上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦前は陸軍の飛行場が、第二次世界大戦の敗戦により米軍に接収され「ジョンソン基地」と命名され、この基地の周りに米軍関係者が居住していたのが「ジョンソンタウン」だった。 白を基調とした広くて清清しい佇まいは、当時の敗戦国日本人にとってみれば、まさに天国、夢の国に映ったことだろう。

0001_johnson_town_01DSC_0594-1.jpg 0002_johnson_town_01DSC_0587-1.jpg

その「ジョンソンタウン」も米軍からの返還と撤収により、日本の高度成長期に相まって、日本人からも見捨てられ荒廃の一途を辿り、多くの住居はその姿を消したのである。
しかし、生き残った住居を再生しようと、築60年という米軍ハウスをリノベーションし、更にこの歴史と趣を踏襲した新たな平成ハウスを造り上げ、現代にアメリカンタウンとして輝きを放ち始めたのだ。

0003_johnson_town_01DSC_0558.jpg 0004_johnson_town_01DSC_0530.jpg 0005_johnson_town_01DSC_0588.jpg 0006_johnson_town_01DSC_0644.jpg 0007_johnson_town_01DSC_0536.jpg 0008_johnson_town_01DSC_0683.jpg

勿論、夢やロマンだけで再生することは不可能であり、そこには現実的なビジネスの論理がみえるのだが、ここはあえて黙認するのも浪漫であろう。 したがってハウス以外に、街並みを形成するデコレーションも見逃せない。
ちょっとしたところあるアメリカンテイストな小物のディスプレイにそそられるからだ。
0009_johnson_town_02DSC_0471.jpg 0010_johnson_town_02DSC_0487.jpg 0011_johnson_town_02DSC_0550-1.jpg 0012_johnson_town_02DSC_0537.jpg 0013_johnson_town_02DSC_0647.jpg 0014_johnson_town_02DSC_0553.jpg 0015_johnson_town_02DSC_0676.jpg
また、今では極普通の光景であろうが、ベンチの多さも特徴とでも言える。

0016_johnson_town_02DSC_0542.jpg 0017_johnson_town_02DSC_0478.jpg 0018_johnson_town_02DSC_0491-1.jpg 0019_johnson_town_02DSC_0652.jpg

いづれにしても、ホワイトを基調としたテイストは、POPな雰囲気なのだが、一歩間違えればレトロを通り越して簡単に魅了を失う可能性はおおきいので、とても維持・管理が大変なのであろう。

街は住居だけではない。
数多くのテナントが、街のアメリカンテイストに花を添えていると共に、街のビジネス・活性化としても必要不可欠なポイントである。

0020_johnson_town_03DSC_0499.jpg 0021_johnson_town_03DSC_0493.jpg 0022_johnson_town_03DSC_0513.jpg 0023_johnson_town_03DSC_0511.jpg

「かわい~い!!」と絶対に言うであろう、小物・ファッション雑貨などがまずは人気店といえる。

0024_johnson_town_03DSC_0578.jpg 0025_johnson_town_03DSC_0585.jpg 0026_johnson_town_03DSC_0508.jpg 0027_johnson_town_03DSC_0505.jpg 0028_johnson_town_03DSC_0504.jpg

更に花屋だって、かなりアメリカン、否、ヨーロピアン、「欧米か!?」ってくらい趣がクール。

0029_johnson_town_03DSC_0589.jpg 0030_johnson_town_03DSC_0571.jpg 0032_johnson_town_03DSC_0572.jpg 0033_johnson_town_03DSC_0563-1.jpg 0034_johnson_town_03DSC_0565.jpg

そして鉄板のアンティークものも、勿論、用意されている
「アガサ」、、、ジェネレーションによって昔、クリスティ、今、コナンと分かれるかも。。。
こういったところは男心をくすぐられる

0035_johnson_town_03DSC_0673.jpg 0036_johnson_town_03DSC_0656.jpg 0037_johnson_town_03DSC_0667.jpg 0038_johnson_town_03DSC_0662.jpg 0039_johnson_town_03DSC_0672-1.jpg 0040_johnson_town_03DSC_0660.jpg

木のぬくもりも、癒しの鉄板か!!
ついお土産に買ってしまったのは、雰囲気に完敗。でも意外に自宅でも会うってことは。。。

0041_johnson_town_03DSC_0698.jpg 0042_johnson_town_03DSC_0696.jpg 0043_johnson_town_03DSC_0694.jpg 0044_johnson_town_03DSC_0686.jpg

充実のグルメも嬉しい
勿論、アメリカンは当然ながら、和風、韓国、エスニックなど、ここはバラエティに富んでいるのだが、ある意味、コンセプトとしては無理が生じる。
まあ、ビジネスということで、目を瞑ろう。。。

0046_johnson_town_04画像 0047_johnson_town_04画像

訪問時はクリスマス前なので、特にクリスマスデコレーションが綺麗だ!!
特にアメリカンな味と趣の店が、この時期はよいだろう

0049_johnson_town_04画像 0048_johnson_town_04画像 0050_johnson_town_04画像

実際に美味い!!
「ルーシーズバーガー」って、ネーミングもアメリカン
深く考える必要はないようだ。ネーミングもアメリカンぽいって言いだけで付けられたそうだから。。。
まあ、ロコモコはご愛嬌。
でもワイハだってアメリカではある。

0051_johnson_town_04画像 0052_johnson_town_04画像 0053_johnson_town_04画像

ここでビールも一緒にといきたいところだが、運転があるのでコーヒーで我慢だ(^^; ここは超現実的

0054_johnson_town_04画像

このほかにも、美容院やリラクゼーション、スタジオや整骨院など、生活密着型店舗もある。
ただし、観光目的は結構なのだが、実際に生活しているわけであるから、その辺りは大人の行動は当然のことだ。
それで半日もあれば充分楽しめる、アメリカンテイストな街「ジョンソンタウン」は手軽な異国情緒といえるだろう
0031_johnson_town_02DSC_0519-1.jpg
埼玉県の入間市というのも驚きだが、東京からも近くて、これから人気となるかも。。。

2015.01.02記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。