江戸、明治、そして現代に受け継がれた技術

概要

「瓦葺伏越」は見沼代用水の歴史でもあります。
見沼代用水とは、江戸時代の1728年(享保13年)に幕府の役人であった井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために、武蔵国に普請した灌漑農業用水のことで、名前の通り、灌漑用溜池であった見沼溜井の代替用水路でした。流路は、現在の埼玉県行田市付近の利根川より取水され、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路は埼玉県さいたま市南区までの埼玉県の8市6町を流下し、埼玉県をほぼ南北に横断している用水路です。詳しくは以前訪れた【見沼田んぼと見沼通船堀】を参照してください。
そして、この見沼代用水工事の難所が、他の川との交差でした。見沼代用水の交差する川は、柴山(現在の南埼玉郡白岡町)の元荒川と、ここ瓦葺の綾瀬川の2ヶ所でした。その歴史を伝えるのがこの「瓦葺伏越」なのです。

掛樋井史跡公園

掛樋井史跡公園 掛樋井史跡公園 小さな公園ですが、この遺構を残す貴重な公園です。

掛樋井史跡公園 モニュメント 掛樋井史跡公園 モニュメント 中央に当時の模様の絵図のモニュメントが設置されています。

見沼代用水瓦葺掛樋跡
見沼代用水は、享保13(1728)年に開削された農業用水です。この用水路の総延長は84Kmで、途中に他の川との交差があります。このようなところでは、川に下を潜る「伏越」や川の上を樋で渡す「掛樋」によって水を通しました。
瓦葺掛樋は、綾瀬川を木製の大きな樋で渡したもので、その後明治41年にレンガと鉄による丈夫な樋うに改造されました。現在の用水は、川の下を潜る方法に変わっていますが、昔、掛樋の一部として使用していたレンガ製翼壁などが、今も残っています。
平成元年2月 上尾市教育委員会
(現地モニュメント説明文より)

「伏越」と「掛樋」の2通りの方法にも一長一短があり、「伏越」は自然災害(洪水など)を受けにくく丈夫であるが、当時の技術では管理が困難(見えないことから)であり、更に通船は不可能でした。一方の「掛樋」は、管理も容易で通船も可能でしたが、自然災害には弱い一面がありました。
当時の検討から、ここ瓦葺では「掛樋」が選択されましたが、享保15年(1730)には早くも洪水によって崩壊しており、モニュメントでも判るように木製の橋脚ですから構造的にも脆弱なのは明白です。
この時の復旧では、「掛樋」の水路幅を極力狭くし、この後の架け替えも頻繁に行われたそうです。頻繁に起こる災害で、当時「伏越」も検討されたようですが、地元民の反対により実施されなかったそうです。

そして瓦葺掛樋が初めて架けられてから約180年後の明治41年(1908)に、やっと近代的な建築材料(鉄製の樋とレンガ造りの橋脚・橋台)を使って改築されたのでした。
この遺構が現在この公園に残されているのです。

立地的には綾瀬川を境に見沼代用水の上流が現在の蓮田市で、下流側が上尾市となります。
上尾市側の公園から見た「掛樋」遺構です。

掛樋井史跡公園 水路遺構 公園内の旧水路(見沼代用水)の側壁部分の遺構。

掛樋井史跡公園 橋台、翼壁 下流(上尾市側)と上流(蓮田市側)の橋台・翼壁。

掛樋井史跡公園 樋の固定跡 掛樋井史跡公園 樋の固定跡 下流(上尾市側)の樋の固定跡。

当時の写真がこちらです。
瓦葺き掛樋 《写真:(C)Ageonism 埼玉県・上尾様》
ちょうど現在の右側の橋である「立会橋」と並行しているイメージです。

上流側 橋台、翼壁 上流(蓮田市側)からの橋台・翼壁。

上流側 旧水路 上流(蓮田市側)の樋の固定跡も残っているようです。

このような近代建築材料の「掛樋」でしたが、明治43年の洪水では橋台の一部が倒壊したそうです。

緑のヘルシーロード 記念碑 これらの歴史が上流(蓮田市側)の「緑のヘルシーロード」の側に石碑として建立されています。

2つの記念碑が建立されています。記念碑

右の石碑は明治43年に建立された「改修懸樋碑記」で、レンガ掛樋の竣工を記念したものだそうです。
工事の起工が明治40年4月で、竣工が明治41年3月、総レンガ数25万個と記載されています。
左の石碑は大正5年の建立された「懸樋修繕碑記」で、明治43年の洪水で倒壊した掛樋の修復を記念したものだそうです。

こうして1960(昭和35)年までの230年以上も利用されてきた「瓦葺掛樋」も、「伏越」として改修され役目を終わりました。

瓦葺伏越

現在の「瓦葺伏越」は、水資源開発公団による利根導水路計画の合口1期事業(昭和43年(1968)完了)と合口2期事業(1995年完了)によって建設・改築されたそうです。

記念碑 この事業に関しても先ほどの石碑の隣に石碑が建立されています。

埼玉合口2期事業 見沼代用水路東西竣功記念碑 埼玉県知事 畑和 書
碑文
見沼代用水路は、徳川8代将軍吉宗の新田開発の命により、享保12年(1727)見沼溜井を干拓しこれに代わるものとして水源を利根川に求め、行田市大字須加地先に取水口を設け長大な水路が開削され、以来260有余年に亘り、埼玉県行田市他18市6町2村及び東京都足立区の沃野に潤沢な農業用水を灌いできた。
然るに、昭和30年前後より日本経済のめまぐるしい進展が首都圏に都市用水需要の増大をもたらし、これと相俟って東京オリンピックの開催により水資源の開発が急務となった。これに対応するため、埼玉合口1期事業として昭和42年利根大堰が建設され、農業用水取水口を統合し、埼玉県及び東京都への都市用水の供給を可能ならしめた。
その後も経済発展は持続し県南地域の都市化は農地の潰廃を早め、農業用水を都市用水に転用する機運が急速に高まった。
一方これに係る施設及び用水路は、老朽化と機能低下が著しく営農上支障を来たし、これを踏まえ組合員27000余名の深い理解と同意を得、水利用の合理化と、安定供給を目的とし埼玉合口2期事業計画が樹立され、昭和53年度より着工の運びとなった。
なお、利根大堰より大宮市東宮下地内大宮第2調節堰及び浦和市上木崎地内正樹院橋上流地点までは、水資源開発公団が施行し、同地点より東西縁下流川口市内に至る区間は、埼玉県直轄工事として、県営及び団体営かんがい排水事業、県単見沼下流農業用水合理化事業にて実施した。この間幾多の艱難辛苦を克服し、先人が築いた偉業とその意を体し、近代技術の粋を集め昭和63年度をもって歴史と伝統を誇る用水路の竣功の喜びを見るに至った。
本事業実施に際し、国・県・東京都・関係市町村の御指導御援助と、組合員各位の深い理解とご協力に対し深甚より感謝の意を表し、本事業の使命達成はもとより沿線住民の安らぎと憩いの場として活用されんことを祈念し茲に概要の一端を刻す。
平成元年3月吉日 撰文 見沼土地改良区理事長 渡辺一郎

事業概要
水資源開発公団営事業
総事業費:524億円、基幹線水路31.7km、東縁用水路6.2km、西縁用水路10.6km
県営かんがい排水事業
総事業費:16億5500万円、東縁用水路3.2km、西縁用水路6.0km
団体営かんがい排水事業
総事業費:21億100万円、東縁用水路7.0km、西縁用水路3.5km
見沼下流農業用水合理化事業
総事業費:37億500万円、東縁用水路9.7km、西縁用水路1.3km
(現地石碑碑文より)

瓦葺伏越 衛星写真 現在の「瓦葺伏越」をグーグルアースで表すとこのようになります。

見沼代用水 上流 見沼代用水 上流 上流(蓮田市)側の見沼代用水路です。

瓦葺伏越水門 瓦葺伏越水門 蓮田市側に一番下流域にある「瓦葺伏越水門」です。水量の調節やゴミ清掃などの役割を担っています。

瓦葺伏越水門 水門には、左側に「東縁用水路」、右側に「西縁用水路」と記載されています。ちょうどこの水門からが東西縁用水路の分水工なのです。

瓦葺伏越水門 分流工 反対の下流側からみた水門です。左が西縁用水路で、右が東縁用水路となっており、ここでははっきり東西に水路が分かれています。

代用水路と放流工 江戸時代の「掛樋」の頃から洪水の際は、「掛樋」に水が流れないよう「逃樋」といいものがあったそうですが、現在でもこの「伏越」を通過する手前にこの「逃樋」と同じ目的の水路が左側にあります。
それが放流工のようです。

放流工 この左側の放流工は東縁用水路よりも更に内側を通り綾瀬川に放流されるようになっており、この様に管理用として一部露出しています。

瓦葺伏越 そして見沼代用水にもどって、このフェンスから先が文字通り「伏越」、地下用水路となるのです。

上流から見た瓦葺伏越 綾瀬川を越えた先の小高い丘の上のフェンスのあるところが、下流(上尾市)側の「伏越」で、この下が「伏越」です。

下流から見た瓦葺伏越 下流(上尾市)側からみた「伏越」です。

下流部分の瓦葺伏越 瓦葺伏越銘板 そして「伏越」はここから地上に再び上がります。左側が西縁用水路で、右側が東縁用水路です。

上流サイドから見た東西縁用水路 「伏越」出口から見た用水路で、上流方向から見ていますので、左側が東縁用水路で、右側が西縁用水路となります。

上流サイドから見た東西縁用水路 下流サイドから見た東西縁用水路 左の写真が上流から見た分岐路で、右の写真が下流から見た分岐路です。

東縁用水路 西縁用水路 東縁用水路はほぼ90度をゆっくりとカーブして行き、西縁用水路はこのまま直進して行きます。

こうしてここで東西に用水路が分岐したのですが、この後、この東西の用水路に挟まれたエリアが、嘗ての「見沼溜井」なのです。
現在はこの見沼代用水沿いに「緑のヘルシーロード」として、行田市から川口市までの自転車歩行者専用道路となっていますが、このあたりは例外で自動車も通れるようです。

こうして現在でも見沼代用水と様々な堰、掛樋、伏越など、水路は江戸時代からの高度な技術が色づいているのです。

2011.02.26記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks