はじめに

「八坂神社大神輿」はジャンルBで3,389票を獲得して第17位にランクされました。

『八坂神社は1624(元和9)年に創建された。史実によると、慶長の大洪水のときに、鯉と亀に囲まれて神輿が流されてきたとされる。この神輿を村民が大切に保管するため神社として祭ったという。
現在、7月第3土・日曜日に行われる天王様の神輿は江戸時代末期に作られた。
「関東三大神輿」の一つといわれ、、重さは「栗橋小唄」の中で「千貫(約3.7t)」と唄われている。
「オイヤサ、オイヤサ」の掛け声とともに町を練り歩く姿はまさに勇壮。
1999(平成11)年も県内外から約3万人が訪れた。』(本書の説明より)

ちょうど梅雨も明けた2010年7月17,18日の両日、栗橋で〝くりはし夏祭り〟が開催されました。
先週は春日部の夏祭りんもあり、まさに7,8月は祭り本番といったところで、各地で夏祭りが開催されています。
埼玉100選で栗橋はこの「八坂神社大神輿」を含めて、「 定福院の羅漢と石仏 」「 くりはし八福神 」と3つがランキングされています。
定福院の羅漢と石仏 】【 くりはし八福神 】は昨年の1月10日、新年の気分の残る中、縁起をかついで訪れました。したがって今回は2度目の散策となるのです。
しかし前回と今回は大きな違いがあるのです。
今年2010年3月に平成の大合併の締めくくりとして、久喜市、栗橋町、菖蒲町、鷲宮町の1市3町が合併し、久喜市となったのでした。
菖蒲町も鷲宮町も訪れたことがあるので、それなりに感慨深いものがあり、そして今、北葛飾郡栗橋町も久喜市栗橋(代表的な町名)…となったのです。

さて、今回訪れたのは梅雨明け宣言が出された前日の7月17日土曜日です。祭りは17,18日の2日間行われるのですが、夕方から夜にかけてですので翌日のことを考えて17日に決めたのでした。
最近は疲れが抜けにくいため、極力日曜日は休養日に当てるというジジ臭い(って、近いだろうが…)習慣が身についてしまっています。
栗橋方面は鉄道では大変便が悪いので、今回も車で訪れることにしました。最近は当初の〝健康の為、極力鉄道で〟を全く無視している傾向があります。もう一度本来の目的を見直さなければなならない時期なのでしょう、と口ではいうものの、きっとこれからも車で行くと思います。特に夏や冬の時期は。
栗橋も非常に近い場所なので、PM3:30頃自宅を出発します。特に混雑も無くPM4:30前には到着です。
先週の春日部夏祭りの余韻の残る中、今日の〝くりはし夏祭り〟も非常に楽しみです。

マップ久喜市オフィシャルサイト】 http://www.city.kuki.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks