宿場町絵図

宿場町絵図

桶川宿は、江戸から「板橋」「蕨」「浦和」「大宮」「上尾」に続く六番目の宿で、日本橋から十里余りです。健脚な当時の江戸の人々ならほぼ一日の行程で、ちょうどマラソンの距離とほぼ同じです。
中山道は、徳川家康が1590年江戸に本拠を置いた後、五街道の一つとして整備されました。三代将軍家光により参勤交代の制度が確立した1635年頃に、この桶川宿は成立していたようです。
宿場成立時には58軒であった戸数は、特産の紅花が取引されるようになる1800年には247軒に達して、町としての姿となったのです。
その後、桶川宿は、「中山道もの」と呼ばれた麦や紅花の集散地として栄え、幕末には家数も347軒に達しています。
明治期以降は、高崎線桶川駅の開業とともに、宿場としての役割を終え、埼玉県中央部における麦の集散地として繁栄しているのです。

旧中山道桶川宿散策

当時の宿場町のエリアの端には木戸が設置されていました。
南側の木戸があったところは、かつての中山道(現・県道164号線)と、かつての川越街道の交差点あたりです。

木戸跡(下)の碑と旧中山道 木戸跡(下)の碑と旧中山道

木戸跡(下)の碑と旧中山道

木戸跡の記念碑からスタートします。

右側の家の屋根には、煉瓦のしょうき様が祀られています。

屋根の上のしょうき様 屋根の上のしょうき様

屋根の上のしょうき様

これは鬼瓦と同じ、所謂、悪霊退散といった魔除けなのです。

武村旅館

左手にあるのが「武村旅館」です。

武村旅館

武村旅館

江戸末期の天保年間(1840年頃)には36軒の旅籠があり、文久元(1861)年頃には、この武村旅館も存在していたようです。

武村旅館

当時の間取り

当時の間取りは現在も受け継がれていて、嬉しいことに現在でもビジネス旅館として営業しています。
木造三階建ての建物は、国登録有形文化財(建造物)に認定されていて、リーズナブルな価格で利用できるそうです。

浄念寺

武村旅館の少し先にあるのが「浄念寺」です。

浄念寺 浄念寺 浄念寺

歴史ある山門と梵鐘・仁王像


朱の見事な山門を見ることが出来ます。「新編武蔵風土記稿」にも記された元禄14(1701)年に再建された歴史ある山門です。
また、梵鐘は寛保元(1741)年に鋳造されたもので、桶川宿中に鳴り響いたようです。しかしながら大戦で供出され、現在の梵鐘は昭和40年製だそうです。
仁王像は明和5(1768)年に開眼されたもので、こちらも歴史を誇っています。

浄念寺

浄念寺本堂

室町時代後期の天文15年に開創したと言われているのですが、新編武蔵国風土記稿では、室町時代初期(1360年頃)に修行のための庵をもとに、戦国時代に寺院にしたのが初めと記載されているようです。
開創した頃から地元との関係が深かったようで、桶川宿を治めた西尾隠岐守吉次から寄進を受けていたのです。

浄念寺 板石塔婆

板石塔婆

浄念寺 石塔

供養塔と石碑群

境内の一画に板石塔婆が置かれています。
最も古いものが正和4(1315)年で、最も新しいものが天文19(1550)年のものです。その中の中央にある一番大きな板石塔婆が、浄念寺の礎となった庵を作った朗海上人を供養するものです。

島村家住宅土蔵

桶川駅前通りとの交差点の角にあるビルの奥にあるのが「島村家住宅土蔵」です。

三階建ての土蔵 三階建ての土蔵

全国でも珍しい三階建ての土蔵

桁行六間、梁間三間の木造三階建ての土蔵で、江戸時代後期の天保7(1836)年の建築で、観音開きの扉口があり、外部は黒漆喰壁保護のためにトタンを被せています。

鬼板に刻まれた屋号

鬼板に刻まれた屋号

屋根は瓦葺で箱棟に仕上げられ、両端の鬼板には「○の中に木」の屋号が刻まれ、当時としては豪壮な高級建築のようです。

旅歴メモ -木嶋屋総本家-

嶋村家は屋号を「木嶋屋総本家」と呼ばれ先祖は上村の農家嶋村膳右衛門より出家し、文次郎(四代目)が商人を志して商売をはじめ、材木、白縞を売買して木嶋屋を名乗りました。
後に最も木嶋屋を繁栄に導いたのが、源右衛門(五代目)の時で、この頃から穀物問屋、紅花での取引で大きな富を築いたのです。
所有していた田畑は、畑88反、山林40反で、畑は小作人28人に貸して収穫時には米俵200俵を大八車で納められたそうです。小作人は大八車で米を昼時に納めると必ずサバの煮付けを頂くのが楽しみだったようです。

紅花は当時近隣から集めて江戸経由で京都に販売していたのですが、後に京都と直接取引きとなりました。毎年京都から紅花を扱う商人が、桶川宿木嶋屋総本家へ紅花の買い付けに来ていたのですが、不幸にも京都から買付けに来ていた勢州(三重県)の林彦門が病で命を落とし、木嶋家の墓地に墓石が建てられたそうです。

この珍しい三階建ての蔵は、江戸時代初期及び明治期のみに建築されたもので、全国でも50例程度が現存しているだけのようです。
この要因は、江戸初期(1651年)に三階建築禁止令が出され、以降、三階建ての建築が規制されたためのようです。

埼玉県に分布する三階建て蔵

埼玉県に分布する三階建て蔵

県内には深谷市、上福岡(明治期)、入間市(大正期)、所沢市(昭和期)のあわせて5軒だけで、この蔵は県内では最古です。

お助け蔵縁起

お助け蔵縁起

そして、ここでは三階建て蔵を立てる際と同時に、二階建ての土蔵も建てられました。それは天保7年が全国的に凶作の年で米価が沸騰し、各地に百姓一揆が起こった年だったのです。これらの土蔵は、この期に飢饉に苦しむ人々に仕事を与えるために建てられたことから「お助け蔵」と言い伝えられているのです。

樹齢170年の銀木犀 樹齢170年の銀木犀

樹齢170年の銀木犀

蔵の近くには樹齢170年の銀木犀が満開で、甘酸っぱい香りを漂わせていました。

三階建て蔵の内部の構造 三階建て蔵の内部の構造

三階建て蔵の内部の構造

土間は切妻造りで、内部は太い松の木が屋根を支えています。

月に1回見学できる内部公開 月に1回見学できる内部公開

月に1回見学できる内部公開

蔵の中は毎月第一土曜日に一般公開され、「江戸時代生活用具資料館」として、蔵に保管してあった各種の用具などが展示されています。

時代的な人形

ひな人形などの時代的な人形

時代的な人形

首が無い人形

享保雛などを初めとした、人形などが飾られています。首が無いのは特に意味があるわけではなく、単に虫食いでなくなってしまっただけのようです。

収蔵していた用品を包んだ新聞紙 収蔵していた用品を包んだ新聞紙

収蔵していた用品を包んだ新聞紙

包んでいた新聞紙自体、貴重な展示品になるのですから驚きです。

昭和の時代も懐かしい

昭和の時代も懐かしい

そしてリアル世代として懐かしいものも沢山展示されています。
個人の所有で個人の管理では限界もあるでしょうが、これからも多くの方に触れていただきたいものです。

「助蔵」

現在の母屋

蔵の前にある現在の嶋村家のビルには「助蔵」という中華料理店があります。
一度、寄って見たいですね。

嘉永10年創業のお茶処 嘉永10年創業のお茶処

嘉永10年創業のお茶処

隣には嘉永10年創業とあるお茶屋があります。
嶋村米茶舗と書かれているので、もとは嶋村家の店舗だったようですが、現在は違う経営者のようです。

矢部家住宅店蔵

嶋村家から少し北上すると「矢部家住宅」があります。

矢部家住宅

矢部家住宅

矢部家は屋号を「木半」(木嶋屋半七)といい、主に穀物問屋を営んでいたそうです。
明治17年の建立で、桶川宿に残る唯一の店蔵で、桁行5間、梁間3間、黒漆喰塗りの重厚な構えで、棟札には川越の「亀屋」建築などに係わりの深い大工や左官の他、地元の大工、鳶が名を連ねているそうです。
矢部家住宅 鳥おどし

烏おどし

屋根の鬼瓦の上から鋳鉄製の棘状の棟飾りが出ているのが特徴だそうで、これは「烏」または「烏おどし」とも呼ばれ、鳥よけと言われているものです。

紅花商人寄進の石燈籠

紅花商人寄進の石燈籠

紅花の取引も行い、桶川の稲荷神社境内に残る「紅花商人寄進の石燈籠」に刻まれた24人の紅花商人の中に名を連ねており、当時の繁栄を偲ばせています。

小林家住宅主屋

旧中山道を挟んで矢部家住宅店蔵の前にあるのが「小林家住宅主屋」です。

小林家住宅主屋

小林家住宅主屋

元は穀屋(古久屋)吉右衛門が、江戸時代末期の建てられた旅籠(宿屋)で、天保11(1840)年、または嘉永5(1852)年の建立と考えられているようです。
小林家住宅主屋 間取り図

旅籠当時の間取り

小林家住宅主屋

旅籠の特徴である2階の出窓

その後、小林家が建物を買い取り、材木商を営みました。それに伴って改修され、旅籠当時の間取りは図面に残っているのみですが、外観は建築当時の姿です。
現在は、半分が材木商で、半分はパン屋になっています。

桶川宿本陣遺構

本陣とは江戸時代参勤交代の際、大名が使用するための宿場に設置された宿泊所です。

桶川本陣遺構 桶川本陣遺構 桶川本陣遺構

桶川本陣遺構


この桶川宿本陣は、加賀百万石前田家の宿所とされたほか、水戸藩主徳川斉昭(15代慶喜の父)も利用したそうです。
また、文久元(1861)年には江戸に向う皇女和宮が宿泊したことでも有名な本陣です。
桶川宿本陣建物(c)桶川市

桶川宿本陣建物(c)桶川市

わずかに一般公開の日もあるようですが、殆ど中には入れません。
明治天皇桶川行在所碑

明治天皇桶川行在所碑

また、明治天皇もこちらの本陣跡で休まれたようで、埼玉県内の中山道筋では、唯一の本陣遺構だそうです。

小高家屋敷稲荷社

桶川本陣遺構の裏手には「小高家屋敷稲荷社」があります。

小高家屋敷稲荷社

小さな稲荷社

桶川宿商家店先絵馬

桶川宿商家店先絵馬

小高家の稲荷社には、多くの絵馬が奉納されていました。その中で特別に掲額されていたものに、桶川市の文化財「桶川宿商家店先絵馬」があります。
当時の小高家は紅花を扱い繁昌しており、絵馬は、文久3年(1863)に上州館林の米屋勝右衛門(現在の美智子皇后の本家にあたる正田家)と近江商人の小泉栄助・利七から奉納されたものです。
この実物は桶川歴史民俗資料館に展示されています。

中山道宿場館

本陣遺構の旧中山道を挟んだ、斜向いには「中山道宿場館」があります。

中山道宿場館中山道宿場館

中山道宿場館

一種の観光案内所で、桶川宿や中仙道についての展示などがあります。
ポストカードの印刷 ポストカードの印刷

ポストカードの印刷

ここには三色印刷で、ポストカードが作れる体験コーナーがあります。
中山道桶川宿が、ガリ版刷りの原理で、自分で刷れるのです。結構、大人でも楽しめますが、私のはかなり汚い絵葉書となりましたね。
桶川ゆるキャラ

桶川ゆるキャラ

桶川のゆるキャラのお見送りで、中山道宿場館を後にします。
結構、濃厚な内容でしっかり学ぶにはいいところです。

今回の桶川宿巡りはここまでです。
他に見所がありますが、ここまでかつての宿場町の名残が多いところも少ないでしょう。
貴重な宿場の佇まいですので、これからも是非、残していただきたいものだと思います。

2014.09.10記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 桶川は車で通ることしかありませんでしたが、
    歴史のありそうな木造建築は気になっていましたので
    今回とりあげていただき感謝です。
    3階建ての蔵とか初めて見ました。

    この辺りは道路が狭いですよね、気軽に駐車できる所とかあれば助かりますね。

    ( 12:55 )

  2. 薄荷脳70 | -

    山ぼうしさん、ありがとうございます。

    山ぼうしさん、ありがとうございます。
    私も車で通ることしかなかったので、今回は自宅から自転車で行ってみました。
    おっしゃるっとおり車の駐車は難しいですが、一本奥にいくと結構路駐出来そうなところはありますね^^
    まあ、一か八かのかけですがw

    ( 19:25 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks