今回は“歴史とショッピングの道”の後編です。
流石に横須賀のメインストリートだけあって興味を魅かれる処が満載です。

歴史とショッピングの道 -後編-

軍港めぐりを終って一旦メインストリートの国道16号線に戻ります。
よくよく考えてみれば、この国道16号線は私の自宅である埼玉県にも続いており、神奈川、埼玉、千葉県をグルッと廻る実に長い国道なのです。

国道16号線

面白いのは起点・終点が横浜市西区となっていることで、 起点・終点が同じと言うことは基本的には環状線になっていなければならないはずなのです。

国道16号線(c)「カゼノト」

国道16号線
(c)「カゼノト」

そこで、その路線を追ってみると、神奈川県横浜市-相模原市-東京都八王子市-埼玉県川越市-さいたま市-千葉県柏市-千葉市-木更津市-富津市となっているのですが、便宜上、千葉県富津市~神奈川県横須賀市走水(観音崎附近)を海上区間として直接の交通機関は無いものの、近くを航行する東京湾フェリーをそのように見なしているようです。
そしてこの横須賀から横浜を結んで環状線としている摩訶不思議な国道なのです。

旅歴メモ -国道16号線- 歴史的に見ると更に面白いことが判ります。
国道16号線は歴史的には2分され、横浜から横須賀とそれ以外の部分とに分けられるのです。
先ず横浜~富津間は、江戸時代から横浜-八王子、八王子-入間という区間が、それぞれ神奈川往還、日光脇往還などといわれ宿場町として発展した街道沿いで、1953(昭和28)年に横浜市から千葉市間が「二級国道129号」、千葉市から木更津市間は「二級国道127号線」として指定されたのです。
一方、横浜-横須賀間が国道に指定されたのは、1887(明治20)年のことで、各地の鎮守府(日本海軍の根拠地)に至る道路は国道とされることに決まったことから「国道45号」(東京より横須賀鎮守府に達する路線)として指定されたのです。その後、大正時代には「国道31号」に指定され、1952(昭和27)年に「一級国道16号」に指定されたのです。

このように街道から成立したした道路と、軍事関係で作られた道路であるという経緯が大きな違いを見せているのです。

最も古い船越トンネル

最も古い船越トンネル
(C)「DeepCityYOKOSUKA」

特に横浜-横須賀間には奇しくも路線番号に等しい16本の隧道(トンネル)があり、そのうち最も古いものは船越隧道が大正12年、15番目に開通した新浦郷隧道でさえ昭和36年竣工で、最後に完成した新横須賀隧道のみが平成2年竣工という実に古い時代のトンネルなのです。
そして16本の隧道は全てが、上りもしくは下り線専用として利用されているという、特有な光景を生んでいるのです。これは一説によれば、有事の際などに戦車などが通れるために上下線を分離したとも言われているのです。
このような経緯から、当初「横浜-横須賀」線は16号線の中にあっても異質なものだったのです。

どぶ板通り

横須賀芸術劇場 横須賀芸術劇場

横須賀芸術劇場

この国道16号線の右手にある大きな建物が「横須賀芸術劇場」で、日本最高レベルの舞台機構を持つ本格的オペラハウスとして2年に1度の世界オペラ歌唱コンクールアジア予選の会場として使われているほか毎年、ヨコスカジャズドリームスや米海軍第7艦隊バンドによるアメリカン・サウンド・オブ・ヨコスカなどの横須賀ならではの公演も行われているそうです。
軍港めぐり発券場とシャンデリア

軍港めぐり発券場とシャンデリア

元はこの場所には戦前旧海軍下士官兵集会所があり、その中の劇場は建設当時は東洋一の規模を誇っており、戦後は米海軍下士官兵集会場(EMクラブ)として使用され、多くの日本のジャズメンがここから育っていった地でもあったようです。
そのクラブ時代のシャンデリアが、先の軍港めぐりの発券場に残されており、発券場そのものがクラブをイメージして作られたものなのだそうです。

ワクワク感一杯の「どぶ板通り」 ワクワク感一杯の「どぶ板通り」

ワクワク感一杯の「どぶ板通り」

16号線から一本並行した裏道に「どぶ板通り」があります。
横田基地の福生などもそうですが、米軍の町として発展したシンボルのような商店街があるものですが、ここはまさにその通りの商店街なのです。

旅歴メモ -どぶ板通り-

Once upon a time … どぶ板通り

Once upon a time … どぶ板通り
(c)「どぶ板通り商店街」

どぶ板通りの名前の由来ですが、もともと本町一帯は明治時代以降、帝国海軍の軍港街として栄えました。その頃、本町一帯の通り(現在のどぶ板通り)には道の中央にドブ川が流れていました。そのドブ川が人の往来やクルマの通行に邪魔なので、海軍工廠より厚い鉄板を提供してもらい、ドブ川に蓋をしたことから、いつの日からか「どぶ板通り」と呼ばれるようになり、現在でもその呼び名が定着しているのです。(どぶ板通り商店街HPより)


海軍の街らしい風景が多く見受けられます。

まさにクールな情景 まさにクールな情景 まさにクールな情景

まさにクールな情景


当然、スカジャン発祥の地としてスカジャン関連のお店が多いのも特徴です。
創業66年のスカジャン専門店

創業66年のスカジャン専門店

刺繍経験62年が渋い!

刺繍経験62年が渋い!

こんな色合いのスカジャンも

怒涛の迫力のスカジャン


更に横須賀ならではの飲食店も数多いのです。
そのまんまテキサス!?

そのまんまテキサス!?

定番と言えば定番です

定番と言えば定番です

流石にペリーの街です

流石にペリーの街


レリーフの案内板

レリーフの案内板

またこの通りには縁の人達の手形レリーフもあるそうです。

実にウキウキさせるストリートですが、時間・曜日にもよるのでしょうが、意外と閑散としています。
その一つの理由として、これは空母ジョージ・ワシントンとも関係しているのだそうで、空母ジョージ・ワシントンの乗組員は士官・兵員約3200名、航空要員約2500名と実に5700名が乗艦しているのでが、その空母が出港していると言うことは、所謂、お得意さんが6000人近くいなくなっているからなのです。
まさに海軍の街たる所以です。

三笠公園

再び国道16号線に戻って先に進んだところに「三笠公園」とかかれた大きなアーチがあり、アーチをくぐって進んだ先は「米軍基地」で当然進入不可です。

国道16号線

国道16号線

三笠公園交差点

三笠公園交差点

米軍海軍基地入口

米軍海軍基地入口


ここを道なりに右方向に進むと目指す「三笠公園」となるのですが、この通りも素敵なプロムナードになっています。
帆をイメージしたようなモニュメント

帆をイメージしたようなモニュメント

文字通りマスト

文字通りマスト

何故か「めだかの学校」碑

何故か「めだかの学校」碑


三笠公園入口

三笠公園入口

入口横のオシャレな電話BOX

入口横のオシャレな電話BOX

三笠公園に到着です。
東郷平八郎像と戦艦「三笠」 東郷平八郎像と戦艦「三笠」

東郷平八郎像と戦艦「三笠」

被写体としてはもうお馴染みの光景ですが、これもまた横須賀のシンボルです。
「猿島」と渡船の桟橋

「猿島」と渡船の桟橋

更にここは有名な「猿島」にわたる船の桟橋もあるのです。
船体前の展示品の数々
大和型大砲砲弾って。。。

大和型大砲砲弾って。。。

日清戦争の戦利品

日清戦争の戦利品

黄海海戦で被弾した主砲砲身と砲弾

黄海海戦で被弾した主砲砲身と砲弾


チケット

チケット

艦上入口

艦上入口

入場券を購入して入館です。

旅歴メモ -記念艦三笠の由来-

三笠は1904年(明治37年)2月に始まった日露戦争において、東郷大将が率いる連合艦隊の旗艦として、終始敵の集中砲火の中で奮戦し、同年8月10日の黄海海戦では露国東洋艦隊に大打撃を与え,遂に1905年(明治38年)5月27日の日本海海戦では、遠来のバルチック艦隊を全滅させる偉功をたてた日本海軍の代表的な軍艦であります。
日本海海戦の大勝利は、世界史の流れを大きく変えたと言われますが、この偉業を成し遂げた日本民族の誇りと自信を新たにするとともに、その栄光を永く後生に伝えるために、その「シンボル」として,三笠は1926年(大正15年)以来収蔵する多数の記念品とともに、ここ白浜海岸に保存され、多くの人に親しまれてきました。(現地案内板より)

三笠後部甲板上 三笠後部甲板上

三笠後部甲板上

とにかくワクワクしそうな後部入口付近の甲板の情景です。
ド迫力の復元主砲

ド迫力の復元主砲

大迫力の主砲の上に見えるのが艦橋で、ここが東城鉦太郎が描いた「三笠艦橋の図」の場所なのです。
「三笠艦橋の図」のレリーフ

「三笠艦橋の図」のレリーフ

艦橋の立ち位置目印

艦橋の立ち位置目印

艦橋から見える光景

艦橋から見える光景

司令長官・東郷平八郎海軍大将、艦長の伊地知彦次郎海軍中将、参謀長の加藤友三郎元帥海軍大将、参謀の秋山真之海軍中将がその中心人物で、その立ち位置が記されていますが、まさにこのような情景を見ていたのでしょうか。

旅歴メモ -艦橋の乗組員-
記念撮影用の艦上の「三笠艦橋の図」

記念撮影用の艦上の「三笠艦橋の図」

艦橋の4名はつとに有名ですが、それ以外の乗組員は、と言うことで調べてみるとはっきり判っており、右から順に羅列しますが、階級は当時のものです。
伝令・玉木信介候補生、伝令・三浦忠一水、(参謀・秋山真之中佐)、(長官・東郷平八郎大将)、測的係(測距儀を覗き軍帽だけ映っている人物)・長谷川清少尉候補生、(参謀長・加藤友三郎少将)、伝令・野口新蔵四水、砲術長・安保清種少佐、(艦長・伊地知彦次郎大佐)、砲術長付(双眼鏡で敵艦隊を覗いている人物)・今村信次郎中尉、航海長・布目満造中佐、参謀(階段を登っている人物)・飯田久恒少佐、航海士・枝原百合一少尉、伝令・山崎嚴亀
実に後世に残る場所に居合わせた晴れがましい方々といった感じでしょうか(当時、そんな余裕があるはずは無い。。。)
因みに現在知られているこの絵は関東大震災で一度焼失した後に描き直されたもので、煙突の煙やハンモックの縛り方などにいくつか違いがあるようです。

艦橋には操舵室もあります。艦橋の図の描かれた下の部分ですね。

シンプルな操舵室

シンプルな操舵室

人力用っていうのも。。。

人力用っていうのも。。。

結構あっさりとした操舵室ですが、この舵輪は機械的に動くものですが、もしこれが壊れた場合は後部の舵機室で直接人力によって動かすため、このように大変大きな舵輪が備えられているのです。いわゆる電動アシスト付きママチャリと通常のママチャリの違いと同じですね。

国際信号旗の納められた棚

国際信号旗の納められた棚

更にこの操舵室には、細かく仕切られた棚に数多くの旗が収納されています。
これは「国際信号旗」といって、海上において船舶間での通信に利用される世界共通の旗のことで、一例としてはこのようなものがあります。
「A」アルファ:徐速して通過せよ

「A」アルファ:徐速して通過せよ

「L」リマ:貴船はただちに停船されたい

「L」リマ:貴船はただちに停船されたい

「Y」ヤンキー:本船は走錨中である

「Y」ヤンキー:本船は走錨中である


このようにA~Zまでの基本旗に補足旗をつけて意味づけられているのだそうです。
そしてこの三笠でシンボルとなっているのがこちらの「Z旗」で、“ズールー (Zulu)”と読みます。
Z旗

Z旗

「三笠艦橋の図」に描かれた「Z旗」

「三笠艦橋の図」に描かれた「Z旗」

「Z旗」の揚がったマスト

「Z旗」の揚がったマスト


この三笠では当時東郷平八郎大将がこのZ旗を揚げて、「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」と言う有名な訓示をしたことで有名で、現在ではこの「Z旗」が特別な意味を持つように思われているのですが、基本的な旗の意味は「本船にタグボートを求む。本船は投網中である(漁場で接近して操業している漁船によって用いられた場合)」と言う、知ってしまうと何とも意気消沈してしまうような信号旗なのです。

旅歴メモ -Z旗- このZ旗と訓示で日本海海戦で奇跡の勝利を起こしたことから、日本海軍では特別な意味を持つ信号旗となり、後世においては「Z旗を掲げる」という慣用句として、スポーツ・企業において“全員それぞれが全力を投入して、一丸となって奮闘する”の意味で使用されていているのです。
当時の日産自動車の川又社長が、ブロードウェイミュージカルの『マイ・フェア・レディ』に感銘を受け、更にアルファベットに最後の文字から究極を意味するとしてつけた名車が「フェアレディZ」で、その際、初代開発スタッフに当時のアメリカ日産社長片山豊がZ旗を贈ったエピソードもあるそうです。

ここからは上甲板の光景です。

ハリネズミのように突き出た副砲

ハリネズミのように突き出た副砲

印象的な2本の煙突

印象的な2本の煙突

後部から見た二本のマスト

後部から見た二本のマスト


更に歴史的なのがこの「無線電信室」です。
海戦の火蓋を切らせた無線電信室

海戦の火蓋を切らせた無線電信室

仮装巡洋艦「信濃丸」は、5月27日早朝バルチック艦隊を発見し「敵艦隊見ュ・・・」の第一報を発信し、その電報はこの電信室で受信し、直ちに連合艦隊司令長官に報告されるという、無線通信機の効果を存分にあげた海戦だったそうです。

最後は中甲板に移ります。

大砲の発射再現

大砲の発射再現

実際に使われていたハンモック

実際に使われていたハンモック

当時の様子を表した展示もあります。
中央展示室には三笠の様々な資料などが展示されています。
三笠の模型

三笠の模型

実際に使用された測距儀

実際に使用された測距儀

実際の艦首飾り

実際の艦首飾り


そして後部は居住室となっています。
ここは東郷司令長官の公私室で、中に遺髪も残されています。
東郷元帥については以前【東郷神社】を訪れ、その経歴などを知りました。
長官公室

長官公室

長官室

長官室

東郷元帥の遺髪

東郷元帥の遺髪



三笠船尾

三笠船尾

ここが船尾となり見学も終了です。

明治期の記念艦「三笠」は、昭和の軍艦に比べると規模や装備はずっと劣るものでしょうか、後世に残る歴史とロマンといったいみでは昭和の軍艦を遥かに凌ぐ魅力溢れる軍艦でした。
文字通りの歴史とショッピングの道を後にして、次ぎは自然溢れる道を進みます。

2013.10.23記(次回につづく)

スポンサーサイト