-「公報あげお」より引用-

昭和初期の上尾町の名所

概要

概要

市役所の正面玄関を出て県道「上尾・蓮田線」を東上すると、すぐに信号のある交差点となる。やや変則的な五差路の交差点であるが、一方通行の北方向への道路へ左折する。三十メートルほど歩くと、右側に小さな神社への入口がある。社殿は入口から五十メートルほど奥にあり、社前に奥隅氏献納の石燈龍が据えられている。この境内地付近は、昭和の初めころは、「上尾町の名所」の一つで、「八幡公園と乃木神社」と称された地である。当時の「上尾みやげ」と記された絵はがきを見ると、「稲荷神社・八幡神社・乃木神社」と刻まれた標柱が見え、石造の大鳥居の奥に社殿のある広壮な境内地となっている。地元の古老の話によると、かつてこの辺りには山林があり、小さな池もある景勝の地であったという。現在小さな神社の周辺は密集した住宅地になっており、残念ながら絵はがきに措かれた景勝の面影を見ることはできない(『上尾・桶川・北本・鴻巣の一〇〇年』)。

元の交差点に戻り、再び県道を東上する。この辺りは、かつて上尾宿の小字「願戸」であるが、「根貝戸」の文字も使われており、現在団地名などにもこの名称が用いられている。三百五十メートルも歩くと芝川との交点となるが、この橋が「道三橋」である。芝川に沿ってかつては水田地帯が広がっていたが、現在は住宅地となりその姿を見ることはできない。「道三橋」から芝川を遡上すると、「岡橋」「矢岳橋」に出会うことになる。ところでこの「矢岳橋」は古い記録にはなく、明治初年の記録では、「矢島橋」と記されている。地元の古老に聞いても「矢島橋」と称する人もいるので、「矢岳橋」は後年に付された橋名ということになる『武蔵国郡村誌』)。

「矢岳橋」の上流には「ひがし橋」があり、さらに上流のアツピーランドの北側の道路と芝川の交点には、「一本杉橋」が架けられている。この「一本杉」という名称は、上尾村の小字名で、「二ツ宮・片足・本村・吉田」などと同様である。「一本杉」は、やや忘れられている小字名であるが、橋名に名を留めていることになる(『新編武蔵風土記稿』)。

「一本杉橋」上流の「本町橋」で芝川と別れ、住宅地の中を四百メートルほど西下すると、古利である「大日堂」が見えてくる。境内入口では江戸期建立の二基の地蔵が、参詣者を笑顔で迎えてくれる。この境内地も見るべき石造碑が多いが、市役所からここまで約二キロメートルの行程である。
(元埼玉県立博物館長・黒須茂)-「公報あげお」より引用-

上尾村と芝川河畔を歩く

今回は上尾市役所からのスタートです。

上尾市役所 結構立派な庁舎なのです。

市役所のオブジェ エントランス付近には例によって殆ど意味の分らないオブジェがあります。

何となくどこかで見たようなものと同じような形をしていますが、いずれにしても説明が無ければ全く意味不明のオブジェです。
まあ、意味が分らないからオブジェ的な思考もありでしょうが、とりあえず私的にはこれらのオブジェを総称して「バブルの樹」と勝手に命名しています。
何処でもそうでしょうが、これらのオブジェはきっとバブル期の金余り状態の時の名残だと私は思っていることから「バブルの樹」と呼んでいるのです。だからといって要らないという考えでもありません。デメリットが無ければ更に造っていただいても結構なのですが、現実的に現在の不況下では殆ど優先順位が無いくらい低いでしょう。
オブジェはともかくとして、折角、上尾市役所前にいるのですから、改めて(というより初めて…)上尾市の概要を知っておきましょう。

上尾市は、首都東京から35kmの距離にあり、埼玉県の南東部に位置しています。東は伊奈町と蓮田市に、南はさいたま市に、西は川越市と川島町に、北は桶川市と隣接しています。
昭和30年1月1日、上尾町、平方町、原市町、大石村、上平村、大谷村の3町3村が合併して上尾町になり、3年後の昭和33年7月15日の市制施行で上尾市が誕生しました。当時、人口は約3万7,000人でしたが、地理的条件の良さに国の高度経済成長政策も加わり、田園都市から工業都市、そして住宅都市へと変ぼうしました。
平成20年に市制施行50周年を迎え、現在、人口は22万5,000人を超えています。上尾市では、「あなたに げんきを おくるまち あげお」をスローガンに、新たな時代に向けたまちづくりに取り組んでいます。
市役所の位置:北緯35度58分26秒・東経139度35分46秒
面積:45.55平方キロメートル、人口:227,214、男:113,574、女:113,640、世帯:92,529
平成23年4月1日現在
(上尾市オフィシャルサイトより)

市になってから50余年ということですか。私自身の年齢とほぼ一緒ですが、居住年は15年ですから私はまだまだ新参者でしょう…。
それにしても偶然とはいへ、人口の男女比がほぼ50:50というのは意外ですね。

15年居住していて殆ど記憶に残っていないのが市章です。
上尾市市章 上尾市の市章はこれです。昭和41年7月1日に制定されたものだそうです。

説明によれば、「上尾の「ア」の頭文字を鋭く描いて進展の象徴とし、円形は円満、団結を表現したものです」だそうです。
分らないこともないのですが、やはりこちらの方が意外とインパクトがあって印象深いです。

アッピー そう、「アッピー」君です。

愛称の意味
あげおの「ア」、上昇や向上を意味する「アップ」、さらに幸せの「ハッピー」を合わせた「アッピー」にという意味です。
イメージマークの意味
「Ageo」の頭文字「A」をモチーフとして、両手で大きな「マル」を描いて、市民相互の調和と触れ合いの輪がより大きく広がっていく願いを込めています。
青いラインとそれに囲まれた緑は、水と緑の豊かな上尾の自然を、笑顔の赤は希望に満ちた元気な市民とまちの活力を表します。そして人も自然もまちも、上尾のすべてが未来に向けて限りなく快適で元気に発展していくことをイメージしており、上尾市のステートメント「あなたに げんきを おくるまち」に合致するものです。
(上尾市オフィシャルサイトより)

最初に見たときは「いやはや…」と思ったマークでしたが、見慣れてくると不思議なもので愛着が湧いて来るというか、何とも印象深いマークにネーミングです。
市境の看板に市章ではなくイメージマークをつけている市町村も珍しいかもしれません。

そしてもう一つ意外なのが、市の花が「つつじ」であることです。良し悪しではなく市内にツツジの名所とかがないのが寂しいですが…。
長くなりついでに、最後はやはり上尾市の歴史に触れておかなければならないでしょう。

上尾の歴史について(概観)
原始・古代
上尾の歴史は市内にある400カ所以上の遺跡から約2万年前の旧石器時代(先土器時代)までさかのぼれます。畔吉の殿山遺跡からは、関東地方では珍しい「国府型(こうがた)」のナイフ形石器などが出土しています。
約1万2千年前に始まる縄文時代の遺跡からは土器や石器が発掘されています。また、貝塚などから当時の上尾周辺には海があったことも分かっています。古墳時代の遺跡からは鉄剣や鏡なども出土しています。

中世
平安時代末期になると武蔵国にも武士集団が結成され、鎌倉時代は上尾周辺も含め源頼朝に仕えた足立氏の勢力下にあり、鎌倉幕府滅亡後は足利尊氏の所領となります。このころから今も上尾市に残っている「菅谷村」などの地名が文献に登場してきます。また、当時のものとして板碑が現存しており、現在約500基が確認されています。

近世
江戸時代に入ると、五街道が整備され、その内上尾は中山道にある69の宿場町の5番目の宿として、平方は荒川舟運の要衝としてまた、原市は市場町としての発展をします。

近代・現代
明治16年、高崎線開通と同時に上尾駅が設置され中山道とともに市街地形成の基礎になりました。明治末期には近代工業の先駆けとして上尾町や平方町に製糸工場が建てられ、昭和になってからは機械・金物・食品工場も操業して工業都市としての下地が作られました。
江戸時代に上尾市域に45あった宿・村は、明治初期に40となりました。その後6区域の町村になり、昭和30年3回目の合併で新上尾町となり、昭和33年県内19番目の市となりました。
市制施行当時約3万7千人だった人口も加速度的に増加し、昭和45年には10万人を突破、平成20年には市制施行50周年を迎え、平成21年3月現在では22万5千人を数えるまでになりました。
(上尾市オフィシャルサイトより)

確かに古代の遺跡や上尾宿などの痕跡はあるものの中世の時代の名残が少ないといえるでしょう。地理的に否めないことでもありますが…。
ただ、今まで何箇所か上尾市内を散策をしてきましたが、江戸時代でも名残を留めているところは非常に少ないのはある意味上尾市の特徴かもしれません。町の開発、発展は何をおいても重要ですから多少の犠牲(歴史的遺物など)なら仕方ないことでしょう。
以上が上尾市の概要と雑感です。

そんなこんなを踏まえてスタートです。

県道上尾蓮田線 早速、市役所前の県道上尾蓮田線を東に向かって進むます。
正式には埼玉県道150号上尾蓮田線です。

反対の西に向かった突き当りが上尾駅というロケーションです。

県道上尾蓮田線 五差路 上尾町の名所 変則五差路の一方通行を北上すると右手に路地があります。
路地というよりは駐車場の通路といった方が正解かもしれません。

上尾町の名所 駐車場というか空き地というか、兎に角一画にその社がありました。

結局のところ何の神社なのかがよくわかりませんが、奥隅氏献納の石燈龍は確かにありました。そこで奥隅氏とは誰、ということで例によって埼玉苗字事典で調べてみました。
当時の足立郡上尾村には奥隅氏というのは結構多くいたようです。

足立郡上尾村 当村に此氏多く存す。上尾上村検地帳(上尾村新田)に「文政十二年御改の節、屋敷百四十四坪・本村奥隅又兵衛後仙次郎、屋敷三百九十六坪・本村奥隅太郎左衛門後太兵衛、奥隅武左衛門後吉蔵」。上尾村氷川社安政二年御神燈に本村・奥隅太兵衛・奥隅武左衛門・奥隅惣右衛門。稲荷社万延元年宝篋印塔に上尾本村・奥隅仙次郎・奥隅伊左衛門・奥隅吉蔵。明治九年上尾村副戸長奥隅友蔵・天保十三年生。昭和三年興信録に「上尾町・奥隅太三郎・所得税十一円」あり。
(埼玉苗字事典より)

この内のどの奥隅氏に該当するのかは分りませんが、上尾村、町の奥隅氏は名家だったようですね。
いずれにしても、この地が嘗て「稲荷神社・八幡神社・乃木神社」と3社を祀った境内ですから、さぞかし名所にふさわしい景勝地であったのでしょうが、現在では全く想像もつきません。
是非絵はがきを見てみたいものです。

道三橋 道三橋 県道に戻り県道沿いを進むと間もなく「道三橋」です。

「道三橋」という橋名は、文字通りこの地に斎藤道三が訪れたことに由来するのだというのですが、歴史資料的な裏づけはないようです。
それでもこの「道三橋」は古くから存在する橋で、武蔵国郡村誌の足立郡上尾宿には、「道三橋:原市道に属し宿の中央 中悪水の中流に架す 長二間巾九尺 石造」と記載されているようです。2間ですから約3.6mだったということでしょう。
因みに「中悪水」とは現在の芝川のことで、決して汚い水という意味ではなく農業用水ではない水という意味です。

道三橋 現在の「道三橋」の欄干には、分りにくいかもしれませんが馬に乗った武士=斉藤道三が描かれています。

道三橋 根貝戸団地 「道三橋」から下流を眺めると左岸が【上尾市文化センター】で普段はレクレーションや会議などに使用されていますが、春のこの時期は桜の名所となります。

右側にあるのが地名にでも出てきた根貝戸団地です。「願戸」が「根貝戸」というのも何となく粋なものですね。
根貝戸団地 上流を眺めるとこちらも反対の左側が根貝戸団地です。

確かにこの辺りは風景も随分と変わったのでしょうが、上尾みやげの絵はがきよりは水田地帯だという想像が付けやすいです。

芝川 岡橋 「道三橋」から川沿いに進むと「岡橋」に到着です。
特に由来のあるわけでもない橋で、かなり新しい時期に架けられた橋でしょう。

岡橋 橋の欄干が2重になってるところがちょっと珍しいかもしれません。

上尾保育所 上流に向かって左側にある建物が上尾保育所で、結構立派なのに驚きました。

矢岳橋 矢岳橋 「岡橋」から遡ると「矢岳橋」です。

先と同じ『武蔵国郡村誌』によれば、「矢島橋 菖蒲道に属し宿の西北 中悪水の上流に架す 長二間巾七尺」と記載されているそうです。

「矢島橋」のある道路は2車線道路ですから、それなりに上尾町の街道ではあったのでしょう。
矢岳橋 西に向かうと現在の上尾警察署から中山道に通じていて、東に進むと上尾宿の交差点を越えて平塚北交差点で県道5号線と交差しており、そのまま5号線は菖蒲方面となるわけです。

この辺りに来ると芝川の両岸は若干長閑な風景となっています。

更に上流に上ると「ひがし橋」になりますが、「矢岳橋」から「ひがし橋」へは河川沿いには進めないので、若干迂回して進むと上尾市立東小学校に突き当たります。

上尾市立東小学校 ちょうど桜の花も満開の季節に入学式を迎えることになるのでしょう。実に良い季節です。

ひがし橋 ひがし橋 小学校沿いにその「ひがし橋」があります。
自動車は通れない小さな橋で、基本的には東小学校の生徒が通うための橋でしょう。

ひがし橋 欄干には魚の絵が浮き出てきてめだかの学校でしょうか、まさに入学した児童が喜びそうな橋です。

桜の名所 桜の名所 そして、ここから上流を眺めた景色は秀逸です。

東小学校の桜が芝川に映えて、菜の花のコントラストとが実に絶景です。ちょうど「道三橋」の文化センター沿いと同じくらいの桜の名所といっても良いでしょう。
若干天気がはっきりしないのが玉に瑕ですが、それでも春爛漫、なかなか良い季節です。

一本杉橋 一本杉橋 「ひがし橋」からは芝川の左岸をのんびり桜見物しながら歩くのが一番でしょう。
2,3分で「一本杉橋」に到着です。

アッピーランド アッピーランド 左手にある建物が「上尾市児童館アッピーランド」です。

名称の「アッピーランド」は市民から公募し選ばれたものだそうです。アッピーのように元気な上尾っ子が集まり、楽しく過ごせる場所になって欲しいとの願いからつけられたそうです。
カラフルなカラーリングが児童館らしさを醸しだしていますね。

一本杉とか二本杉とかは良く聞く地名で、1本、2本、杉の大木があったことから名付けられたものという想像は容易いでしょう。
現在、橋の左岸が上尾市本町で、右岸が上尾市上尾村になります。

一本杉橋 「一本杉橋」の欄干は文字通り「杉」をイメージした欄干となっていて、下流を眺めると、杉とサクラという取り合わせも粋なものかもしれません。

芝川の合流地点 一方、「一本杉橋」から上流を眺めると、芝川自体は左に曲がっているのですが、その曲がり口のところに右方向からの排水路があります。

これは芝川の源流が2ヶ所あり、その流れがこの「一本杉橋」で合流するためなのです。 この2本の源流はどちらも桶川市で、左側の流れは途中から暗渠となり、国道17号線と並行して流れ上尾市上辺りで地上に出て、桶川市の末広に達します。
一方、右側の流れは北上し上平公園を通り桶川市の小針領家に達するのです。
この【上平公園】は市民球場のあるかなり大きな公園で、丸山公園と共に市民の憩いの場となっているのです。

話は芝川に戻りますが、元々芝川はその名の由来ともなっている、足立郡芝村(現在の川口市安行領根岸付近)から発し、荒川に合流する延長6km程度の短い川だったのです。それが見沼代用水の開削に伴い延長され現在の芝川となったのです。
この辺りの歴史は【見沼田んぼと見沼通船堀】で訪れた浦和周辺で知りました。
見沼田んぼはもとより、川口市で鋳物業が発展など主要排水路、そして物資の輸送路としても非常に重要な河川だったようです。

ここからは左の本流を遡ります。

本町橋 本町橋 「一本杉橋」の上流には「本町橋」があります。この辺りの地番が本町ですから比較的新しい橋だと考えられます。

「本町橋」自体に何の見所も無いようですが、橋の袂に長閑な光景が見受けられます。

釣堀 釣堀 「釣りが一番」という幟の立てられた、「釣り堀・上尾園」です。
オープンエアの釣り堀でかなり広い敷地です。

「365日いつでも特別料金」というコピーに惹きつけられるのでしょうか、1日¥1,000ですが日曜日ともあって結構にぎわっています。
そういえば釣りももう20年以上やっていませんね。たまにはこうゆうところで、春の海ではありませんが、「ひねもすのたりのたりかな」もいいかもしれません。

歴史散歩ではここから芝川から離れるのですが、折角なのでもう少し上流へ行ってみます。

本町橋 菜の花も綺麗で実に気持ちのよい景色です。芝川の両側の団地は上尾東団地です。

尾平橋 尾平橋 上流を遡ると名も無い橋が一つあり、更に遡上すると「尾平橋」に到着します。

尾平橋 橋の下を見ると、そこは水門のようになっていて、ここから先、上尾市上まで暗渠になる始まりなのです。

尾平橋 従って橋の先の芝川はこのように道路になっていて、欄干は片方しかないのです。

片側しかない橋の欄干には車輪のデザインが施されていて、この橋の道路はバス通りとなっていますので、産業の一動脈なのかもしれません。

名前の由来はわかりませんが、間違いなく芝川でも新しい部類の橋でしょう。

尾平橋 のんびり鴨が歩いているのも長閑なものです。

芝川遡上もこれにて終了し、最後に概要にある「大日堂」へ向かいます。
大日堂 「尾平橋」の通りを南に進み程なく左折すると「大日堂」があります。。

概要にもある通り境内の入口には2基の地蔵が建立されています。
大日堂 大日堂 かなりしっかりした覆屋の中にあり、地蔵像自体も台座があり立派な地蔵尊です。

大日堂 台座部分には天明二壬寅十月とあり、反対側には「万人講中 上尾村 上尾宿、近村…」と刻まれています。
西暦で1782年ですから江戸時代中期でしょう。

かなり広い境内で、境内の左側に「大日堂」があり、右側にある建物は「上尾市本町自治会館」だそうです。

大日堂 要にある見るべき石造碑がこれらです。

大日堂 大日堂 その中の手前の2つが庚申塔で、左側の庚申塔は元禄14(1701)年で、右側の庚申塔には寛延4(1751)年の年号がかろうじて読み取れます。

境内入口の地蔵尊よりも古いもののようです。

大日堂 大日堂 正面にあるのが「大日堂」です。
それほど大きくは無い堂宇ですが、綺麗に手入れされていることが伺えます。

本尊の大日如来は密教(真言宗)にのみ登場する特殊な如来で、宇宙の中の中心仏であり宇宙そのものなのだそうです。
そのようなとてつもない仏ゆえでしょうか、この「大日堂」では12年に1回の未年の節分だけ本尊はご開帳となり、平時は秘仏となっているそうです。
現在でも本町の大日講中の方たちによって、節分の豆まきなどが行なわれ、「大日堂」も管理されているので、このように綺麗な状態なのでしょう。
機会があれば御開帳年の節分の日には訪れてみたいですが、次の未年は平成27年の4年後です。

上尾の名所として芝川沿いを散策してきて古を感じさせる場所はそれほどありませんが、桜の名所として、あるいは地域密着の施設など現代の名所として新たな息吹を感じさせてくれました。
春に散策するにはこの芝川沿いは非常に良い散策路でしょう。

2011.04.19記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks