千葉県安房郡鋸南町吉浜517-1  2012.01.28訪問

店舗概要

鋸南町にある“道の駅きょなん”内の店舗である「櫻華」は、チャーハン等の食事からデザート、飲み物を提供する休憩処です
。食事処や喫茶などのいくつかの店舗が集合した一画にあります。中々外からは判り難いのは、その建物の造り故かもしれません。
見た目には、何所にでもありそうな軽食・喫茶のお店です。

店舗内外観

このように外から眺めると1つ1つの店舗が良く判りません。各店舗工夫を凝らしてアピールしているといったところでしょうか。
さくら
外側の引き戸から入ると、丁度、学校の廊下のようになっていて、その通路の前に各店舗がつらなっています。
さくら
中に入ると店名の通り店内さくら色といったコーディネートがされています。
さくら
4つのテーブルがおかれていますので、全部で16人入れることなります。
季節はまだ冬ながら、ちょっと春めいた気分の店内です。

メインメニュー

さくら 【香り抜群! コーヒー】300円

さくら 【焼きたてりんごパイ(さくらのアイスのせ)】400円

感想

見た目は小奇麗なカップ&ソーサーのコーヒーとどこにでもありそうなコーヒーなのですが、実はこのコーヒー、味と香りにかなりの個性をもっています。
最初の香りはいわゆるコーヒーの香りなのですが、一口含むと実に濃厚な苦味の利いた味です。かなり苦味が強いぞと思っていた矢先に、何ともいえないフルーティな香が漂ってきます。
メニューにあったように“香り抜群”は、フレーバーコーヒーだったのです。かつて一度だけ飲んだことのあるへーゼルナッツのフレーバーのような気がしました。 確かにコーヒーの好きな形の中には、フレーバーはかえって嫌がる人もあるようなので、一般的なコーヒーを飲もうと思ってこの店に来ると…。
しかし、こういったフレーバーコーヒーが何気に飲めるのも実にオーナーの個人的趣向が如実に現れているのかもしれません。なお、最後にこのコーヒーはゴディバのコーヒーにブレンドしたものだそうです。

さてもう一つのパイですが、これは10分くらいかかることを了解してオーダーしました。
サクサクというよりはしっとりした感じながら温かいパイは実に寒い日には良く合いそうです。そしてその上に載った店名を冠したさくらアイスは自家製だそうで、ホンの少し残ったツブツブが実際の桜の葉を練りこんであるそうで、その優雅な桜の香りは桜もちを思わせる優雅な香りで、リンゴとのマッチングもよく、大変美味しいパイでした。
一見何気ない軽食・喫茶ですが、実にオリジナリティのあるメニューで、楽しませていただきました。

2012.01.29記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks