はじめに

「長瀞と岩畳」はジャンルAで得票数13,933票を獲得して第2位にランクされています。

年間200万人以上の観光客が訪れる本県の代表的な観光地・長瀞。町内を流れる荒川の親鼻橋から高砂橋までの約4kmは急流が瀞をなし、四季折々の渓谷美が素晴らしい。
長瀞のシンボルは河岸段丘の一種「岩畳」と対岸の「秩父赤壁」。さまざまな結晶片岩が露出し、「日本地質学発祥の地」ともいわれる。
山頂に展望台やロウバイ園などのある宝登山も観光スポットの一つ。町内に点在する7つの寺でつくる「長瀞七草寺」は、秋の七草のシーズンになると、多くの観光客でにぎわう。
(「埼玉ふるさと自慢100選」より)

長瀞といえば埼玉県でも古くからの観光地。
昔からその奇怪な自然が織り成す景観が珍しく、単なる観光のみならず教育的な観点からも評価されている観光地です。私も実は小学校のときの(確か4年生ではなかったかと記憶するのですが…)遠足で訪れています。
残念ながらというか、当然ながらというかは別として、当時の記憶はほとんどありません。しいて挙げるなら、長瀞には川があって、帰りのお土産に「ろう石」を買ってきたことくらいしか覚えていない有様です。
「ろう石」といえば随分と懐かしい響きですが、当時の子供の必需品でアスファルトの道路やブロック塀などに落書きをするにはもってこいのアイテムでした。
恐らく遠足に行ったほとんどの子供が大なり小なり「ろう石」をお土産に買っていたのは間違いないでしょう。

そのような曖昧な記憶しかない古の思い出を訪ねて(といってもきっと思い出せないであろうことは明白ですが…)40数年ぶりに長瀞を訪れることとなりました。
秩父方面は鉄道の便が余りよくないので、今回も車で向かいます。ルートはいつもの通り東松山ICから関越道で花園ICを降りて国道140号線を走るお馴染みのルートです。
そういえば先日圏央道の桶川北ICが3月末に開通とあり、今後圏央道を利用すると時間的には短縮できることとなるのですが、関越道は東松山IC以南は大都市圏になるので、単に土日1000円でいけなくなるのは迷うところです。
当初は2月13日の土曜日を予定したのですが天気予報は曇りのち雨、そして秩父地方は曇りのち雪。かなり寒いのを我慢しなければならない行程が予想できることから、天気予報では晴れのち曇りの2月14日、日曜日に変更しました。
凶と出るか吉と出るかは運次第でしたが、2月13日はさいたま市方面では雨で気温が上がらず寒い一日でしたが、2月14日は見事に朝から晴れわたった好天気となりました。

朝7:30過ぎに自宅を出てまずは関越自動車道・東松山ICを目指し北本市から吉見町を通りますが、昨日との寒暖の差で一面ものすごい霧に包まれました。2台先の車が見えないほどの濃霧で北本市から吉見町に向かう荒井橋は正に天空の橋の様な有様に恐怖心を感じながらも、ちょっとした絶景に感動しましたが、写真が取れなかったのが残念でした。
そして、関越道からは霧も晴れ好天の中を順調に進み、AM9:00過ぎには早くも長瀞に到着しました。

長瀞町オフィシャルサイト】 http://www.town.nagatoro.saitama.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks