上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川の舟運で栄えた面影を残す町並み

概要

壱丁目から県道川越・上尾線を平方へ向かう。壱丁目は江戸時代の壱丁目村で埼玉県域でも珍しい大都市の町並みを思わせる地名である。
地名の由来は種種の説があるが今ひとつ定かではない。ただ小字に「宿次」という地名があり「昔松山ヨリノ馬次アリシ所ト言」と古書にも記されているので、脇往還の馬継ぎ場から生じた地名とも見られる。壱丁目村は、古くは岩付(槻)・松山間の街道村であったことになる。
地頭方の交差点を過ぎ400m歩くと、右手に一際大きな地蔵尊を見ることが出来る。台座を見ると元文3年の建立で、多くの施主や願主の名の中に、江戸商人や地元の「柳田儀左衛門・地野長太夫」の名も読み取れる。正面の台座には「足立郡上野村」と刻まれているので、この辺りは江戸時代に上野村と称されたことが判る。
地蔵尊を過ぎると県道は右側に分岐するが、左側の旧道を進む。上野の交差点を通り300m進むと、道は下り坂となる。この辺りは上野村の小字「石井戸」で、明治の初めには平方村の境に「石井戸橋」があると記されている。坂道を降りきった所に民家の垣根沿いに小排水路が見られるが、道路にはかつての橋の面影は全く見られない。「石井戸橋」を渡って平方村に入ることになるが、この辺りの明治初年の小字は上野村と同じく「石井戸」である。

平方村は石井戸橋から荒川まで約1.2kmで、かつて江戸と結ぶ舟運の河岸場町として栄えた面影を残す家並みが続いている。石井戸橋から500mも歩くと、桶川新道の交差点となる。交差点を渡り旧道を進むと、右手に馬蹄寺の山門が見える。平方の古地名の一つである「三輪(箕輪)」はこの馬蹄寺にちなんだものである。それから200m余り歩くと交差点の右手角に橘神社が見えてくる。この神社は元は氷川社で、平方の古地名「橘里」から明治以降に付された新しい社名である。交差点を左折する道路は貝塚村(現・西貝塚)に達する道路であるが、この付近の家並みの小字は「横町」である。
橘神社から150m余りも歩くと、左手に森が見えてくる。ここが八枝神社で、元は天王社と称され「どろいんきょ」の祭礼で知られている。神社の向かいには神山家の重厚なレンガ造りの建物があり、それらを見ながら荒川端に到着することになる。
(元埼玉県立博物館長・黒須茂)-「公報あげお」より引用-

川越道を平方河岸へ歩く

県道川越・上尾線は、文字通り上尾市と川越市を結ぶ県道51号線で、川越市の松江町交差点を起点にし、終点は国道17号線と交差する愛宕交差点です。
今回はこの県道川越・上尾線を愛宕交差点から遡ることになります。

多少長閑な風景になりつつあるところが「壱丁目」です。
1丁目バス停
「壱丁目」が大きな町であれば「上尾市壱丁目一丁目…番…号」などという地番が存在するのでしょうが、残念ながらそこまでの規模は無いのです。

バス停は「一丁目」になっていますが、地番表記では確かに「壱丁目」となっています。
壱丁目地番表示


「壱丁目」から少し進んだところが「地頭方」の交差点です。
地頭方交差点 地頭方交差点
恐らく由来のある地名なのでしょうが、良く分かりませんね。

その「地頭方」の交差点を進むと右側に地蔵尊があり、記載されている通り結構大きな地蔵尊なので、見逃すことはないでしょう。
地蔵尊


「元文3年」と「柳田儀左衛門・地野長太夫」は読み取ることができますが、「足立郡上野村」は良く分かりませんでした。
地蔵尊 地蔵尊


とはいうものの元文3年は1738年で、江戸幕府では暴れん坊の吉宗のころですから、読み取りにくいのも当然でしょうが、歴史ある地蔵尊ということにもなるようです。

地蔵尊から旧道を進むと“上野”の交差点となります。
上野交差点


そしてその先を少し進むと下り坂になっているのが見て取れます。
下り坂 この辺りが上野村石井戸なのでしょう。


坂を下りきったところがこのあたりですが、確かに「石井戸橋」があったという痕跡は全くといって無い!
石井戸橋 まあ、そういうところだったと記憶しておきましょう。


ここから平方村を進み桶川新道の交差点に達します。
平方交差点 ちょうど対向車に注意の標識の先に見える細い道が旧道です。


そしてその旧道を進むと右側に「馬蹄寺」です。
旧道脇に寺号標が建てられていて、その参道の先に山門があるようです。
馬蹄寺


昔、このあたりに住んでいた吾妻左衛門という人が、伯父の三輪庄司の菩提を弔うために「馬蹄庵」と号した草庵を建立したのが、「馬蹄寺」の始まりといわれていて、地名の三輪はその三輪家から付けられたものなのでしょう。

更に先に進むと上尾橘高校入口の交差点の角に「橘神社」があります。
上尾橘高校入口交差点 橘神社


「橘神社」も歴史ある神社なので巨木などが残っています。

直進が旧道で、右折すると上尾橘高校があります。恐らく上尾橘高校は「橘里」の古地名から神社と同じように付けられたのでしょうね。
そして左折する道路が貝塚村への道路ですが、特に変哲も無い道路です・・・。
貝塚村方面 この風景から横町というイメージはもう無いようです。


「橘神社」先の左側に「八枝神社」があります。
八枝神社


この「八枝神社」もまた巨木の樹木が印象的ですが、何をおいてもやはり「平方のどろいんきょ」でしょう。
ちょうど1ヶ月ほど前見ましたが一見の価値のある奇祭でした。

そんな思い出を懐かしむように旧道を進むと、「どろいんきょ」の行なわれた場所がひっそりと静まり返っています。
どろいんきょ場 どろいんきょ場
何となく祭りのあとの寂しさを味わっているかのようです。

更に先に進むと「神山家の煉瓦造りの塀」を見ることができます。
神山家煉瓦塀


この辺りが一番昔を残しているのでしょう、名家が残っているのがその河岸場町の何よりの証なのかもしれません。

その先は荒川で、「どろいんきょ」で渡御したところです。
荒川端


ここも祭りのあとの静けさ、といった風情です。遠くに関平橋が見えますが、近くに寄ればやはりそれは無機質な建造物でした。
荒川端と関平橋 関平橋


市場の「原市」、宿場の「上尾」、そして河岸の「平方」という江戸時代からの町並みを実感しましたが、いくつかの名家が残っているといったところが、かつての繁栄を彷彿とさせるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。