中華そば 蛍

埼玉県さいたま市見沼区大和田町1-18-13 2014年1月12日訪問

店舗概要

FB友達の方から教えていただいたお店です。
何度と無く通る第二産業通りの「大和田公園入口」交差点から大和田駅方面に向かった左手に広い駐車場と共にあります。

外観

古民家の佇まい

和風の古民家のような佇まいで落ち着きを感じさせてくれますが、その行列を見ると落ち着いても居られない様な。。。
店前の行列 店内の待ち人

内も外も行列

この日は土曜日ながらPM1:30頃に到着したのですが、外にはこれだけの行列と思うと店内にも待っている人がいます。
店前の案内

注意書きのメニュー

店の外にもメニューが置かれていて、店内待ちが一杯のときは外で・・・、との注意書きがあるので、この程度は日常茶飯事なのでしょう。まあ、それだけ人気があるということは、期待しても良いという証ですね。
そして待つこと約20分、やっと着席することが出来ました。
店内のカウンター テーブル席

カウンターとテーブル席の店内

店内もウッディにまとめられていて落ち着いた雰囲気と共に、中華店でありがちな油っぽい雰囲気が無く、清潔感のあるところが良いです。また、椅子などもちょっと凝っていながら、意外とゆったりしているのも好感が持てますね。

メインメニュー

味玉とりそば

店のシンボル的存在!?

味玉とりそば】850円

海の味噌味玉そば

磯の香り満喫

海の味噌味玉そば】900円

味玉つけそば

魚介の爆撃機!

味玉つけそば】900円

サイドメニュー

焼き豚

意外とサッパリした・・・

焼き豚】150円

餃子

可もなく不可もない。。。

餃子】350円

感想

今回は3人で訪問したので、三者三様でオーダーしました。
サッパリ系の「とりそば」、コク系の「海の味噌そば」、ガッツリ系の「つけそば」で、それぞれに味玉をつけ、更にトッピングとして焼豚をサイドメニューとしてシュアして見ました。

「とりそば」は白湯スープのまさにアッサリ系の王道のような一品で、全くの白ではなくオフホワイトのようなスープと具材との彩りに感心させられます。
味はまさに思っていた通りで、サッパリ、スッキリのスープですが、それなりのコクもあって充分堪能できるスープと言えるのでしょう。
そして「とりそば」に使用されている麺は160gの“細麺”で、味とともにスルッとした食感で喉越しもよく、アッサリ系の白湯スープに良く絡む考えられたマッチングです。
まさに鶏、鶏、鶏の醍醐味といえるかもしれませんね。

次は「海の味噌そば」ですが、味は文字通り魚貝のエキスを凝縮させた贅沢な味噌ラーメンといったところです。色味は暗いのですが上に乗った白髪ネギが清涼感を醸し出し食欲を湧かせます。
味はまさにコクのある魚貝スープといった感じで、味噌と魚貝の香ばしさが意外とマッチするものだと感心させられます。まあ、最も味噌汁に入れる魚貝は蟹やあらなど高級感ある味噌汁が多いですから、何となくリッチな気分に浸れる、といったところでしょうか。
麺は170gの“太麺”で、香ばしさを際立たせながらもっちりとした食感を楽しめる工夫がされているようです。

そして最後が「つけそば」で、こちらも魚の出汁に白湯スープを合わせたスープが絶品です。しかも「つけめん」に限っては2種類のスープからチョイスできるのです。
1つは野菜と鶏白湯スープに蛍伝統の秋刀魚出汁を煮詰めて濃厚に仕上げた重厚なつけ汁だそうで、ここではこれを「赤」と呼び、従来のつけ汁(恐らくもう少しサラッとしたつけ汁なのでしょう)を「白」と呼んでいます。
今回は「赤」をオーダーしました。
確かに恐ろしいほどドロっとしていますが、つけ麺の場合は、このほうが麺に良く絡んでより味わい深くなる感じです。
食べはじめは鶏のまろやかな甘味を感じるのですが、その後に強烈な魚介が襲ってくると言った感じで、1口目はまさに煮干をそのままかじったようなインパクトです。勿論、2口、3口と進めていくうちに鶏と魚介のいいバランスの味わいを堪能することができる、まさしく魚介スープの逸品といえるでしょう。
こちらの麺は何と300g(これがレギュラー)の“極太麺”で、つけ麺というスタイルと濃厚なスープに合わせた上手なマッチングです。ただし、300gはかなりのボリュームですから、ガッツリ系には申し分ないボリュームながら、女性やオジサンには結構な量ですね。

このようにそれぞれの味の楽しみ方のできる中華そばで、特に魚介系が苦手な人は別として、魚介系スープを堪能するには実に良い店と言えます。
リピーター化、行列のできる店も当然と思わせる納得の逸品でした。

2014.01.30記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. マヤリモ | -

    こんばんは!

    懐かしい!
    7年くらい前、まだ独身で桶川に住んでいた頃に何度か訪れた事があります!
    久しぶりに食べたくなりました!

    ( 22:54 )

  2. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    マヤリモさん、ありがとうございます。
    私はつい最近教えていただいたのですが、結構古くから有名だったのですね。
    是非機会があれば、懐かしさに浸ってください^^

    ( 05:48 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks