文字通り7つの福がある「七福神」は、7つのご利益を授与されると室町時代末期から信じられ始めた民間信仰。
そのラインナップは、一般に夷(恵比寿)・大黒・毘沙門天・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋を指すのだが、寿老人は福禄寿と同体異名ともされる為、近世以降には吉祥天または猩猩を配することもある。
基本的に中国・インドの神が中心で、日本の神社・仏閣に祀られている本来の神が、それぞれに七福神と習合した化身と信じられた故に、古くから七福神として参拝され親しまれ、現在の信仰に繋がっている。

日本橋七福神は、中央区の8ヶ所に祀られている七福神ながら、恵比寿が2社で祀られているので八福神になるわけではない。また、弁財天も2社で祀られていて、すべて神社だけで寺がなく、距離だけでいえば1~2時間程度で回れる近さが特徴である。 なお、現在オフィシャルでは7社を指定している。

水天宮【弁財天】

元々、港区三田にあった久留米藩有馬家上屋敷の邸内に水天宮が祀られており、明治期になって有馬家が日本橋に移転すると共に水天宮も移り、現在の水天宮となる。
後、この有馬家の第15代当主、有馬頼寧がファン投票によるレースを発案し、以降「有馬記念」と呼ばれるようになったのは、意外と知られていない。
いずれにしても、妊婦と競馬ファンは有馬家に足を向けられない、ということか。。。

0001_nihonbashi_7_DSC_0312.jpg

この安産祈願で全国的に有名な「水天宮」に祀られているのは弁財天。
久留米藩第9代藩主で、有馬家10代当主の有馬頼徳が、加賀の前田家と芸を競った際に弁財天に願をかけて勝ったという伝説から、技芸上達・福自在のご利益があるとか。

0002_nihonbashi_7_DSC_0307.jpg
0003_nihonbashi_7_DSC_0310.jpg
0004_nihonbashi_7_DSC_0309.jpg
0005_nihonbashi_7_DSC_0311.jpg

現在、水天宮は建替えのため移転し日本橋浜町に仮宮を設けている。
隣は浜町公園を挟んで明治座があり、新年早々華やかな雰囲気に包まれる。

0006_nihonbashi_7_DSC_0315.jpg
0007_nihonbashi_7_DSC_0316.jpg

笠間稲荷神社【寿老神】

日本三大稲荷のひとつである茨城県笠間市にある笠間稲荷神社が、笠間藩主牧野家から庇護されたことから、江戸時代末期に藩主牧野貞直が笠間から当地にあった江戸下屋敷に東京別社として分霊したのが始まり。
祭神はすべての食物を司る宇迦之御魂神であることから、牧野家のみならず、日本橋魚河岸の守り神としても信仰された。

0008_nihonbashi_7_DSC_0322.jpg
0009_nihonbashi_7_DSC_0323.jpg

昭和51年(1976年)に末社に祀られた長寿神は、長寿延命、人々の運命を導く神として信仰されている。

0010_nihonbashi_7_DSC_0320.jpg
0011_nihonbashi_7_DSC_0329.jpg
0012_nihonbashi_7_DSC_0332.jpg

末廣神社【毘沙門天】

末廣神社は倉稲魂命を主祭神とし、地主神、産土神として400年以上前から信仰を集め、幕府に仕える武家からの信仰も篤く、旗本火消頭に庇護や祭事の奉仕をさせており、お供えや境内の碑に地元からの愛着がうかがわれる。

0013_nihonbashi_7_DSC_0365.jpg
0014_nihonbashi_7_DSC_0344.jpg
0015_nihonbashi_7_DSC_0345.jpg
0016_nihonbashi_7_DSC_0353.jpg
0017_nihonbashi_7_DSC_0355.jpg
0018_nihonbashi_7_DSC_0357.jpg

多聞天の異名を持つ毘沙門天は、世界の守護神であり勝運除災の神として知られる一方で、右手に持つ多宝塔により、限りない財宝を与える営業繁栄の神様としても広く崇めらわれる。

0019_nihonbashi_7_DSC_0362.jpg
0020_nihonbashi_7_DSC_0358.jpg

甘酒横丁界隈

日本橋は流石に風情のあるところで、甘酒横丁界隈には趣のある正月光景が散在している。

0021_nihonbashi_7_DSC_0469.jpg
0022_nihonbashi_7_DSC_0374.jpg
0023_nihonbashi_7_DSC_0369.jpg
0024_nihonbashi_7_DSC_0429.jpg
0025_nihonbashi_7_DSC_0424.jpg

松島神社【大国神】

創建は鎌倉時代の1320年以前といわれる古社で、元々は松島稲荷大明神と唱え、周辺が歓楽街であったことから人形細工職人、呉服商人、歌舞伎役者、芸妓等々、芸能関係や庶民に親しまれた。

0026_nihonbashi_7_DSC_0423.jpg
0027_nihonbashi_7_DSC_0388.jpg
0028_nihonbashi_7_DSC_0405.jpg

庶民派の神社としては、11月の"酉の市"の賑わいが往時の風物詩で、正月もまた華やかなおみくじや招福の縁起ものが人気。

0029_nihonbashi_7_DSC_0414.jpg
0030_nihonbashi_7_DSC_0416.jpg
0031_nihonbashi_7_DSC_0417.jpg
0032_nihonbashi_7_DSC_0420.jpg

祭神は14柱と非常に多く、そのうちの「大黒様」「大黒天」とも呼ばれる大国神は、愛嬌のある福徳相が多く、五穀豊穣・開運福を司ることから庶民的な神様として愛される。
庶民が親しむ神は、やはり庶民的な神ということであろうか。

0033_nihonbashi_7_DSC_0399.jpg
0034_nihonbashi_7_DSC_0411.jpg

茶ノ木神社【布袋尊】

珍しい名称は周囲の茶の木が由来となる。
元々は佐倉城主で大老堀田家の上屋敷で、この神社はその守護神として祀られ、社の周囲に巡らされた土提芝の上に丸く刈り込まれた茶の木が植え込まれており、その光景は見事の一言だったようだ。

茶の木様と親しまれ、毎年5月、八十八夜にあたる日には新茶を祝う"献茶祭"が開かれる。

0035_nihonbashi_7_DSC_0450.jpg
0036_nihonbashi_7_DSC_0439.jpg
0037_nihonbashi_7_DSC_0451.jpg

祀られる布袋尊は福徳円満の神として信じられ、未来予知・金運の神としてのご利益。

0037_nihonbashi_7_DSC_0459.jpg
0038_nihonbashi_7_DSC_0449.jpg
0040_nihonbashi_7_DSC_0453.jpg

人形町界隈

日本橋七福神の中心は人形町である。

0041_nihonbashi_7_DSC_0464.jpg
0042_nihonbashi_7_DSC_0462.jpg

勿論、人形に関わっていた町だから「人形町」となったのだが、クジラのヒゲが使われていたとは知らなかった。

0043_nihonbashi_7_DSC_0471.jpg
0044_nihonbashi_7_DSC_0473.jpg
0045_nihonbashi_7_DSC_0474.jpg

小網神社【福禄寿・弁財天】

太田道灌からの崇敬も篤い500年以上前に鎮座した古社で、社殿が戦災を免れたり、この社のお守りを持った兵士全員が帰還したことから、強運厄除の総本社として知られる。
5月の大祭では東部有数の神社大御輿で賑わい、11月にある"どぶろく祭"は奇祭として有名だそうだ
「どぶろっく」が流行とともに、更に注目されるかも。。。

0047_nihonbashi_7_DSC_0483.jpg
0048_nihonbashi_7_DSC_0502.jpg
0049_nihonbashi_7_DSC_0508.jpg

小網神社には福禄寿・弁財天が祀られ、強運厄除・財運向上、病気平癒・健康長寿にご利益がある。
ここは「日本橋七福神」と「下町八福神」を兼ねているので、参拝客は半端ない。

0050_nihonbashi_7_DSC_0500.jpg
0051_nihonbashi_7_DSC_0488.jpg
0052_nihonbashi_7_DSC_0493.jpg
0053_nihonbashi_7_DSC_0491.jpg
0054_nihonbashi_7_DSC_0481.jpg

椙森神社【恵比寿神】

聖徳太子がはじめて市を立てた際、市の守護神として仰ぎ、江戸時代には、柳森、鳥森とともに江戸三森の一つに数えられ、福徳・商売の神として庶民の信仰を集めた。
境内には、江戸時代に富興行(現在の宝くじ)が催され、その記念として建てられた冨塚碑がある。

0054_nihonbashi_7_DSC_0514.jpg
0055_nihonbashi_7_DSC_0520.jpg
0056_nihonbashi_7_DSC_0536.jpg
0057_nihonbashi_7_DSC_0531.jpg

商売繁盛・交通安全にご利益のある恵比寿神は、10月に恵比寿神大祭として盛大に挙行されているようである。

0058_nihonbashi_7_DSC_0523.jpg
0059_nihonbashi_7_DSC_0541.jpg
0060_nihonbashi_7_DSC_0535.jpg

水天宮で授与された色紙の朱印も完成し、今年一年の無事を祈願して帰路につくが、が、オフィシャルのマップには掲載されていないことから今回は省いたが、本来は、寳田恵比寿神社(恵比寿神)が加わっていたようなので。機会があれば寄ってみたいところだ。

0061_nihonbashi_7_DSC08340.jpg

下町の佇まいのなかで、眩しいほどの夕焼けが輝いていたのは吉兆か!?

0062_nihonbashi_7_DSC_0510.jpg
0063_nihonbashi_7_DSC_0543.jpg

2015.01.07記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks