買い物に行こうと誘われていたので(どうせ送迎要員)、当初家族の都合の良い1月29日土曜日に入間にある三井アウトレットパーク入間に行く予定となっていました。そうした中で次女から突然「いちご狩り」に行きたいとの要望が持ち上がりました。
毎年風物詩のように言われていてその度ごとにはぐらかしていたのですが、まあ、今年は行ってみるかと重い腰を上げることにしたのでした。

アウトレットとイチゴ狩りをそれぞれ行き分けるのもエネルギーの無駄使いで、余りにもエコではないので、やはりここは省エネを旨とする大人の行動を・・・、などなど考えた挙句、はじき出した答えが一緒にしてしまおうという安直な結論でした。
恐らく入間周辺でもイチゴ狩りが楽しめるところはあるのでしょうが、どうせ行くならまだ訪れたことに無いところで、しかも最近メジャーになった「とちおとめ」のある栃木県はどうだろうかと調べたところ、何と栃木県の佐野市に佐野プレミアム・アウトレットなる結構なところがあるではないですか。そして周辺を調べてみれば、イチゴ狩り農園もウジャウジャあるではないですが。ということで早速家族会議でのコンセンサスを得て、1月29日、イチゴ狩り&アウトレットツアーとなったのです。
佐野といえばなんと言っても「佐野厄除け大師」が有名ですが、まだ一度も行ったことはありません。嘗て10数年前に厄年で佐野厄除け大師にお参りに行った際、余りの渋滞でどうしようかと迷っていたところ、偶々道路わきの看板で「厄除け 元三大師」とあったので、どこでも同じでしょうとばかりにお参りをしたことがあります。佐野市だったかどうかは忘れましたが、行ってみて余りの荒れた寺院に驚きを隠せませんでした。確か由緒では一度廃寺になって、当時復興し始めた頃とあったので、さもありなんと納得したものでした。結局その年の本厄と翌年の後厄の2年間しか行かなかったので、現在はどうなっているのか判りませんが、少なくても後厄の翌年お参りに行った際には、非常に綺麗な伽藍となっていたので2度驚きました。といった思い出はさて置き、今回のスケジュールを考えます。

まずはイチゴ狩りですが、佐野市周辺には結構いちご農園が沢山あり選ぶのに非常に困るくらいですが、どうせ何もわからなので兎に角一番大きそうな農園にしてみました。地番では佐野市ではなく小山市となりますが「いちごの里」というところが大きく施設も充実していそうなので、ここに決めネットで予約を入れておきました。
最近は実に便利でネットで検索して予約して、といった具合にこれですべて済んでしまうのですから実にコンビニエンスです。そして昼食はやはり現在では全国的にメジャーな佐野ラーメンをチョイスします。さすがにお店を絞り込むのは難しいので、とりあえずネットで良さそうなお店を幾つかピックアップしてして後は現場対応です。午後からは当然アウトレットですが、私が半日買い物などするわけもないので、家内と娘二人はアウトレットで降ろし、佐野周辺を散策といった按配をスケジューリングしてみました。
冬の日の一日、楽しめると良いのですが・・・。

小山市オフィシャルサイト】http://www.city.oyama.tochigi.jp/Cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AM040000
佐野市オフィシャルサイト】http://www.city.sano.lg.jp/
足利市オフィシャルサイト】http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/