FC2ブログ


はじめに

 冬は寒いのが当たり前ですが、昨今では暖冬と呼ばれる比較的温かい冬が毎年一般的となりつつありました。
しかしながら2011年から2012年にかけての冬は、本来の姿かもしれないながら、めっきり冷え込む日々が続いています。ある意味これを異常気象というのも実に不可思議な話ですがそれもまた事実です。
その様な冬でも当然春は訪れるわけで、墨田区のオフィシャルサイトで一足早い春を探す企画があったので、今回はこの企画に参加することにしてみたのです。

 その企画は「墨田区梅見街歩きツアー 香梅園、亀戸天神社に梅の香を訪ねる」というツアーです。
墨田区梅見街歩きツアー
このツアーは、錦糸町駅→亀戸天神社→普門院→伏見稲荷神社→境橋→香取神社香梅園→小村井駅というルートで、小村井駅から始まる逆のコースもあるA・B、2通りのコース設定があります。
亀戸天神社と香取神社香梅園では各々宮司からの園内解説がある企画で、各コース15名ずつの募集で、参加費用は一人500円です。本来ならばこのコースをベースにオリジナルのコースを設定して散策するところですが、一度くらいこういったツアーを体験するもの良いかなという思いで今回のツアー参加となったのです。
日時は2月18日(土)PM1:00出発で、2週間ほど前に申し込みを済ませたのでした。

 墨田区は以前、東京迷宮案内の【「時空を超える旅 ~江戸・水・散歩~」彷徨】で訪れ、曳船駅からスタートし、鳩の街商店街から向島、吾妻橋、江戸東京博物館、両国駅にいたる墨田区の西側に沿った散策コースでしたが、今回は比較的墨田区の東側を南下するコースです。しかも梅の香と歴史を楽しめるというとっても優雅な散策なのです。
しかしながら一足早い春はこの寒冬(という言い方も変ではありますが…)により梅が殆ど開花せず、催行日の4日前にツアーの延期の連絡があり、日時は3月3日(土)のひなまつりに変更されたのでした。
そして催行日の3日前の2月29日には関東ではこの冬一番の積雪に見舞われる大雪が降るほどの冷え込みに、「今週もだめかな」と延期を予想される天候ではあったのですが、特に連絡もないので3日のツアーに向ったのでした。

墨田区観光協会】http://visit-sumida.jp/

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks