はじめに

三連休の中日の3月21日(土)に、熊谷市妻沼にある100選地3ケ所めぐりは【妻沼聖天堂】を終わって2ケ所目となりました。
天気も良く妻沼聖天堂から利根川堤通りを通って「グライダー滑空場」を目指します。
この「日本一のグライダー滑空場」はジャンルBで2,338票を獲得し、23位にランクされました。
本書の説明です。

正式名称は、日本学生航空連盟妻沼グライダー滑空場。1963(昭和38)年利根川河川敷に整備され、グライダーの飛行が開始された。 全国58の大学が年間延べ1万8000人、2万7000回の滑空飛行を行っており学生グライダーのメッカとなっている。
毎年3月には学生グライダー選手権も開催され、同時にグライダーフェスティバルも行われる。フェスタでは、古今東西さまざまなグライダーの展示やアクロバット飛行、妻沼町出身の日本の女医第一号・荻野吟子にちなんだ「吟子なべ」が振舞われ、好評だ。

実のところ本来は3月7日(土)に行きたかったのです。
その日は年1回の”熊谷めぬまグライダーフェスタ2009”が開催されていたのでした。グライダーのデモ飛行や展示、様々なアトラクションなど行われていて、やはり男子たるもの多かれ少なかれ空に憧れるものです。しかもそれが余り見る機会のないグライダーならなおさらでしょう。ですが当日は余り天気も良くなく、更に私の体調も優れないとあって止む無く延期しました。
そして今日21日滑空場を訪れることにしたのですが、天気は良いけれど果たしてグライダーを見ることが出来るかどうかも不明です。一体全体どんなことになるのやら。

map熊谷市オフィシャルサイト】 http://www.city.kumagaya.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks