FC2ブログ


古刹・名刹の多い鎌倉にあって、鎌倉最古の寺院が『杉本寺』。
観光客がドッと訪れるような著名さ、派手さ、美しさはありませんが、やはり最古という地味ながら、その歴史に相応しい佇まいが、ある意味、美しいと云えそう。
所謂、侘び寂びの“寂び”であろうか。

寺伝によれば、734年行基が十一面観音を安置して創建したのが始まり。
1189年に堂宇が焼けた際に、観音像が自ら本堂から出て、境内に避難したという、本当のような嘘のような話があるが、嘘であろう。
ご丁寧に、観音像が杉の木の根元に避難してしていたということから杉本寺になったという由緒付なのだから、その伝説ぶりに頭が下がる。
このように特に話題になるような華やいだ話題もないので、そらく鎌倉最古という事が無ければ、ほぼ素通りの寺院だったかもしれない。
ただ、坂東三十三箇所・鎌倉三十三箇所の第1番札所という事で、巡礼の方にとっては大変馴染みの寺院といえよう。

古の「塩の道」である現在の金沢街道沿いに参道がある。

0001_sugimoto_kamakura_DSC_7398.jpg

何段かの石段を上がると山門が見えてくる。

0002_sugimoto_kamakura_DSC_7401.jpg

切妻造りで茅葺の八脚門はそれだけでも古刹の趣を伝えているよう。
江戸時代後期に建立されたものらしい。

0003_sugimoto_kamakura_DSC_7467.jpg

0004_sugimoto_kamakura_DSC_7411.jpg

左右に仁王像を安置している。

0005_sugimoto_kamakura_DSC_7407.jpg

0006_sugimoto_kamakura_DSC_7410.jpg

それ以上に千社札の多さが、巡礼の一番札所らしい佇まい。

0007_sugimoto_kamakura_DSC_7412.jpg

山門から本堂へ上がる正面の石段は通行禁止になっている。

0008_sugimoto_kamakura_DSC_7414.jpg

よく写真で見る苔むした石段で、古刹に一番似合う佇まいであろう。苔を保護するための通行禁止なのだと思っていたが、石段がすり減って危険な為だそうだ。若干興ざめ。。。
こう云った石段は、曇りや雨の日が似合うかもしれない。

0009_sugimoto_kamakura_DSC_7420.jpg

0010_sugimoto_kamakura_DSC_7423.jpg

左手にある新しい石段をあがると本堂が鎮座している。

0011_sugimoto_kamakura_DSC_7432.jpg

0012_sugimoto_kamakura_DSC_7447.jpg

寄棟造りで、正面側面とも柱の間が5間の方五間の天台宗らしい密教仏堂である。
1678年の建立で、何といっても山門同様、茅葺が古刹の趣を醸し出している。

本来の注目は、本堂に安置された仏像群である。
中央に本尊お前立の十一面観音、右手には、毘沙門天、不動明王、観世音菩薩三十三応現身、左手には、新、十一面観音と地蔵菩薩二体、一番左にはおびんずる様など多数の仏像群が間近で拝観でき、その迫力に圧倒される。
一番奥に祀られているのが、秘仏の三体の十一面観音で、中心が慈覚大師作、右側に恵心僧都作、左側に行基作があり覆面観音とか下馬観音とも呼ばれています。こちらは間近には参拝できませんが、厳かな中で拝むことができる。但し、堂内は写真NGである。

境内に眼を転じると、本堂の横に五輪塔群がある。

0013_sugimoto_kamakura_DSC_7441.jpg

杉本寺の裏山の一帯は、境内を含めて杉本城址で、三浦氏一族の杉本義宗が築いたもの。鎌倉幕府滅亡後の1337年、朝廷方の北畠顕家がここを攻め、足利方の斯波三郎以下300人以上の者が討たれ、落城たと太平記に記載されている。
この戦死者の供養塔と云われているのが、この五輪塔群である。

0014_sugimoto_kamakura_DSC_7443.jpg

0015_sugimoto_kamakura_DSC_7442.jpg

五輪塔群の左手にあるのが、六地蔵+身代わり地蔵の7体の地蔵。

0016_sugimoto_kamakura_DSC_7452.jpg

この身代わり地蔵には、三浦氏の内部争いの際、杉本太郎義宗に放たれた矢を受け、傷跡から血がにじみ出てきたという伝説が残されている。

本堂の右手奥にあるのが白山大権現・熊野大権現。

0017_sugimoto_kamakura_DSC_7436.jpg

0018_sugimoto_kamakura_DSC_7450.jpg

左手奥には現在、入れないが、鎌倉特有の古代の墓で崖に穴を掘った“やぐら”があるようだ。

0019_sugimoto_kamakura_DSC_7430.jpg

金沢街道(六浦道)を挟んだ向かいに衣張山を望む景観。

0020_sugimoto_kamakura_DSC_7455.jpg

地味な寺院ではあるが、やはり歴史の重みはそれだけで一見の価値のある杉本寺である。

0021_sugimoto_kamakura_DSC_7464.jpg

2015.09.23記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. KAEDE | -

    歴史

    こんばんは。歴史は石段にも現れますね~。
    こちらも天台宗でしたね。今日、喜多院のことを取り上げまして、参考にこちらの以前の記事のリンクを貼らせていただきました。ご了承ください。

    ( 23:11 )

  2. 薄荷脳70 | -

    KAEDEさん、ありがとうございます。

    KAEDEさん、ありがとうございます。
    歴史を感じさせるものは、一概に癒される気がします。そこが浪漫になるのでしょうか^^
    リンク有難うございます、感謝、感謝!
    今後とも、宜しくお願い致します。

    ( 05:20 )

  3. こんにちは。
    杉本寺とは、渋いセレクトですね~。
    観光地化していない、現役の巡礼地っていう雰囲気がありますね。

    僕も今回は半分鎌倉がテーマの記事を書いたんで、ぜひ遊びに来てください。

    ( 22:25 )

  4. 薄荷脳70 | -

    peco pecoさん、ありがとうございます。

    peco pecoさん、ありがとうございます。
    ブログ見させていただきました。
    金沢街道沿いは、杉本寺を始めとして渋い名所が多いので、中々面白いですよね。
    覆瑞泉寺や建長寺も訪れましたが、天園ハイキングコースはきつそうなので、まだ歩いたことはありませんが、紅葉が綺麗な名所だそうなので、一度歩いてみたいと思ってます^^とってもの参考になりました。
    ありがとうございます!


    ( 05:05 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks