栃木県佐野市奈良渕町302   2011.01.29訪問

店舗概要

全国各地にグルメでの町興しは数多くあります。更にそれが麺類であればグルメの代名詞といっても良いでしょう。
その町興しグルメの一つが栃木県佐野市を中心とした「佐野ラーメン」です。

「佐野ラーメン」の特徴は、竹を使って麺を打つ青竹打ちの平麺と、コクのある醤油味のスープが特徴のラーメンです。勿論店舗によってオリジナリティを出しているのでしょうが、基本は以上のようです。
平成22年7月現在で、この町興しのための佐野ラーメン会に加盟している店舗が72店舗もあるそうで、加盟していない店舗もあわせれば相当数のラーメン店があると考えても良いでしょう。
その地にあって田村屋は10年近くの歴史を持つようなので、それなりの人気を博しているのでしょう。

店舗内外観

佐野 田中屋 和風の建物でデザイン的に古風な雰囲気を出しているような感じですが、綺麗に手入れされているようで気持ちの良さそうな店舗です。
入口の左横にある幟が佐野ラーメン会の幟です。

入口脇の窓の中は麺打ち部屋となっているようですが、残念ながら今は打ってはいない時間帯のようです。
佐野 田中屋 佐野 田中屋 先ほどの麺打ち部屋の中がよく見えますが、壁にかけられているのが青竹打ちのための竹のようです。
太い方が打つための竹で、細い方が延ばすための棒でしょうか・・・。

店内はテーブル席と座敷があります。
テーブル席は4、5卓あり、座敷は4卓あります。
佐野 田中屋 30、40人位は入るでしょうか、かなりゆったりしたスペースで落ち着ける店舗です。

佐野 田中屋 座敷にはちょっとした床の間があり、和風の趣を一層強くしています。

所謂、中華ラーメン店とは違った趣です。

メインメニュー

佐野 田中屋 【チャーシューメン】 850円

佐野 田中屋 【餃子】 250円

感想

第一印象はチャーシューメンながらサッパリしていそうな感じです。スープの透明感がその最たる要因でしょう。
先ずはスープを一口、魚系のダシなのでしょうか、スッキリしながら深いコクを感じます。
麺は完全なるシコシコ麺です。ラーメン特有の縮れが殆ど無く、ストレートな平麺で、手打といったごとくまるで手打ち蕎麦の様なコシがあります。
中華麺でこれだけコシがあるのも珍しいでしょう。これが「佐野ラーメン」の特徴といわれたことが理解できます。縮れ麺ではないので、多少幅広の平麺であることによってスープとのマッチングが良くなっているのでしょう。
チャーシューもたっぷりですが、嫌な脂肪分が口に残らず、かなりスッキリしたチャーシューというのもまた美味です。 チャーシューメンで無ければ、もっとサッパリしているのかもしれませんね。
いずれにせよ、麺・スープ、そして具材のマッチングが非常に良いかなり美味しいラーメンでした。

餃子は1ケ辺りが大きいので1人前3ヶです。
大き目の中には野菜がたっぷり詰まっていて、まさに手作りといった味わいが絶妙です。
有名ラーメンには何となく半信半疑ですが、この「佐野ラーメン」もまた本格派のラーメンでしょう。

2011.01.30記

スポンサーサイト