FC2ブログ


現代を代表するオシャレな街の一つが代官山
江戸時代、代官の屋敷があった説や代官が管理する山林があったからという説があるが、いづれにしても当時の要所ではなく、関東大震災後さえも、同潤会の代官山アパート(旧称・渋谷アパート)が建った昭和初期あたりまでは一面の雑木林で、闇夜に梟が鳴くような鄙びた街であった

0001_daikamyama_01_DSC_0852.jpg
0002_daikamyama_01_DSC_0850.jpg
0003_daikamyama_01_DSC_0851.jpg

その代官山が現在のお洒落な街に発展するきっかけが、現在は重要文化財となった「旧朝倉邸」
甲州武田家に仕えた武士であった朝倉家が、帰農して渋谷に住まい、水車を利用した収益で資産家となり、当時の渋谷周辺の土地を買い占めた大地主となる。
その末代の朝倉虎治郎は、渋谷区議会議長や東京府議会議長を歴任した政治家で、大正8年に邸宅として建てられたのが、この「旧朝倉邸」である

0004_daikamyama_01_DSC_0868.jpg
0005_daikamyama_01_DSC_0876.jpg
0006_daikamyama_01_DSC_0884.jpg
0007_daikamyama_01_DSC_0879.jpg
0008_daikamyama_01_DSC_0883.jpg

旧朝倉邸の見所は、ほぼ全室が畳敷きで、屋根は瓦葺き、外壁は下見板張という典型的な和風大邸宅で、部屋ごとに違ったデザインを施していることである

正式な応接間として使用される部屋は伝統の「書院造り」
武家の時代からの書院造りの踏襲である
凝った障子、欄間や襖に描かれた絵や彫刻は華美ではなく、渋く輝いている

0009_daikamyama_01_DSC_1082.jpg
0010_daikamyama_01_DSC_1000.jpg
0011_daikamyama_01_DSC_0930.jpg
0012_daikamyama_01_DSC_0994.jpg
0013_daikamyama_01_DSC_0934.jpg
0014_daikamyama_01_DSC_1100.jpg
0016_daikamyama_01_DSC_0961.jpg
0017_daikamyama_01_DSC_0914.jpg

一室しかない洋間は、あくまで簡易洋風接待用で基本的には執事室
和洋折衷といった趣か。。。
若干、とってつけたような風情からも伺える

0020_daikamyama_01_DSC_0887.jpg
0021_daikamyama_01_DSC_0896.jpg
0022_daikamyama_01_DSC_0897.jpg
0023_daikamyama_01_DSC_0888.jpg

私的な空間は「数奇屋風座敷」
代表する「杉の間」は、杉の板目をそろえた一風変った贅沢な空間で、これだけのものは当時かなりの財力が必要だったようである
しかし、それを自慢げにしないところに好感がもてる

0024_daikamyama_01_DSC_1068.jpg
0025_daikamyama_01_DSC_1047.jpg
0026_daikamyama_01_DSC_1044.jpg

隠れた贅沢や凝ったつくり、つまり遊び心一杯といったところ
木製のレールなどもその一つであるが、派手さはないが、なかなか渋い、、、現在で言えばクールといったところか

0027_daikamyama_01_DSC_1066.jpg
0028_daikamyama_01_DSC_0919.jpg
0029_daikamyama_01_DSC_0933.jpg
0030_daikamyama_01_DSC_1062.jpg
0031_daikamyama_01_DSC_1055.jpg

建物の中に見られる蔵の扉や金庫といったところは、やはり財力の象徴
金があることは決して悪いことではないが、やはり庶民にはねたましい!

0032_daikamyama_01_DSC_1061.jpg
0033_daikamyama_01_DSC_0903.jpg
0034_daikamyama_01_DSC_0899.jpg

その財力は蔵の様子からもうかがえる
2階建ての蔵はそれなりの重厚感を醸し出す

0035_daikamyama_01_DSC_1150.jpg
0036_daikamyama_01_DSC_1155.jpg
0037_daikamyama_01_DSC_1158.jpg
0038_daikamyama_01_DSC_1156.jpg
0039_daikamyama_01_DSC_1159.jpg

華麗、というよりも渋い佇まいはまさにクールジャパンといえる大正浪漫の傑作であろう

もう一つの見所は庭園である
回遊式庭園は文字通り庭園を巡ってこその庭園
崖線を利用した庭園は、かつて富士山や目黒川を借景とした庭園で、その眺望は見事であったと思われる

0040_daikamyama_01_DSC_0911.jpg
0041_daikamyama_01_DSC_0986.jpg
0042_daikamyama_01_DSC_0974.jpg
0043_daikamyama_01_DSC_1098.jpg
0044_daikamyama_01_DSC_1091.jpg

庭園への門も新しいものながら趣がある

0045_daikamyama_01_DSC_1120.jpg
0046_daikamyama_01_DSC_1184.jpg

石畳や石段の風情は、それで一つのアート!?

0047_daikamyama_01_DSC_1121.jpg
0048_daikamyama_01_DSC_1017.jpg
0049_daikamyama_01_DSC_1147.jpg
0050_daikamyama_01_DSC_1131.jpg
0051_daikamyama_01_DSC_1140.jpg
0052_daikamyama_01_DSC_1177.jpg
0053_daikamyama_01_DSC_1180.jpg

庭園に配置された石燈籠などもより和風の風情を醸し出す、回遊式たる由縁か

0054_daikamyama_01_DSC_1153.jpg
0055_daikamyama_01_DSC_0988.jpg
0056_daikamyama_01_DSC_1123.jpg
0057_daikamyama_01_DSC_1135.jpg
0058_daikamyama_01_DSC_1144.jpg
0059_daikamyama_01_DSC_1166.jpg
0060_daikamyama_01_DSC_1162.jpg

そして庭園からみる建物の佇まいも、落ち着いたシックな佇まいである

0061_daikamyama_01_DSC_1174.jpg
0062_daikamyama_01_DSC_1171.jpg
0063_daikamyama_01_DSC_0968.jpg
0064_daikamyama_01_DSC_1148.jpg
0065_daikamyama_01_DSC_1164.jpg
0066_daikamyama_01_DSC_1163.jpg
0067_daikamyama_01_DSC_1175.jpg
0068_daikamyama_01_DSC_1176.jpg

まさにクールジャパンの旧朝倉邸であるが、大戦後は所有していた土地の大部分を失い、本宅も相続税支払いのために売却された。
手元に残った土地を活かした不動産経営をしていた朝倉家は、早急な開発ではなく、長期にわたり快適な空間として続く開発を望み、1967年に出あった建築家・槇文彦氏に「代官山集合住宅計画」を立案させた。
当時、このエリアは住居専用地区だったため、店舗の開設は認められていなかったが、行政との交渉の末、住居と店舗が混在する建造物を実現させたのである。
これが現在の「ヒルサイドテラス」で、お洒落な街代官山の始まりとなったのである。

0070_daikamyama_01_DSC_1118.jpg
0071_daikamyama_01_DSC_1189.jpg
0072_daikamyama_01_DSC_0866.jpg
0073_daikamyama_01_DSC_1212.jpg
0074_daikamyama_01_DSC_1215.jpg
0075_daikamyama_01_DSC_1216.jpg
0076_daikamyama_01_DSC_1217.jpg

因みに「ヒルサイドテラス」内にある猿楽神社は、猿楽町の由来であり、更に神社の建っている築山は古墳時代の円墳である

0077_daikamyama_01_DSC_1219.jpg
0078_daikamyama_01_DSC_1222.jpg
0079_daikamyama_01_DSC_1227.jpg
0080_daikamyama_01_DSC_1225.jpg
0081_daikamyama_01_DSC_1252.jpg
0082_daikamyama_01_DSC_1242.jpg
0083_daikamyama_01_DSC_1231.jpg
0084_daikamyama_01_DSC_1236.jpg

古代と近代と現代をつなぐのが「旧朝倉邸」の魅力であろう

2015.01.15記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. kame-naoki | -

    こんにちわ。

    レトロな感じがいいですね。猿楽塚も現代と共存しています。代官山にこんな場所があるなんて驚きです。

    ( 09:16 )

  2. 薄荷脳70 | -

    kame-naokiさん、ありがとうございます。

    kame-naokiさん、ありがとうございます。
    私もはじめて知ってびくりしました。
    四季折々、佇まいが良いそうです。 春になったらまた行って見たいです^^

    ( 06:51 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks