はじめに

約5ヶ月ぶりのいわき散策です。
あの大震災の丁度1週間前に散策をしてから、すでに5ヶ月が経過していることを思うと、やはり時の過ぎるのは早いものだと改めて知らされます。
未曾有の東日本大震災で、未だに復旧できずにいるところも多いようです。また、福島県においては原発という2次災害で更なる被害が拡大しています。
そのような状況下で、いわき市湯本に在住していた家族は3月の震災後すぐに、埼玉県の自宅に避難しておりました。それから5ヶ月間、住居周辺の状況確認及び住居内の整理などで、数回いわき市を訪れておりましたが、時間的にもメンタル的にも特に散策するような状況ではなく、すっかり「いわき散策」から遠のいてしまいました。
特に震災後初めて訪れたときと、その後に大きな余震のあった後は、箪笥や仏壇などなどあらゆるものが倒れており、家族がかすり傷1つ負わなかったことは奇跡に近いとも思えたくらいでした。

その後、全く地震がおさまったわけではないのですが、やはりふる里は忘れがたきもののようで8月22日、23日の土日に一旦家族はいわき市に戻ることとなりました。
今回は1泊で住居の整理や準備を行うので時間的にも余裕もあり、街も多少落ち着き始めた様子でもあることから、久しぶりに散策を再開することにしました。
とは言いながらも、以前のような時間をかけた散策もできませんので、まずはいわき市をサクッと眺める散策です。

そこで今回のテーマは…、思いつかないのでいつも眺めさせてもらっている「【いわき百景】~未来へ贈る誇りの情景」を散見していたら「いわき七福神」というのがあったので、季節的には全く違いますが、こんな時でもあるし、またいわき市の北から南まで分布しているということもあるので、お参りがてらの散策ということになりました。
「いわき七福神」の中には以前訪れた寺院もありますが、七福神という括りではなかったので、また新しい出会いがあるかもしれません。
時間的には半日程度ですが、久し振りのいわき散策です。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks