はじめに

「さきたま古墳群」は2008年9月14日の残暑厳しい日に訪れたのでした。
そして「さきたま古墳群」は『21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選』を散策しようと最初に訪れた場所でもありました。
そもそも埼玉県に生まれて埼玉県で育って50余年過ごしながら埼玉県を殆ど知らないという現実に直面し(って、程の大それたことではありませんが)、見聞を広めてみようと始めたのがきっかけでした。

それから2年半の間に埼玉県はもとより、東京、福島など狭い範囲ながらも各地を散策したのです。行田市にもその後何度か訪れていて、それはこの100選に行田市からは4件選ばれているからでした。
さきたま古墳群】【聖徳太子立像・聖徳太子例大祭】、そして今回の【さきたま火祭り】です。
「さきたま古墳群」と「聖徳太子立像」はジャンルAの「名所・自然・史跡・観光施設・文化財・文化施設」からで、「聖徳太子例大祭」と「さきたま火祭り」はジャンルBの「芸術・スポーツ・芸能・祭り・風習・イベント」というバランスの良い選定です。
そして前述したように「さきたま古墳群」の2008年を皮切りに、「聖徳太子立像」と「聖徳太子例大祭」は2009年と都合2回訪れ、今回の「さきたま火祭り」で3回目の探訪となったのです。
しかしながら今回はちょっと事情があり、「さきたま火祭り」のある2011年5月4日の約2週間前の4月23日(土)にプライベートな所用で行田市を訪れたことから別途散策をすることになったのです。
その様なことから、今回は「さきたま火祭り」とは別に「さきたま古墳群」再訪とばかりに散策を楽しみました。実際に前回の散策記を見ると、「さきたま古墳群」は最初ということと夏の暑さもあり古墳群自体の散策も極々あっさりしたものでした
そこで今回の4月23日の散策では「さきたま古墳群」以外の行田市内の古墳、そして5月4日での火祭りでは「さきたま古墳群」といった具合にいわゆる文字通りの「さきたま古墳」三昧としてじっくり古墳群を散策します。

その4月23日の散策では「ぎょうだ古墳めぐりの旅」と題された散策ルートを元に散策を始めます。

古墳めぐりの旅へようこそ!
行田市には埼玉(さきたま)古墳群をはじめとする10もの古墳群があり、150基以上の古墳が確認されています。古墳は古代の権力者のお墓で、その大きさが築いた者の力を表していると考えられています。
行田市内では、今から約1,500年前の5世紀末頃に稲荷山古墳を皮切りに埼玉古墳群が築かれ始めると、各地で中小の古墳が築かれます。大日塚古墳はその頃の小円墳で、埼玉古墳群を築いた強大な権力者に従う小地域の権力者のお墓と考えられています。
ところが6世紀後半になると真名板高山古墳、小見真観寺古墳、など100m級の大型前方後円墳が周辺地域でも築かれるようになり、埼玉古墳群の古墳は大きさがやや小さくなって行きます。7世紀に入ると埼玉古墳群では浅間塚古墳、白山古墳、戸場口山古墳など円墳、方墳が築かれますが、若小玉古墳群ではより大型の八幡山古墳が築かれており、力関係が逆転したことがうかがえます。その後埼玉古墳群は途絶えてしまい、若小玉古墳群では7世紀後半の地蔵塚古墳まで、古墳が築かれ続けました。
どうして埼玉古墳群は衰えてしまったのでしょうか? それに代わってどのような権力者が現れたのでしょうか? 古墳をめぐりながら、あなたも考えて見てください。
(「ぎょうだ古墳めぐりの旅」パンフレットより)

少しの懐かしさと沢山の新たな見聞ができそうな「さきたま古墳群」散策に期待は膨れ上がります。

map行田市オフィシャルサイト】http://www.city.gyoda.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks