はじめに

謹賀新年
東日本大震災一色といってもよい2011年が終わり、2012年の幕開けとなりました。
日本にとっても震災の爪あとが未だに残る程の不幸な1年でしたが、個人的にも震災に無関係ではありませんでした。激動の1年といっても過言ではない年が過ぎ、とにかく気持ちだけでもよい年をと願うのは私だけではないでしょう。少しでも良い年となるよう大なり小なり思わざるを得ない年明けとなったのです。

2012年、新年最初の散策は、昨年散策した【谷中七福神】同様、七福神めぐりで幕開けとなりました。全国各地に数多くある七福神めぐりの中から今回選んだのは「雑司が谷七福神」でした。
これは昨年の谷中七福神が江戸(東京)で最古の七福神でしたが、反対に「雑司ヶ谷七福神」が東京で最新の(恐らく…)七福神だったことからです。「雑司が谷七福神」は昨年の2011年に始まったばかりの今年2年目の七福神めぐりなのです。
エリアで言えば「雑司が谷」は豊島区で池袋駅周辺の喧騒の近くにありながらも、閑静な住宅街と歴史豊かな街として以前より一度訪れてみたいと思っていた場所です。
渡りに船とばかりに今年第1回目の散策をここに決定したのでした。

例年のごとく1月2日にTV観戦していた箱根駅伝も、東洋大のぶっちぎりの往路優勝で、総合優勝もほぼ決まったのも同然の様相だったので1月3日に七福神めぐりに訪れました。
朝9:00頃自宅を出発し、ニューシャトルから大宮駅に出て、湘南新宿ラインで池袋に到着です。ここから東京メトロの副都心線で一駅の「雑司が谷」に向かい、到着したのが10:30頃でした。
2012年の幕開け、どのような散策ができるか楽しみです。

豊島区観光協会】http://www.kanko-toshima.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks