原市藩の名残りをつたえる遺構

概要

小田原征伐後に関東に入部した徳川家康は、尾張国出身の譜代の家臣・西尾吉次に5000石を与えた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで戦功を挙げた吉次は、慶長7年(1602年)に美濃国内に7000石を加増され、合計1万2000石を領する大名となって諸侯に列したため、武蔵国原市(現在の埼玉県上尾市原市)に原市藩が立藩した。菩提寺となる妙厳寺や地蔵堂を再興する。吉次は慶長11年(1606年)に死去し、後を子の西尾忠永が継いだ。忠永は元和2年(1616年)に上野国白井藩へ移封となったため、ここに原市藩は廃藩となり、その所領は天領となった。現在でも、藩の陣屋を構えた上尾市上尾下の字名が陣屋として残っている。また、同時に上村(上尾市上)にも陣屋を設けたという。 陣屋とは、江戸時代の幕藩体制における大名領(藩)の藩庁が置かれた屋敷、または徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物のことで、一般的に3万石以下の城を持たない大名が陣屋を持った。なお、陣屋に藩庁を置く大名のこと、無城大名あるいは陣屋大名と呼んだ。

◆西尾氏陣屋址 : 上尾市上尾下906番地近辺 《所在地地図

西尾氏陣屋址

003jinya004.jpg 【陣屋址遠望】

003jinya006.jpg 003jinya005.jpg 【陣屋名の残る広場と公民館】

003jinya002.jpg 003jinya003.jpg 003jinya001.jpg 【陣屋公民館裏側にある堀跡】

2009.4.4記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks