FC2ブログ


とんかつ 末吉

東京都港区新橋3-14-4 飯泉ビル 2013年12月20日訪問

店舗概要

そもそもこの店舗は知るひとぞ知るとんかつの名店なのだそうです。
豚肉は山形の平田牧場から直送される「三元豚」を使用し、柔らかくジューシーなのが特徴で、米は新潟産コシヒカリ、パン粉は上質な食パンを店でほぐして使用しているというこだわりを持っているからなのです。

とんかつ末吉 とんかつ末吉

店舗外観

新橋駅から歩いても5分とかからない繁華街の一画にあるビルの1、2階の店舗です。
キャッチコピー

謳い文句は箸でも切れる

「箸でも切れる」をアピールしているとんかつです。
とんかつ末吉

店内の様子

1階は厨房とカウンター席、そして4人掛けのテーブルが1卓ですが、2階もあるので結構入れるのではないでしょうか。

メニュー

カキフライ定食

季節限定のカキフライ

【カキフライ定食】1,000円

感想

この店には数回ランチで訪れていますが、実はこちらの“とんかつ”は食べたことが無いのです。
年に1~2回の訪問時はすべて“カキフライ”なのです。
というのもこちらのカキフライは冬季限定(11月~2月)の三陸大船渡からの直送の蠣を使用した大粒カキフライなので、蠣のあるときだけ食べに訪れたということになるわけです。

実際に見ると驚くような大きさで、概ね10~15cm位の大きさはあるでしょう。

カキフライ定食

大粒牡蠣

ジューシーというよりは、“ホックリ”といった感じで、蠣の旨味は広がるのを感じます。
ボリュームたっぷりで、季節感を楽しむにはまたとない逸品といえそうです。

メニュー

店内メニュー

本来の“とんかつ”のメニューはこちらです。
恐らく大変美味しいのでしょうが、値段的に一般的なサラリーマンが常にランチでという価格ではないので、CPで考えるとちょっと厳しいかもしれませんね。
まあ、仕事の打ち上げとか、自分へのご褒美とかでは良いかもしれませんね。
因みにとんかつをオーダーして、それにカキフライを付けるのもありだそうです。その場合のカキフライは1ヶ200円だそうです。
今度それにしてみようかしら。

まあ、ちょっと気分を変えたランチも蠣好きなら堪能できるでしょう。

2013.12.29記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. pansy | -

    こんばんわ。
    旬の牡蠣フライとっても美味しそうです。大きくて食べごたえがありリーズナブル。箸で切れる豚カツと共に一度食べに訪れたいと思います。

    今年は楽しく読み応えのある記事を楽しませて頂きました。
    薄荷能70さんにとって来年もいい年でありますよう。

    ( 19:21 )

  2. 薄荷脳70 | -

    pansyさん、ありがとうございます。

    pansyさん、ありがとうございます。
    是非機会があれば訪れてみてください^^ そこそこ満足できると思いますw

    こちらこそ1年ありがとうございました。
    もう、年が明けましたので、本年もよろしくお願いいたします。

    ( 05:13 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks