FC2ブログ


鴻巣市の人形製作は約380年の歴史があり、江戸中頃から始まる「鴻巣びな」として“関東三大雛市”の一つに数えられるほど有名でした。特にきものの着付けでは関東一と言われ、江戸の職人たちは競って鴻巣に修行にやってきたほどだったそうです。
江戸時代から続く「鴻巣びな」の伝統は現在も受け継がれ、その伝統ある町を広くPRする目的で始まったのが、この「鴻巣びっくりひな祭り」で、今年がちょうど10周年になるのです。

鴻巣びっくりひな祭り2014

開催案内

開催案内パンフレット

今年は平成26年2月16日(日)~3月8日(土)に渡って開催されました。
毎年全国から家庭で眠っている人形を提供していただき市内各所で飾っているのですが、今年は10周年でもあることから市内7ヶ所で飾られ、更にスタンプラリーも行われたのです。
初めて見学に行った3月2日(日)は生憎の小雨でしたが、結構大勢の方が訪れていましたね。

鴻巣びっくりひな祭り2014 -鴻巣市役所-

鴻巣市役所エントランス

鴻巣市役所エントランス

本来ならエントランスの階段もひな壇となるそうですが、この日は雨模様のために残念ながら中止になったようです。

エントランスにも素敵な人形が飾られています。

かぐやひな人形!?

かぐや姫を彷彿とさせるひな人形

まあ、子供なら・・・

子供ならできるでしょうが。。。

鴻巣の代表的産業

ショーケースに納められた人形は常設


エントランスを抜けると目の前に「日本一高いピラミッドひな檀」が聳えています。

日本一高いびっくりひな壇 日本一高いびっくりひな壇 日本一高いびっくりひな壇

これが噂の日本一高いひな壇


日本一高いびっくりひな壇 日本一高いびっくりひな壇 日本一高いびっくりひな壇

かなり古いひな人形もあるようです


高さは7メートル、31段のピラミッドひな檀は、【日本一ネット】で認定されているそうです。

このメイン会場ではその他にも階段や2階、エントランス上などを利用して様々なひな壇が展開されています。

階段の展示

階段を利用した雛階段

エントランス上のひな壇

エントランス上のひな檀

2階の展示

2階に飾られている雛人形


TBSラジオ生中継

TBSラジオの中継

まさに雛人形尽くしのメイン会場は、ビックリするに相応しいひな人形展示でした。

鴻巣びっくりひな祭り2014 -吹上会場-

コスモスアリーナふきあげ スタンプ台

吹上会場とスタンプ台

2番目は今年から開催された吹上会場である「コスモスアリーナふきあげ」です。

市役所に比べるとそれほどの驚きはありませんが、それでも見事なひな壇です。

八角すいのひな壇 八角すいのひな壇 八角すいのひな壇

極めて円に近い感じの八角すいのひな壇


窓際の展示 窓際の展示

窓際にも飾られている雛人形

窓際の雛人形は、一般的な人形より可愛らしさのある人形が並んでいます。
こちらの会場は、やや離れていることから観客は少ないですが、子供や老人の方が楽しまれていました。

パンジーハウスひな祭り2014

3番目は「パンジーハウス」です。

パンジーハウス

苗木などが販売されている入口付近

「パンジーハウス」とは、鴻巣農産物直売所として“花の町鴻巣”を代表する園芸植物、そして鴻巣の各種農産物を販売している施設です。
ここも今年からびっくりひな祭りが開催されたそうですが、タイトルが違うので「鴻巣びっくりひなまつり2014」の一環として独自に参加しているということでしょう。

三面のひな壇 三面のひな壇

三面のひな壇が美しい

館内にはいると見事なひな壇が迎えてくれます。
パンジーハウスの名の通りこちらのひな壇は全て花に彩られているのが特徴です。
花に彩られたひな人形 花に彩られたひな人形 花に彩られたひな人形

特に花に彩られたひな壇が特徴


館内には綺麗な花々が咲き誇っています。もう既にここでは春を迎えているかのようです。

館内の花々 館内の花々 館内の花々

花はもう春が来たようです


ひな人形花飾り

一際綺麗なひな人形花飾り

流石に人形と花の街鴻巣です。見事に街の特色を表しています。
人形と花を同時に楽しめる貴重な場所と時間です。

花久の里ひな祭り2014

長屋門

エントランスの長屋門

「花久の里」はNPO法人花と文化のふるさと委員会が運営している施設で、長屋門、茶室や離れなど旧家の佇まいを活かした観光施設です。
庭園の花々とコンサート、文化行事、食事どころといった花と文化と食を提供しているのです。

母屋

立派な母屋と花で飾られた休憩所

母屋前のひな人形

母屋の前のひな飾

円内に入ると目の前に立派な母屋が見て取れます。

母屋でのメインは「六角すいのひな壇」です。

六角すいのひな壇 六角すいのひな壇 六角すいのひな壇

母屋のメインである「六角すいのひな壇」


ピアノを使ったディズプレイ

ピアノを使ったディズプレイ

「六角すいのひな壇」を取り巻くようにたくさんのひな人形が飾られています。
テーブルディスプレイ テーブルディスプレイ テーブルディスプレイ

小さなテーブルでのディスプレイも可愛らしい


木目のひな壇

一際興味をひいたひな壇

屏風も美しい

後の屏風の作りも見事です

特に我々の興味をひいたのがこちらのひな壇で、本来は毛氈をひくのでしょうか、あえて引かなくても気品が漂うひな壇です。

離れ

離れの展示

母屋の奥の離れにもひな人形が展示されています。
こちらのメインは「つるし雛」です。
吊るし雛 吊るし雛 吊るし雛

五月雨のようなつるし雛に圧倒


ひな人形の洪水 ひな人形の洪水

人形の洪水

更に廊下にはひな人形が溢れんばかりに並んでいます。こちらもある意味で「びっくり」なひな人形たちです。

紅白梅

紅白の梅を絡ませた力作

花久の里では、人形と古民家の競演を見せてもらいました。

鴻巣びっくりひな祭り2014 -エルミ会場-

エルミ会場のディスプレイ エルミ会場のディスプレイ

エルミ会場のディスプレイ

エルミ会場は、「エルミこうのすショッピングモール」という文字通りの商業施設で、ここには高さ3メートルの「五角すいひな檀」が飾られています。そして五角すいのひな檀前はステージになっていて、イベントが開催されています。流石に商業施設だけあって華やかなイベント仕立てになっていました。
五角すいのひな壇 五角すいのひな壇 五角すいのひな壇

五角すいのひな壇


まちかどひなめぐり

旧中山道鴻巣宿 旧中山道

旧中山道の趣

ここからは江戸時代の香りの残る旧中山道沿いの宿場町を歩きます。

まちかどひなめぐり まちかどひなめぐり

店頭のひな人形ディスプレイ

旧中山道沿いの店舗では、店ごとに趣向を凝らしたひな人形が飾られています。
中町のまちかどひなめぐり 中町のまちかどひなめぐり

その中心となる中町のディスプレイ

ブラブラ歩いて各店舗のひな人形を見て歩くのも宿場町らしくて風情のあるものです。

ひなの里特別展

最後は旧中山道沿いの鴻巣市産業観光館「ひなの里」です。

鴻巣市産業観光館「ひなの里」

旧宿場町の風情の施設

鴻巣市産業観光館「ひなの里」ひな人形

エントランスに飾られているひな人形

「ひなの里」は産業観光として、名物川幅うどんや甘味などを扱い、さらに鴻巣の産業である人形の常設展示を行っているのですが、この期間はひな人形一色の様子です。

ひなの里館内 ひなの里館内

館内の様子

館内には常設展示の現在の人形産業の展示と物産展示販売のスペースとなっています。
休憩スペースもあるので、ここでコーヒーブレイクもできるようです。

スタンプラリー景品

スタンプラリーの景品

奥には今回のイベント期間中の特別展示がありますが、まずはその前にスタンプラリーの粗品を頂かねば、と引き換えると見事な、、、お菓子。。。
確かに先着200名で、確かにイベントが始まって2週間ですから先着は終わってますよね。と言うことで残念賞をいただき見学モードに移ります。

展示室

ひな人形展示室

御殿ひな飾りと牧野家のひな飾り

御殿ひな飾りと牧野家のひな飾り

奥にあるひな人形の展示室に向かいますが、まず眼を引かれたのが御殿ひな飾りと牧野家のひな飾りです。
御殿ひな飾り

昭和35年頃の御殿ひな飾り

御殿飾り末期の頃のものを再現したものだそうで、現在ではあまり見られないキャラクターの飾りといえそうです。
牧野家のひな飾り

大名・牧野家のひな人形の見事な道具類

牧野家のひな飾り 三歌人

珍しい三歌人のいるひな人形

鴻巣にある【勝願寺】には丹後国田辺城主 牧野家累代の墓があり、その牧野家のひな人形が展示されています。
特に古今雛には珍しい三歌人(菅原道真・小野小町・柿本人麻呂)がそえられているそうです。
現代のひな人形には三歌人は居ないか、といえば居ることは居るようです。ただし、一般的に豪華七段飾りでは親王、三人官女、五人囃子、隋身、仕丁、嫁入り道具等のセットには入っておらず、それに加えた超豪華18人揃い八段飾りにすると加えられるそうです。やはり古今、お金持ちはひな人形も豪華というのは変らないようです。

歴史的なひな人形の数々を見てみます。

裃人形

現代ならAKB!? 昭和20年頃まで作られた裃雛

立雛などなど

立雛などなど

江戸後期の人形

江戸後期の人形


享保雛・八番親王 大三五 五人囃子

享保雛・八番親王 大三五 五人囃子

そして江戸の風情を残す享保雛が展示されています。
「享保雛」とは江戸時代に流行した面長の衣裳着雛で、面長な顔に切れ長な目、能面に似た静かな表情をしているのが特長だそうで、内裏雛を見ればその特徴が見て取れます。
その一方で享保雛以後新しく工夫された町雛が「古今雛」と呼ばれるもので、現在の人形に近いものなのです
古今雛の数々 古今雛の数々 古今雛の数々

古今雛の数々


こちらは御殿雛の歴史的展示です。

大正期の御殿雛

大正期の御殿雛

昭和10年代の御殿雛

昭和10年代の御殿雛

昭和30年代の御殿雛

昭和30年代の御殿雛


全国土人形 ~塚本コレクション~

全国土人形 ~塚本コレクション~

中央には全国の土人形を集めた塚本コレクションが展示されています。東北地方の郷土玩具をテーマとしているようで、カラフルな色使いと可愛らしさで子供に喜ばれていたのでしょうね。

2階の展示では大雛飾りが展示されています。

等身大享保雛

等身大享保雛

日本一大きい壱番親王と三人官女

日本一大きい壱番親王と三人官女

写真では判りにくいかも知れませんが、下のひな人形が一般的サイズなので凡その大きさがお分かりになるでしょう。

屋外にも展示があります。

蔵の前にズラッと並べられたひな人形は、川幅日本一の荒川、2537mの100分の1の長さのひな人形が展示されているのです。

川幅飾りのひな人形 川幅飾りのひな人形 川幅飾りのひな人形

川幅飾りのひな人形


その川幅飾りの中には、愉快なテーマに沿った雛飾りも見られます。

殿の休日

殿の休日

パフォーマンス書道

パフォーマンス書道

お花見

お花見


今昔物語

今昔物語

今昔物語

今昔物語のキャプション

最後は蔵の中に展示されている「今昔物語」と題されたひな人形です。

「鴻巣びっくりひな祭り」は毎年スケールアップしているようですから、来年はまた更なる楽しみが増えるかもしれません。
年に1回のイベント、見逃せませんねえ!

2014.03.15記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. マヤリモ | -

    おはようございます!
    私も最終日に行ってきました!

    まぁ「びっくり」と言っても無料のイベントだし・・・
    なんて思いで行ったのですが、いや本当にびっくり!(笑)
    さすが「ひな人形のまち」をうたっているだけありますね。
    来年は、他の会場も行ってみたいと思いま〜す。

    ( 09:16 )

  2. 薄荷脳70 | -

    マヤリモさん、ありがとうございます。

    マヤリモさん、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、意外な驚きで見ごたえ充分でしたね。
    岩槻は町中のひな祭りという感じでしたが、どちらも特色があって面白いですね。
    埼玉県のイベントとして全国区になってほしいです^^
    来年はさらに増えるのかも知れませんね^^ 私も楽しみです

    ( 06:37 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks