上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雉が岡城址の塙記念館 #2

ここからが今回のメインテーマである塙保己一記念館です。
上手に雉岡城址の虎口に立てられた記念館はそのまま戦国から江戸に続く歴史の虎口でもあるようです。
非常に興味津々です。

塙保己一記念館

「虎口」にある「塙保己一記念館」を訪れます。
塙保己一記念館
それほど大きな建物ではありませんが、公園と調和して落ち着いた風情があります。
入口付近に案内板があります。

塙保己一記念館
所在地 本庄市児玉町八幡山
塙保己一(1746~1821)は、郷土が生んだ我が国有数の国学者である。延享3年(1746)5月に武蔵国児玉郡保木野村(現本庄市児玉町保木野)に生まれ幼時に失明した。15歳のときに志をたて江戸に出て雨富検校須賀一の門に入った。音曲・針治療などの修行に励むとともに、自ら志した学問の道に進み、萩原宗固や賀茂真淵等に師事した。その後、学者として名声が高まり、水戸藩の依頼により「大日本史」の校訂を行った。寛政5年(1793)には幕府に進言して和学講談所を設立し、ここを国学研究の拠点となし、屋代弘賢・中山信名・奈佐勝皐等の有能な学者を輩出した。
保己一の業績で最も知られているのは「群書類従」の編さんで、古代以来我が国に残されてきた諸家の記録や貴重な書物の散逸を憂えて、これらを集めて分類・校訂して版木に起こし印刷刊行した。「群書類従」は我が国の歴史や文学を研究する上で現在でも大変貴重な資料集となっている。
保己一は文政4年(1821)に総検校となり、同年9月12日に76歳で没した。
収蔵品 遺品及び歴史資料等、休館日 毎週月曜日・年末年始、開館時間 午前9時から午後4時30分、入館料 無料
平成19年12月 本庄市教育委員会
(現地案内板説明文より)

昔から歴史は好きだったのですが、やはり比較的ディープな知識は戦国武将や幕末に集中してしまいます。そして学校の歴史のカリキュラムはある意味、年号と年代の主要項目を暗記するものでした。
結構、暗記は得意なほうでしたが、その結果その事実があることだけを知るという、中身の無い時代インデックスを学んだに過ぎない歴史の知識が残るだけでした。
勿論、塙保己一「群書類従」は、パブロフの犬の如く、「阿吽」の呼吸で思い出せますが、実際「群書類従」がどのようなものなのかは全く覚えていませんでした。
更に塙保己一が埼玉県の出身などということは、この100選散策を始める2年前までは知らなかったのですから赤面の至りです。まあ「知るは一時の恥、知らぬは…」の諺どおり、ここで覚えておくのも悪くないでしょう。

記念館のエントランス部の壁面には「塙記念館」銘板と、家紋の名前は分りませんが「塙家」であろう家紋がついています。
塙保己一記念館
また、その横には「塙保己一」の銅像がどしりと…というよりは、ちょこなんと鎮座しています。
塙保己一像
何となく親しみやすい銅像です。

中に入るとそれほど広くはありませんが展示室となっています。
塙保己一記念館
この記念館は1968(昭和43)年に開館し、館内には県有形文化財に指定された”塙保己一遺品および関係資料94点”や、遺品、関係資料など約200点が展示されているそうです。
まずは芳名帳に記帳しましたが、見たところここ最近では意外に(といっては失礼ながら)毎日一人二人と来場者があるようです。
係りの方が大変丁寧な方で、できれば保己一の人となりを知るために最初にビデオの見学を勧めてくれました。15分ほどでしたが、アウトラインは掴むことができました。
頂いた資料の概要です。

総検校は縄保己一先生は、延享3年(1746年)に武蔵国児玉郡保木野村(埼玉県本庄市児玉町保木野)で生まれました。要衝のときに失明し、15歳で江戸に出て雨富検校の元で修業し、後に学問で大成して、盲目の最高位である総検校にまでなりました。盲目という大きな障害にも負けず、清廉潔白な性格と本人の努力、そして多くの人達の協力を得て和学講談所を開き、群書類従という一大叢書(多くの書物を集めてまとめたもの)を完成させました。また、盲人社会の改革にも努力して大きな成果を残し、日本の歴史の中でも類い稀なる偉人としてその名を残しています。
(パンフレットより)

展示品の鑑賞時には係りの方が説明をしていただけるので、大変理解しやすいです。
エピソードを交えた興味深いものを幾つかあげてみます。
一番手前には保己一の小さな像があります。
塙保己一像
着色されていない像で、もしかするとエントランスにあった銅像の縮尺原型かもしれません。
その後ろに「塙保己一遺品および関係資料94点」の県指定文化財の認定書が置かれています。
その隣に保己一の初期の頃の遺品の一つとして「巾着」があります。
巾着
これは保己一が江戸に出るにあたり母が縫って持たせてくれた巾着で、母きよの帯地で作ったものといわれており、保己一は生涯大切に持っていたものだそうです。
実物は小さいもので、ちょうどタバコのパッケージが入るくらいでしょうか。それ程痛んでいないことから大事に使っていたのでしょう、思い入れの強いモノだったことが窺えます。
そして、その隣にある箱が「お宝箱」で、保己一が上京するにあたって身の回りの物を入れて担いだ箱です。
お宝箱
後に林大学頭が「お宝箱」と命名したものだそうです。

<次のコーナーには「群書類従」発行を決意したときの借用証の数々が展示されています。
借用証
これは当時保己一が「群書類従」刊行のために大阪の豪商鴻池家から多額の金銭を借用した証文で、文化7(1810)年・900両、文化13(1816)年・100両と150両、文政2(1819)年・100両、文政4 (1821)年・100両の証文が残されており、残っている証文だけでも1,350両を借用しているということです。
係りの方の説明によると、当時の1両は現在の約80,000円に相当するようなので、おおよそこれだけでも1億800万円という途方も無い借金なのです。実に驚きですが、返済の計画はあったのでしょうか。ご利用は計画的に…ですから。
これらの借用書は先の県指定の文化財の一部となっています。
その隣には「群書類従」の版木が展示されています。
「群書類従」の版木
桜の木を使っていて現在の400字詰め原稿用紙と同じ20字X20行となっているそうです。
現在は東京の温古学会が17,244枚所蔵していて国の重要文化財に指定されています。
なお、この版木の彫刻料は総額5,619両3分掛かったといわれているそうです。
ということは先の借用証文はホンの一部ということでしょうか。単純計算で彫刻料は4億5000万円になります。
驚くような価格ですが、よくよく考えれば東京オリンピック招致のための10分のビデオ制作が5億円ですから、「群書類従」の版木は価値を考えると大変安いものということが理解できるます。

そして圧倒するような「群書類従」666冊が納められています。
「群書類従」 「群書類従」
係りの方から「群書類従」、その他に関するエピソードを幾つか窺いました。
1つ目は小笠原諸島の帰属に関して、明治時代に小笠原諸島が日本の領土に確定したことの根拠が、この「群書類従」だったことです。それは“続々群書類従”の中に、小笠原諸島の領土に関する裁判記録が記述されていたことから領土として確定したそうで、これは保己一の「和学講談所」の調査によるものだったのです。
2つ目は熊谷市出身の荻野吟子が医者を目指していながら、明治初期には女性医師の前例がないと門戸を閉ざされたのですが、保己一が出版した「令義解」の中に女医の記述があったことから、近代日本の最初の女性医師の道が切り開けたのだそうです。
以前、ジャンルCの【荻野吟子】で妻沼(現・熊谷市)を訪ねたときにはそのようなエピソードは語られていませんでしたが、新たな情報といえるでしょう。
ちなみにこの「荻野吟子」は「塙保己一」「渋沢栄一」と共に埼玉県の3偉人と言われていますが、これで3偉人の縁の地はすべて訪れたことになります。
エピソード一つをとってもいかにこの「群書類従」が貴重なものであるかを認識させられました。

次のコーナーには「和学講談所」に関する資料が展示されています。
県文化財である「和学講談所規律書」などが展示されていますが、興味深いのは「和学講談所借地関係書類」といわれるものです。
和学講談所借地関係書類
説明によると、「和学講談所」を設立するに当たり、裏六番町で300坪の土地を講談所建築のために寛政5(1793)年保己一は借用を幕府に願い出て認められたのですが、幕府の都合で文化2(1805)年には、一旦、この土地を返却し代わりに表六番町で840坪あまりの土地を拝借したそうです。
また、寛政10年には品川御殿山下に板木置場として1000坪あまりの土地を拝借しているということで、金銭のみならず土地も借用していたとは驚きですが、これらの依頼に幕府も応えているということが、如何にこのプロジェクトが重要だったのかを窺い知ることができると共に、保己一の確固たる信念みたいなものこの書類1枚からでも感じることができます。
また、保己一が総検校に昇格した任命書(=告文と呼ばれる)も展示されています。
任命書
そのほか、保己一が検校の頃や、総検校になったときに上京した際の日記を綴った「道中日々記」や「上京日々記」などの文化財もあります。
道中日々記

そして係りの方が熱く語られていたのが、保己一の息子である「塙忠宝」のことです。
ちょうど展示物の中に説明がありますので引用します。

塙忠宝
驀進・国学者。通称は次郎。名は瑶。号は温古堂。塙保己一の4男。
文化4年(1807)生まれ。文久2年(1862)没。56歳。
塙保己一の子として江戸表六番町に生まれた。保己一の没後、文政5年(1822)、父の跡を継いで和学講談所御用掛を勤めた。「続群書類従」・「史料」・「武家名目抄」等の編さんを手掛ける。
文久2年に老中安藤信正より幕府が外国人を待遇した先例の調査を依嘱されたところ、誤って「廃帝の事例」を調べているとの噂が広まり勤皇浪士たちの怒りを買った。12月21日の夜、歌会の帰りに伊藤博文と山尾庸三に襲われて翌日死去した。
(現地案内文より)

伊藤博文は当然ながら後の初代総理大臣で、山尾庸三は伊藤博文と同じ長州藩出身の人物で、東大工学部の創設者で後に子爵となっています。
保己一サイド(係りの方の説明の雰囲気)では憤懣やるかたない気持ちでしょうが、当時の時代性を考えるとまさに交通事故みたいなものでしょう。後に伊藤博文も暗殺されたことで、係りの方も溜飲を下げていたようです。

こういった内容で、係りの方が懇切丁寧に説明していただけるので結構時間が掛かりましたが、通り一遍で見るよりはずっと充実した見学でした。
2度、3度訪れることは研究者やマニアでなければないでしょうが、近くに行くなら是非一度は寄ることをお勧めします。特に埼玉県民ならば…。
こうして今回の主目的である「雉が岡城跡の塙記念館」を散策し終わりましたが、改めて郷土の偉人の偉人たるところを認識しました。これからは少しウンチクに使えそうです。
この後は、まだまだ時間はあるので児玉市街地周辺を散策してみます。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。