FC2ブログ


天然記念物のモクコクで知られる古刹

概要

「ぐるっとくん」を「下宿公民館西」で下車すると、右手に大寺の山門が見えてくる。浄土宗の名刹(めいさつ)で、県指定天然記念物「モクコク」のある寺としても知られる馬蹄寺である。
入り口には左右に大きな石造の地蔵尊があり、まず参詣者の気持ちを引き締めてくれるが、その傍らに「徳本」と刻し、花押まで印 した供養塔が目につくことになる。この辺りの寺院では余り見かけない石造物であるが、これは「徳本六字名号供養塔」と称されるものである。
「徳本」は紀州の人で念仏行者であるが、その平易な念仏信仰が各地で受け入れられたという。塔の下壇には「講中」と大書され、文化14(1817)年建立の文字もあるので、当時の平方村周辺で講が結成されていたことになる(『上尾市史』第9巻)。

山門をくぐり、「モクコク」を右手に見て本堂に進むことになるが、古刹といわれるごとく、広い境内を擁している。開山は、川越の名刹連馨寺と同じ感誉上人といわれ、天文年中(1532-55)に再興されたと寺伝に記されている。
この感誉上人は、当時後北条氏の配下で川越城将であった大道寺氏の姪であり、各地で多くの寺院を建立しているが、平方村にも寓居し浄土の道場を開いたといわれる。これが馬蹄寺であるが、道場が開かれる以前から寺院が所在しているので、寺の創始は大変古いことになる(『新編武蔵風土記稿』)。

それにしても、馬蹄寺という寺名も大変珍しいものである。この寺名は、昔この辺りに住んでいた吾妻左衛門という人が、伯父の三輪庄司の菩提を弔うために「馬蹄庵」と号した草庵を建立するが、この名から付けられたという。この草庵では馬蹄観音を安んじているので、後に感誉上人が道場を開き寺院を再興してからも、馬を飼う近在の多くの人々から信仰されることになる(前掲書)。
同寺は江戸時代に将軍から15石の朱印状を受けているが、本尊は阿弥陀如来で寺内にはほかにも多くの仏像が安置されている。いずれも江戸時代の作であるが、中には江戸初期の作とみられる木造阿弥陀如来と脇侍像もある。古いものでは、正応元(1288)年銘の阿弥陀一尊種子(しゅじ)の石造物がある。
モクコクの下には、市指定文化財の鈴木荘丹俳諧歌碑もあり、ほかにも境内の石造仏など見るべきものの多い寺院である(『上尾市史』第9巻)。

◆馬蹄寺 : 上尾市平方2068 

馬蹄寺・参道・入口

馬蹄寺参道 《馬蹄寺参道》


文化14年の建立という歴史ある供養塔です。
馬蹄寺入口 庚申塔 《境内入口の地蔵尊》


馬蹄寺・境内

馬蹄寺鐘楼馬蹄寺山門 入口を入った境内のすぐ左手にある鐘楼と小ぶりな中門。


馬蹄寺本堂 古刹といわれるだけあってかなり立派な本堂でありながら比較的新しいようです。


本堂内 本尊の阿弥陀如来像ほか、仏像が安置されている本堂内。


馬蹄寺・文化財

馬蹄寺のモクコク

馬蹄寺のモクコク 馬蹄寺のモクコク 巨木の部類に入るのでしょう。
オドロオドロした枝振り、樹皮は古木に付き物の風格といえるものです。


『県指定天然記念物 馬蹄寺のモクコク 昭和7年3月31日
このモクコクの幹回りは約2.08メートル、樹高8メートルあり、県内でもこれだけの巨木はめずらしいといわれている。
つばき科の常緑高木で日本の南西部の山地に自生するほか、朝鮮半島南部・台湾・中国大陸・インドに分布し、大木ともなるが庭木としても用いられている。
材質は硬く紅色をなしていて床柱や細工物などに使われている。
開花期は6月から7月頃で白色の花をつける。樹齢650年頃と推定される。
昭和60年12月1日 埼玉県教育委員会・上尾市教育委員会・馬蹄寺』(現地案内板説明文より)

鈴木荘丹俳諧歌碑

鈴木荘丹俳諧歌碑 鈴木荘丹俳諧歌碑 モクコクの木の下にある小さな石碑が、その歌碑です。
隣には歌碑を示す石柱が立っていますが、石柱の方が立派なのですが…。


『上尾市指定有形文化財 鈴木荘丹俳諧歌碑 
上尾市大字平方2088番地 馬蹄寺 平成12年3月28日 指定
鈴木荘丹は享保17年(1732年)江戸の商家に生まれ、名は伊良、俳号は荘丹のほか、菜窓・荘郎・能静・石菖なども用いました。荘丹は、松尾芭蕉十哲の一人服部嵐雪を祖とする雪中庵三世の大島●太の高弟で、荘丹の著した書には「蕉翁句解参考」「嵐雪発句撮解」、宝井其角の俳諧注釈である「晋子発句撮解」などが有名です。荘丹は、晩年、鈴谷村(与野)に居を構え川田谷村(現桶川市)在住の門人菜英のもとに度々往来していましたが、ここ平方の俳友、呑江宅にも良く立ち寄っていたようです。文化12年(1815年)2月14日同宅で亡くなっています。享年84歳。墓は与野鈴谷(さいたま市)の妙行寺にあります。
鈴木荘丹俳諧歌碑は、ここ馬蹄寺で長らく所在不明でしたが、鐘楼付近で発見され、モクコク(県指定天然記念物)の樹下に置かれました。歌碑は、荘丹が死去する前年の文化11年に建立され、正面に歌が1首、側面に記念銘がそれぞれ刻まれています。
この歌碑は荘丹自筆と考えられ、平方における活動を示すものであり、歌題「安心」は、荘丹の信条で「俳諧に遊び、楽しむことも、衣食住をないがしろにしてはいけない」という意味です。江戸時代の上尾の文化を考える上で貴重な資料です。

(刻まれている文字)
(正面)
安心 俳諧の奥ハ 楽し支道奈れ登 踏堂可へ帝者到ら連ぬ 奈里
八十三叟 菜中人
(右側面)
文化十一年戉九月

平成13年6月30日 上尾市教育委員会』(現地案内板説明文より)

荘丹の俳諧歌の信条は「安心」と「老后の楽」で、これは前者の“生活の安定の上に俳諧を楽しむという”教えを門人へ伝えたものだそうで、 随分堅実的な人だったのですね。
因みにこの歌碑は亡くなる前年に建立されたものだそうです。

紙本着色釈迦三尊像図

紙本着色釈迦三尊像図 本堂の左前には紙本着色釈迦三尊像図の説明があります。


『上尾市指定有形文化財(絵画) 紙本着色釈迦三尊像図
上尾市大字平方2088番地 馬蹄寺 昭和40年3月1日指定
この釈迦三尊像図は釈迦如来と脇侍である文殊菩薩・普賢菩薩を中心にし、十六善神を描いたものです。このことから、「釈迦十六善神図」とも、「十六善神図」とも呼ばれています。十六善神は大般若経及びその誦持者を守護する護法の神々で、大般若経600巻を転読する法要である大般若会の時には、この十六善神を掛けることが習慣とされています。
この図の中心に描かれている釈迦如来は、仏教の開祖で生老病死の四苦を脱するため苦行し菩提樹下に悟りを開きました。親しみをこめて「お釈迦様」と呼ばれています。また、釈迦如来の右脇侍は文殊菩薩で知恵を司る菩薩とされ、左脇時は普賢菩薩で慈悲を司る菩薩とされています。このように釈迦如来を中尊に文殊菩薩、普賢菩薩を両脇字としている三体一組の絵柄を三尊像図と呼びます。この図の三尊は金色に描かれ、釈迦如来の頭上には天蓋、背後のは光輪が輝き、文殊菩薩は青色の獅子に、普賢菩薩は白色の象に座っています。三尊を囲むように左右に八神ずつ計十六善神が、さらにその下に四神が並んでいます。作者は明らかではありませんが、室町時代のものと推定されています。このような図は、市内においてはここ馬蹄寺に所蔵されているものだけで、図柄が鮮明で絵画的にも優れた貴重な仏画といえます。
平成14年12月20日 上尾市教育委員会』(現地案内板説明文より)

写真は案内板に掲示されていた写真ですので、実物はもっと美しいのでしょう。

馬蹄寺・境内点描

六地蔵尊 馬頭観音 石塔群 《左から六地蔵、馬頭観音、古そうな石塔群》

2010.8.10記
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks