マンゴツリー東京

東京都千代田区丸の内 丸の内ビルディング35F 2014年8月28日訪問

店舗概要

「マンゴツリー」は、タイ・バンコクの中心街、スリウォン通りの裏手に、タイスキで有名な「コカレストラン」のオーナーであるピタヤ氏が1990年、約100年前に建てられたタイ伝統の邸宅を改装して創業し、カジュアルに味わえるタイ料理のおいしさを洗練された空間でいただけるタイ料理レストランとして評判の店です。
そしてバンコク本店、ロンドンにつぐ、世界3番目のマンゴツリーとして2002年に『マンゴツリー東京』としてオープンしました。
エスニック料理レストランとしては高級店の位置付けで、伝統的なタイ料理が食べられ、現在、マンゴツリーグループブランドは、世界14カ国約70店舗あるそうです。

エントランス ペーブメント

エントランスとペーブメント

丸ビルの中のテナントですので、エントランスもスッキリした感じで、それほど敷居が高い感じはしません。

夜景 夜景

売りの夜景

内装は照明を落としたウッディな空間で、なんと言っても丸ビル35Fという立地から、100万㌦とまでは言いませんが、夜景が楽しめるのも売りのひとつです。

メインメニュー

■旬の素材を使った創作的なコース 6,480円

スモークサーモンで巻いた夏野菜の生春巻き

【冷菜】

スモークサーモンで巻いた夏野菜の生春巻き
スパイシーフィッシュケーキ レッドカレー風味 グリーンパパイヤのサラダ添え

【温菜】

スパイシーフィッシュケーキ レッドカレー風味 グリーンパパイヤのサラダ添え
トムカーガイ

【スープ】

トムカーガイ
本日鮮魚のグリル マンゴとホラパーの2色のソース

【魚料理】

本日鮮魚のグリル マンゴとホラパーの2色のソース
骨付き鶏もも肉のロースト スパイシーチリソース

【肉料理】

骨付き鶏もも肉のロースト スパイシーチリソース
ココナッツのムースグラッセ スイカとグァバのグラニテ添え

【デザート】

ココナッツのムースグラッセ スイカとグァバのグラニテ添え

感想

写真ではわかりにくいですが、冷菜はスモークサーモンが香ばしいサッパリした味で、暑い夏の前菜としては、まさにぴったりと言えるでしょう。
温菜は“フィッシュケーキ”と聞きなれない料理ですが、イギリスでは、フィッシュ&チップスと並んでポリュラーな料理だそうで、いわゆる魚のハンバーグと言ったものです。
魚の種類は失念しましたが、イギリス伝統の料理をエスニックに仕上げた逸品ですね。

スープは、定番トムヤムクンと、このトムカーガイから選ぶので、初めて食べるトムカーガイをチョイスしました。
簡単に言ってしまえば、トムヤンスープにココナッツミルクを入れたスープと言えるでしょう。ココナッツミルクと聞くと甘さを想像しますが、これは意外と甘くなく、ココナッツの香りとコクが生きたトムヤンスープのこってり版といえるでしょう。
あまり酸味も強くないので、私的には、こちらのスープの方が好きですね。比較的日本人に会いながら、エスニックの特徴は残されていると言った感じです。

魚料理は、やはりソースの味が決め手のようです。
マンゴーの甘酸っぱさが効いた美味しいソースで頂く白身魚は、爽やかな風が吹き抜けると言った逸品です。
ホラパーはパクチーなどと一緒のハーブですが、あえて言えばバジルのような香ですので、こちらも比較的受け入れやすいハーブといえるでしょう。
香りとともに、色付けとしても使用される見た目にも綺麗な料理です。
肉料理は、鶏もも肉のローストと言うことで、まさに定番とでもいえるでしょう。
スパイシーチリソースとありますが、それほどスパイシー感はなく、食べやすい一品です。

このマンゴツリーは、オープンしてから1年後と、5年ほど前と今回で3回目ですが、以前は全体的に辛いイメージがありました。
2度目の時は、初回のイメージがあり、あえて辛さ控えめにしていただいて、ちょうどいい辛さでした。今回は特に辛さの選択は聞かれませんでしたが、殆ど辛さを感じない味で、確かに美味しいのですが、若干エスニックらしさが薄れているのではと感じます。
刺激よりも風味(香り)を優先とした日本人好みの味付けに変ってきたのではないでしょうかね。
私的には、もう少しパンチの効いた味付けが欲しかったですね。

デザートは、夏らしくスイカを使ったデザートで、中々堪能できる逸品でした。

窓際席でのコーヒータイム

窓際席でのコーヒータイム

最後のコーヒーでは、窓際席が空いたので、わざわざ席を移動していただけました。ホスピタリティの感じるサービスですね。
残念ながら、この日は小雨の降る天気でしたので、夜景は今ひとつでしたが、美味しい料理と雰囲気で、ちょっとしたプチ贅沢な気分に浸れました。

2014.09.07記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks