室町時代創設の京都・仁和寺の末寺

概要

かつては上尾駅東口を出ると、そびえ立つ遍照院本堂の大屋根が望見できたが、ビルが林立する現在は垣間見ることもできない。それでも駅から5分ほど歩くと、周囲を圧するような大屋根が姿を見せてくれる。
上町一丁目に所在する遍照院は、江戸時代には寺領20石の朱印地を与えられた大寺である。市内には幕府から御朱印を与えられた寺院は多いが、20石は最高の石高である。同寺は真言宗智山派の寺院で日常山秀善寺と号するが、『新編武蔵風土記稿』によると、京都御室の仁和寺の末寺となっている。同書によると、開山の阿順法印は応永9(1402)年に没しているので、既に室町時代の初めには創設されていたことになる。ところで同書には建治・応安・永享・文明などの古碑があると記されているが、「建治」の年号は鎌倉時代末期のものなので、同寺の創設はもう少し古い時代に関係するとも考えられる。
現在これらの古碑は確認することができないが、それでも宝篋印塔の中には「康応元年」(1389)の年号も読み取ることができ、南北朝時代に何らかの関係があったことをうかがわせる(『上尾市史』第9巻)。
天保9(1838)年の村絵図では、同寺は広大な境内地を持ち、参道は旧中山道から山門に直進する形で描かれている。旧中山道には家並みが記されているが、この辺りは上尾宿と上尾村の地が、牙のように交互に入り組んでおり、遍照院は上尾村分である。文政11(1828)年の記録によると、上尾村分には 42軒の商家・旅籠屋などが見られるが、遍照院門前にも多くの商家があり、中には当時から現在なお営業している豆腐店などもある(『上尾市史』第3巻)。
遍照院の本尊は不動明王で江戸時代の作であるが、木造毘沙門天立像の制作年は古く鎌倉時代末から南北朝期と推定される。この像の厨子扉内側にある朱字銘には、「岩槻城主大岡越前守忠正公守本尊」とあり、由緒のある立像であることを伝えている(『上尾市史』第9 巻)。
墓地の中央最北端には歴代住職の墓石が並ぶが、その近くに市指定文化財(史跡)の山崎武平治碩茂の墓がある。その対面には上尾宿本陣を勤めた林家の墓所があり、これは「寛永」の年号も見られる市内では古い墓石群である。また近くには「孝女お玉の墓」もあり、旧中山道の宿場でにぎわった往時の一面ものぞかせてくれる。
(上尾市オフィシャルサイトより)

◆遍照院:上尾市上町1-6-6

旧中仙道・参道

旧中仙道 旧中仙道 現在の旧中仙道は江戸時代の雰囲気を残すものは皆無のようです。
概要にある「豆腐店」もさすがに現時点では無い様(少なくても旧中仙道沿いには無かった)です。

旧中仙道 旧中仙道のこの交差点を右折した道が参道です。

新参道そして旧中仙道から山門、更に本堂が見えます。
しかしながらこの参道は、遍照院の参道ではなく単なる上尾市の市道なのだそうです。

元々の参道は概要にもあるとおり、旧中仙道から当然山門や本堂が見える位置にあったのですが、1960年代になってJR高崎線を越える踏切と直線で結ぶ市道が整備され(これが現在の市道)たことにより、旧参道に沿って住宅が立ち並んだため、参道は細い路地を残すのみとなり、旧中仙道から遍照院は見えなくなったのです。

旧参道 旧参道 その名残の路地がこれでしょうか。現在でも若干屋根が辛うじて見えるようです。

しかし、その後遍照院本堂の老朽化が激しくなったことから、2000年に本堂の調査が始まり、地震による倒壊の恐れがあるとして2001年委員会を組織して本堂・客殿などの新築整備に掛かったそうです。

新参道と山門 そして本堂などの老朽化建造物の再建にあたり、本堂と山門の位置をずらし、市道と山門・本堂を結ぶ計画となり、2005年の工事着工から丸3年の2008年に再建が完了し、現在のように市道(新参道)によって旧中仙道から遍照院が見えるようになったそうです。

伽藍

山門 文化財標柱 山門。左にある標柱は文化財「山崎武平治碩茂の墓」と刻まれています。

鐘楼 薬師堂 参道の左右に鐘楼と薬師堂。

参道と本堂 本堂 正面の堂々たる本堂。

十一面千手観音木坐像 本尊は「大聖不動明王」なのですが、「十一面千手観音木坐像」が祀られていてかなりの迫力です。

「大仏師・松本明慶 作」とあり、松本明慶とは京都市生まれで大仏師の称号を持つ京都仏像彫刻家協会会長なのだそうです。
現代の最高峰の仏師の一人で、37cmの千手観音がおよそ380万円だそうなので(Yahoo知恵袋より)、その界の大家であることが窺われます。

文化財

山崎武平治碩茂の墓 山崎武平治碩茂の墓。累代・一族の墓碑群ともいえる墓地。

上尾市指定有形文化財(史跡) 山崎武平治碩茂の墓
上尾市上町1-6-6 昭和34年1月1日指定
山崎碩茂(通称は武平治)は、当時高名な学僧の雲室上人を上尾に招いて「聚正義塾」の開設に尽力し、雲室が上尾宿を去ってからは、同塾を主宰した人物である。 氷川鍬神社北隣で旅籠屋を営む山崎家は、代々「武平治・武右衛門」を称しているが、碩茂は4代目である。文政6年(1823年)の上尾宿人別帳によると、同家の所有地は1町7反2畝歩(約1.7ヘクタール)で、宿内では比較的多い方に属する。碩茂は漢学者の石井永貞の門人で、入門の経緯は明らかでないが、ただ永貞の従弟に上尾宿の山崎仙右衛門がおり、度々永貞は上尾宿に来遊しているので、仙右衛門の紹介で入門したとも考えられる。
聚正義塾の開設は、天明7年(1787年)7月に藤沢(藤沢市)で水害に遭った雲室を永貞が見舞い、江戸へ帰る道すがら上尾の話をしたのが端緒とされる。
その後、雲室は江戸の永貞宅で上尾宿の仙右衛門に会い、上尾宿に行くことを約束している。雲室が上尾に来遊したのは天明8年(1788年)の春のことで、このとき碩茂は学塾の開設を請願したのである。上尾宿に開いた郷学(一郷の人が学べる場所)のこの学舎は「二賢堂」と称し、氷川鍬神社に「上尾郷二賢堂碑記」等が残っている。
碩茂は文政9年(1826年)5月20日、63歳で没し、遍照院の山崎家墓所にある墓石の正面に「自然院三徳碩茂覚居士」と戒名が、側面には「名月やひとつに帰る人心 山碩茂」と辞世の句が刻まれている。
平成16年12月1日 上尾市教育委員会
(現地案内板説明文より)

氷川鍬神社】には「上尾郷ニ賢堂跡碑」と山崎武右衛門が奉納した手水鉢が残されています。

境内点描

聖観世音菩薩尊像 聖観世音菩薩尊像

新編武蔵風土記には嘗て観音菩薩像があったと記されているのだそうですが、現在遍照院にはそれを証明するものが残っていないため建立された菩薩像だそうです。

遊女お玉の墓 遊女お玉の墓

越後の貧農の子であるお玉は、家を助けるため11歳で身を売り文政3(1820)年、上尾宿の飯盛旅籠の大村楼に入ったのです。その後、宿場で評判の遊女となったお玉は、19歳の時に参勤交代で上尾宿を訪れた加賀前田家の小姓に見初められ江戸行きとなりました。
江戸で暮らすこと2年ばかりで悪病を患い上尾に戻されました。病身のお玉ですが、生家を支えるため懸命に働き続けるのですが、その労苦は報われることも無く、25歳の若さで亡くなりました。大村楼の主人は孝行なお玉の死を悼み哀れんで、遍照院に墓を建てて篤く弔ったのでした。
この墓が、この遍照院の墓なのですが、江戸時代の殆どの遊女が死ねば無縁仏となって小さな石塔に名が刻まれるくらいの扱いが一般的であるのに比べて、一遊女のために「廊室妙顔信女」という戒名が付けられ、立派な墓が建てられることは稀有なことで、お玉の人柄が偲ばれる墓所なのです。

六地蔵 石仏群 六地蔵と石仏群

2011.3.8記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks