埼玉県比企郡小川町大字小川1220 埼玉伝統工芸会館敷地内  2010.3.20訪問

店舗概要

埼玉伝統工芸会館(道の駅)にあって地元の小麦を100%自家製粉して作った手打ちうどんと蕎麦の店です。 少し前までは「忠七めし」で有名な割烹二葉の経営するレストラン仙元があったそうですが店代わりしたのでしょう。
ちょうど物産館が併設されているので、お土産を見ながら入れるといったロケーションです。
館内の一角には朝取の野菜などが販売されていたり、惣菜も販売されているので、それを購入してうどんと一緒に食べる(所謂持ち込み)こともできるようです。
店内はかなり広く7~80人は入れるのではないでしょうか。ゆったりとしたレイアウトなので満員になってもせせこましくないでしょう。
間伐材のテーブルやと和紙のランプシェードなどで彩られた店内は小川町の特色を生かしたナチュラルな落ち着きがある店舗です。

店舗内外観

物産館の中にある入口
かたくり かたくり
ゆったりした店内に間伐材のテーブルと和紙のランプシェードに癒されます。
かたくり かたくり
流石に木の町だけあって、自然あふれる店内です。

メインメニュー

かたくり 【天付うどん】 650円(大盛はプラス100円=750円)
色合いからそばの極太のように見えます。
天ぷらは春菊・かぼちゃ・ピーマン・かき揚げと4種付いています。

感想

お勧めとある「天付うどん」を注文しました。
そばを頼んでしまったのかと思うほどそばのような茶色い風合いです。 そばの香りこそありませんが、かなり太い麺ですがシコシコとコシが有り中々美味です。
天ぷらはごく普通ですが、4種付いているところが実に驚きです。恐らくこれも地場の野菜でしょう。
今回は大盛りを頼み、一見量が少なく見えますがやはり食べてみるとかなりのボリュームです。
難を言えば私には辛さの物足りない出汁です。かなり薄味といえるでしょう。うどんだからでしょうか、たっぷり出汁をつけても若干物足らないくらいです。まあ、これは個人的な好みもあるでしょうが。
いずれにしてもこの味、このボリュームで750円ですから実にコストパフォーマンスの良い天付うどんでした。

2010.03.28記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks