原市沼川に掛かる市境橋

概要

tsurunuma01.jpg 写真の橋の右側が伊奈町で左側が上尾市。下を流れる川は原市沼川で写真上が上流。
【市境に掛かる名も無き橋】


tsurunuma02.jpg 江戸時代、この近辺に鶴の巣が見つかり大騒ぎになった顛末が描かれている
【橋のそばにある解説板】


原市沼つるの話(矢部家文書抜粋)
安永六年(一七七七)現在地の上流と推定される真菰の中につるが巣をつくり原市と近隣の村々が大さわぎになりました。

四月末(月日は全部旧暦)親鳥二羽卵を二つ生む公儀勘定所に届出る。五月一日、五日、八日、紀州家より役人見分に来る。
五月八日・・・真鶴と判定。番人昼四名、夜八名、番小屋で見張り。餌毎日もみ一升、どじょう五合、餌係は源太郎。鶴の巣付近は人、田舟立入禁止。
五月十三日・・・ひな壱羽貝割(ふ化)
五月十四日・・・毎日もみ二升、どじょう一升と餌を増加。丸山に番小屋を増設、番人昼四名、夜八名とする。
五月十七日・・・二つ目の卵がふ化
五月一八日・・・仲仙道より現地までの道普請、のべ一三五人実施。
六月一日・・・夜大雨。
六月二日・・・朝ひな一羽下平塚田の畔に落死。「掛渡井に住む川ウソが増水で来たのではないか」と村役人紀州家鳥見役に釈明。早速川ウソ落としの仕掛をかける。
六月三日・・・岩槻城内に鷲つるの巣を襲う。
六月四日・・・紀州家より鉄砲方四名急派。
六月十五日・六月十六日・・・鷲二羽うち落とす。
註・・・親鶴とひな鶴は文書に見当たらず後日将軍に献上されたと思われる。

お願いゴミ空カン動物の死体など捨てないで下さい。
原市沼を愛する会 (現地案内板より)

2009.2.11記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks