上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保己一の継承

こうして埼玉県の誇る偉人は大事業を成し遂げたのですが、これらの事業はその後も続けられます。
保己一の偉業を継いだ社会や人々がそれぞれの形で保己一の志を継承されていくのですが、その一つが「和学講談所」です。

東京大学史料編纂所

保己一の最大の事業は膨大な資料の収集・編纂・発行した「群書類従」でしたが、それ以外にも歴史研究においては「史料」としてまとめ上げたことです。
この「史料」に関する事業を引き継いだのが、「東京大学史料編纂所」なのです。
明治4(1821)年保己一没後、明治政府にこの事業は引き継がれ、明治2(1869)年「和学講談所」跡に史料編輯国史校正局が開設され、明治天皇は三条実美を総裁に任じました。
その後、明治5(1872)年太政官正員に歴史課・地誌課が設けられ、ついで修史局、修史館となり、内閣制度の成立とともに臨時修史局と変遷していきました。

そして明治21(1888)年、帝国大学に国史科を創設に当たって修史事業は帝国大学に移管されました。当時は臨時編年史編纂掛と呼ばれたそうです。
明治26(1893)年、それまでの編年史(年代の順を追って歴史を記述する)の形式での編纂事業を停止し、蒐集した史料自体を編纂刊行することになり、帝国大学文科大学に史料編纂掛が設置され、明治34(1901)年、最初の成果である「大日本史料」「大日本古文書」が発行されたのでした。その後、史料編纂所という名称になったのは昭和4(1929)年でした。
それ以降、1000冊を越える史料集を発行し、2009年には文部科学大臣から「日本史史料の研究資源化に関する研究拠点」に認定され、日本における史料に関する重要拠点となっているようです。
そういった背景の中、様々な史料の編集にあたり、最初に要約を記し、後に史料を原文で引用していくという形式は、和学講談所の「史料」を継承した編集方法で保己一が確立したものだそうで、保己一の研究成果は資料などのデータのみならず、その手法に至るまで今日の現場で生かされているそうです。
保己一の偉大さが改めて窺えるエピソードです。

社団法人温故学会

こうした様々な偉業、そしてその影響するところを鑑み、塙保己一の偉業を顕彰しようとする動きが出てくることは当然でしょう。
それが明治42年設立された「温古会」です。
これは子爵・渋沢栄一、宮中顧問官・井上通泰、文学博士・芳賀矢一、保己一曾孫・塙忠雄の4氏により設立されたものです。
このとき渋沢栄一の案の温古会資金募集の趣意書があります。

『小生は埼玉とは深き縁故も有之候間、小生も微力乍ら金弐千円寄付致置候。次第に付貴台に於ても御賛成被下』(「埼玉の先人渋沢栄一」韮塚一三郎・金子吉衛より)

そしてその「温古会」は保己一の墓所である四ツ谷愛染院内におかれたのでした。
そうした矢先に驚くべきニュースが伝わってきました。
明治42年、国文学者で医者として知られ先の「温古会」のメンバーである井上通泰が、通っていた麹町区竹平町の文部省の建物の裏手にある今にも倒壊しそうな古い土蔵に気付き、危険を感じた井上が何が入っているかと尋ねると、「群書類従」の版木が入っているとの回答です。
驚いた井上はすぐ保己一の曾孫である忠雄に知らせたそうです。
これには版木自体の変遷があるようで、「群書類従」編纂・発行にこぎつけた保己一ではあったのですが、保己一の生前には結局莫大な借金は返済できず、2代目の忠宝が背負うこととなったそうですが、やはり苦労は尽きず明治期となって版木の維持管理は困難を極め、3代目忠韶は版木のすべてを浅草文庫に献納したそうです。そして後に東京帝国大学の管理下になったのですが時代とともに所在場所は世間から忘れ去られていたのです。
そういった背景での版木発見ですから、どんなに喜ばしいことだったかは想像に難くありません。また更に保己一に正四位が追贈されるという嬉しいことも重なり、明治44年には「温古会」を「温古学会」に改称し、翌明治45年「群書類従」の印刷(摺りたて)を開始することになったのです。
そして大正2年、塙忠雄は東京帝国大学に「群書類従」版木を温故学会に下付して欲しい旨の申請を行い、翌大正3年に版木下付の条件として版木保管の倉庫建設を言い渡され、愛染院内に倉庫を建設してめでたく版木が下付されたのでした。

翌大正4年には東宮職から「群書類従」全巻(666冊)の摺りたての命が下り、大正11年には皇室からケンブリッジ大学に「群書類従」が寄贈されたのでした。
順風満帆な「温古学会」でしたが大正12年の関東大震災により倉庫が倒壊しましたが、幸いなことに版木は焼失を免れたのでした。
その後、移転先を検討し、当時皇室御料地であった現在地の渋谷区に昭和2年に会館を建設したのでした。
これが現在の「温故学会会館」です。
温故学会会館
渋谷区とはいえども広尾に近く所謂繁華街とは反対なので、かなり閑静な住宅地の中にあります。さすがにかつて御料地だけある場所です。
当時の住所は東京府豊多摩郡渋谷町大字下渋谷氷川裏338という地番だったそうで、全く現在の渋谷のイメージは沸きません。
正面から見るとちょうど鳳凰が羽を広げたようなデザインになっているようです。
門の横には文化財の案内が出されています。

本会所蔵文化財案内
1.重要文化財:
群書類従版木 17,244枚
盲目の国学者・塙保己一が40余カ年の苦心のすえ完成したもの。
1.東京都重宝:
群書類従抜版木 4枚
続群書類従目録版木 70枚
徒然草(上下)版木 79枚
元暦万葉集(巻1.2.7)版木 75枚
(現地案内板より)

東京都の重宝といってもコンビニエンスではなくバリアブルの方です。当たり前か…。聞きなれない用語ですが所謂東京都指定有形文化財ということです。
さすがに群書類従の版木だけは国指定になっていることから、いかに貴重なものかが理解できます。
また、その横にも案内板があります。

東2丁目9-1 (社)温故学会 区重宝 平成4年10月1日指定
「御江戸図説集覧」など 版木
「御江戸図説集覧」をはじめとする、江戸図・刀剣・絵画・易学・漢字学などに関するもの20点の版木1094枚です。それぞれの分野の第一人者が江戸・明治・大正時代に編纂し、当代一流の版木師が彫刻したものです。
版木はすべて木質の硬い桜材で、両面に文字や絵図が彫り込まれています。摺る時は、版木に墨を塗って染み込ませ、その上に和紙をのせ、バレンで万遍なく圧力をかけて仕上げます。
ここにある版木は、日本の印刷文化を支え、後世に伝えてきた貴重な文化財です。
渋谷区教育委員会
(現地案内板説明文より)

「群書類聚」だけでなく様々な貴重な版木も所有している重要な施設でもあるようです。
因みにこのバレンによる印刷は、昨年訪れた【まなびピア埼玉2009】の「本庄市」のブースで実際に摺る実演をされていました。エントランスに向かうと「塙保己一」の銅像が迎えてくれているようです。
温故学会会館
お馴染みのちょこなんとした姿の保己一像です。
入館するとスタッフの方に応対して頂いて説明をお聞きしました。

一通り「塙保己一」と「群書類従」に関する説明を聞いてから、実際に版木の置かれている倉庫に入ります。
エントランスの右手側がその倉庫です。
温故学会会館版木室
どっしりと重厚そうな木のラックにぎっしりと版木が置かれています。
温故学会会館版木室
版木についての説明がありますので引用します。

形状:よこ470mm×たて230mm 厚さ15mm 重さ1.5kg
版木枚数:17,244枚 ※裏・表両面堀りであるから約34,000ページ分
字体 草書・楷書
文字数 10行×20文字×2段=400文字
版木材 山桜(ヤマザクラ)

<版木材について>
山桜性質は、切削りが容易で、文字行面がきれいに仕上がることや、墨との着色性に優れ、時間が経つに従って硬く丈夫になることで狂いが少なく、なおかつ耐久性がある。したがって、江戸時代の浮世絵や書籍印刷用の版木にはこの山桜が主に使用された。

<版木の工夫>
『群書類従』版木(国・重要文化財)には、保存のためにある工夫がされている。版木の両サイドには「はしばみ」(端喰)が取り付けられている。これは、版木同士が重なってもお互いの文字面が接して、キズつかないようにとの工夫がなされている。
さらに本核端喰や蟻型端喰といった、特殊な切り方をして溝をつくり、版木本体と添え木をしっかりと固定する方法がとられている。このようにすることで版木のゆがみ、そり、ひび割れから守ったのである。

<版木の文字数>
版木の文字数については、黄檗版鉄眼一切経が縦一列で20文字、横10行と定めた。その後、塙保己一は版木一面の文字数を横10行・縦20文字・2段として、400文字詰様式にした。これが原稿用紙の起源といわれている。
(温故学会オフィシャルサイトより)

現在でも実際に摺られていて欲しい方には販売しているそうで、つまり江戸時代からずっと続いている印刷・出版といえるでしょう。これは日本でもここだけではないのでしょうか。
ただ、結構高価なので単なる興味だけでは出費できませんが…。
さてズラッと並んだ「群書類従」に圧倒されながら実際の版木を1枚近くで見せていただきました。
温故学会会館版木室
実際にそっと触れさせていただきましたが繊細な文字の彫りに驚かされ、莫大な予算が必要なことを教えられました。
また、版木に書かれている番号は所謂ページ番号で、表裏2ページ分の番号が付けられ、この順に摺りたてされるそうです。
温故学会会館版木室
貴重な版木を見てからまた、スタッフの方から説明をお聞きしました。

そもそもこの会館は関東大震災によって崩れた倉庫の変わりとして新たに建設されたのですが、その後、何事もなかったわけではなく第二次世界大戦の空襲で周辺は焼く尽くされたそうですが、当時の理事長やスタッフの必死の消火活動により版木は守られたのでした。このような尽力により版木も当然ながら、建物自体も建設当時のままを誇り、平成12年文化庁より「登録有形文化財」に指定を受けたのです。
このような歴史の中で一際、輝いた時期が昭和12(1937)年のヘレン・ケラーの温故学会訪問だったようです。
昭和12年4月26日、定刻の午後4時少し前、2台の自動車が玄関に横付けされ、トムソン嬢に介添えされたケラー女史が版木倉庫から講堂へと進みました。
講堂に入ると「塙保己一像」や「保己一愛用の机」に触れ、心ゆくまで保己一の偉業に接し感想を述べたそうです。
ヘレン・ケラー来日
「私は子どものころ、母から塙先生をお手本にしなさいと励まされた育ちました。今日、先生の像に触れることができたことは、日本訪問における最も有意義なことと思います。
先生の手垢の染みたお机と頭を傾けておられる敬虔なお姿とには、心からの尊敬を覚えました。先生のお名前は流れる水のように永遠に伝わることでしょう」と。
こうして、一大イベントともいうべきヘレン・ケラー訪問が終ったのでした。

「温故学会」としては最上の栄誉とも言うべき偉人を迎えられたのですが、ここで一つ素朴な疑問が浮かんできます。何故、ヘレン・ケラーは塙保己一を知りえたのか?、ということですが、これにはトリビアなエピソードがありました。
それには一人のキーマンである日本人がいました。伊沢修二という青年です。
伊沢修二とは明治、大正の近代教育の開拓者で、嘉永4年(1851年)6月、信濃の国に生まれ、高遠の藩校進徳館にて漢学と洋楽を学び、明治3年(1870年)大学南校(東京大学の前身)の貢進生に選ばれました。
明治5~6年、文部省に勤務し、明治7年(1874年)3月 愛知師範学校長となったのち、その翌年には文部省からアメリカ留学を命ぜられ、ハーバード大学などで教育学や理科学などを学びました。この留学時代にベルから視話法を、マサチューセッツ州ブリッジウォーター師範学校のメーソンから音楽の基礎や教育法を学んだそうです。
帰国後、体操伝習所主幹、東京師範学校長、音楽取調掛を歴任し教育行政官として教員養成、体育教育、音楽教育、盲唖教育など、日本では未開拓だった教育の分野を勢力的に開拓したのだそうです。
一般的にはなじみの無い人ですが、その葬儀には山形有朋、大隈重信、後藤新平、原 敬、高橋是清、西園寺公望等、政府の要人の殆どが出席したと言われていることからも、その偉大さが窺われます。

この略歴の中に「ベル」から視話法を教えられたとあるのですが、この「ベル」が有名な電話機を発明した「グラハム・ベル」その人だったのです。
一般的にグラハム・ベルは、エジソンと同じような電話機の発明をした発明家としてその存在を知っているのが殆どでしょうが、実は科学振興や聾唖教育に尽力した人でもあったのです。科学振興についてはナショナルジオグラフィック協会の会長でもあったことから窺えます。
そして聾唖教育に関しては祖父、父、本人と三代続いていたほどの聾唖者教育一家だったのです。そもそも口の形を見て言語(しゃべっている内容)を理解するという視話法を開発したのが、グラハム・ベルの父だったのですから。
そして、先の伊沢が留学した際に英語の発音の嬌声をしようとベルに教えを受けたのでした。この時に聾唖教育に熱心なグラハム・ベルに「塙保己一」のことを話したそうです。
因みにこの時分はグラハム・ベルがちょうど電話機を発明した時で、実はこの電話機によって話された会話の2番目(一番目は当然英語)の言語が日本語だったといわれています。
そのような経緯で「塙保己一」がグラハム・ベル、つまりアメリカに伝わったのです。1875年の頃だったようです。

そしてその後の1880年6月びアメリカ・アラバマ州でヘレン・ケラーが生まれ、1882年熱病によりヘレン・ケラーは周知の通り三重苦となったのでした。
これにより躾のできなくなったヘレンの両親は1887年、聴覚障害児の教育を研究していたグラハム・ベルを訪れ、ベルの紹介でアン・サリバンを紹介されたのでした。
こうして伊沢修二、グラハム・ベル、アン・サリバンと伝わった「塙保己一」がヘレン・ケラーに伝わったのです。このような経緯からヘレン・ケラー来日時に「塙保己一」=「温故学会」に訪れたということになったようです。

残念ながらその愛用の机は見ることはできませんでしたが、ヘレン・ケラーが触れた保己一像は見ることができました。
保己一像
実に貴重な像を見られたことと、実際にヘレン・ケラーが訪れた会館にいることに感動を覚えました。
帰りがけに徒然草版木の説明の入ったポストカードをいただき、温故学会を後にしました。
ポストカード

最後の最後に気になったのが、先の保存文化財にもあった「続群書類従」です。
当時保己一は「続群書類従」1885冊を編纂したのですが、生前は版が出来上がらず没後は弟子達が引き継ぎ、明治時代に一部刊行されたようですが、全巻刊行されたのは大正12(1923)年、「続群書類従完成会」という出版社からでした。
そしてこちらも現在までずっと「続群書類従」が発行されていたのですが、2006年「続群書類従完成会」が倒産したため出版が危ぶまれたそうですが、2007年から八木書店が継続することとなったようです。
因みに明治時代以降に「続々群書類従」「新群書類従」が編纂されたそうですが、現在はどうなっているのでしょうか。

こうして「塙保己一」の生涯を紐解いてみるとその偉大さと共に、その影に隠れていた悲しみや苦しみ、そして努力と意志が感じ取れます。
やはり埼玉県の生んだ偉人の第1位に相応しい人物だったようです。

2010.5.8記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。