埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-1-2 扶桑ビル1F  2012.03.20訪問

店舗概要

訪れたのは2回目で、昨年の8月頃に訪れたときは、“こだわり回転寿司”となっていたのですが、寿司が回っている様子はありませんでした。
そして半年振りに訪れてみると回転寿司ではなく、江戸前寿司に変わっていました。
もともとの評判は聞いていたから一度訪れたわけなので、とにかくランチと称する握り寿司は安くてボリュームたっぷりで、私でさえ危うく残すところでした。
回転寿司ではないにしろ、こだわっているのは相変わらずのようです。

店舗内外観

名前も多少かわったのですが、気持ちエントランスも綺麗になりました。
鮨右衛門
以前は雑然としていたような気がします。
内装はすっかり変わっていました。
鮨右衛門
もともとそう広くは無い店舗で、その中にぎゅっと押し込められたカウンターだけの内装で、以前と配置等は変わらないのですが、カウンターや壁が一新されていて、実にスッキリした感じです。
鮨右衛門 鮨右衛門
以前は若干古臭いすし屋という風情でしたが、ちょっと近代的なイメージに変わっています。POPなども雑然から整然に変化していることもあるでしょう。
一言でいえば気持ちよい店内に変わっていました。

メインメニュー

のっけ寿司 【気まぐれ満腹 のっけ寿司】540円

サイドメニュー

あなご1本勝負 【あなご一本勝負】290円

感想

以前と同様、サービスや待ち時間無しを着たいしてはいけない店ですが、この日は12:30頃におとずれましたが10分も待たずに着席できました。
オーダーは当然ランチの「のっけ寿司」ですが、今回はサイドメニューとしてあなご一本丸ごとの握りも頼んでみました。
まずは先に出てきた穴子は、飛び切り美味しいというほどではありませんが、そのボリュームでこの価格がといったところでしょう。 そしてメインのランチです。
11:00から2:00までのランチタイムに、限定30食とあったのですが、最近50食までに増えたそうです。これによって44番で何とか滑り込みセーフというところです。
やはり大層なボリュームです。15貫に味噌汁付きで540円ですからなんとも嬉しいコストパフォーマンスです。 ただ、以前の時は680円で20貫でしたから、見た目には以前の方がお得のような気がします。
のっけ寿司 半年前ののっけ寿司 《左:現在、右:半年前の「のっけ寿司」》
しかもネタも以前は「ウニ」「中トロ」「カニ」などがありましたが、若干見劣りがします。
元々が小さめの握りでしたので、今回は穴子も付けて満腹というところです。
勿論、安い不味いでは長続きしませんので、この価格ではかなり美味しい寿司をいただけるという感じですが、以前を知っていると若干拍子抜けです。
やはり以前のクオリティを維持するのは難しいのでしょうが、話のネタに、そして文字通りランチとしてなら充分満足を得られるでしょう。

2012.03.20記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks