上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後1年の決算

2011年3月11日起った大震災の爪痕がまだまだ多く残る1年後の2012年3月31日(土)、いわき市に行ってきました。 「いわき散策記vol.15」を記載したのが、昨年の8月ですから、かれこれ半年が経過してしていました。
その間、3回程いわきには来ていたのですが、物見遊山でもなかったので、この散策記に記載することもなかったのです。
そして震災1年を経過して、いよいよ今日で平成23年度も終わりという日に、我が家でもある意味での決算をしにいわきにやってきたのでした。

震災時には、家屋の直接的なダメージもあり義母も埼玉県に避難し、いわきと埼玉との往復を繰り返していましたが、やはり肉体的にも精神的にもダメージは完全に回復することはないことから、ついにいわき市を引き上げることに決定したのです。
その準備として今回のいわき行きとなったので、下見的に日帰りでの強行軍となり、今回も本来、散策記を記載するような内容もないのですが、防備録として記載しておきたいと思い立ちました。

朝7:00過ぎに自宅を出て10:00過ぎにはいわき市に到着しましたが、一つの区切りとして高速道路料金が今日で無料が終了となるのです。常磐道においては水戸IC以北が無料だったのですが、本日3月31日を持って有料に戻るわけなのです。勿論、避難等された方は別途特例があるようですが、基本的には震災前後の一線を引いたといえるのでしょう。
今日は朝から天気は悪く午後からは荒れ模様との天気予報の中、何とか午前中はいわき市湯本のシンボル「湯の岳」もうっすらと見ることができました。
湯の岳
改めていわきに戻ってきたことを実感させてくれます。

交通安全

2週間ほど前、家内が交通事故を起こしました。
交通事故といっても、それ程大きな事故ではなく駐車場で何故か前向きで、停めてあった車に接触したという不可解な事故です。 まあ、お互いにバンパーを取替え程度で済んだからよかったものの、基本的に加害者はこちらですから保険で処理をすませることとなったのです。
これまで30数年、事故というものは一切なかったことから保険で処理するという事態ははじめての経験です。そんなことから何か不吉なことの前触れではないかと余計な心配をしているなか、ふと思い出したのが交通安全のお守りでした。
今年1月に初詣で新しいお守りに替えるのをすっかり忘れて、いつか変えないとと思っていた矢先のことだったので、妙に気にかかったのです。
現在の交通安全のお守りは、やはりちょうど1年ほど前の昨年の1月、いわき市湯本の金毘羅神社でいただいたものなので、この機会にお守りを新しくいただくことにしたのです。
こちらがそのお守りです。
昨年のお守り
1年間じっと守っていただいたのですが、「それ以上は面倒見れないよ…」とばかりに見放されたのかもしれません。

到着した金毘羅神社は季節外れで、しかも天候も悪いとあって人っ子一人いない寂しい境内です。
金毘羅神社
昨年【いわき散策記 vol.13】で来た1月の例大祭での賑わいとは180度違っています。
金毘羅神社 金毘羅神社
まあ、それはそれで神社の風情でもあるともいえるのですが…。
金毘羅神社は昨年も含めて3度目ですから、表情はそれ程変わりません。
重厚感ある社殿や、「湯立神事」の釜にも残り火があるようで煙っているのもまた情緒のあるところです。
金毘羅神社 金毘羅神社
そして境内には春を感じさせる花も咲いています。
春を告げる「福寿草」、同じく春を告げる「雲龍梅」が咲いているのは多少寒冬の影響があるのかもしれません。
福寿草雲龍梅
さらに「十月桜」という10月に開花して、4月に再び開花するという珍しい桜も開花していています。
十月桜 十月桜
春が間近であるのは感じさせてくれるのですが、逆に春ではないこともまた実感させてくれます。

もう一つ印象的なのがこの幟です。
金毘羅神社
右側には「祈 震災早期復旧復興」、左側には「祈 原発事故早期収束」と記載されており、まだまだ震災の爪痕がまざまざと残っていることを実感させてくれるのです。
我が家では徐々にいわき市とは関係が遠ざかっていくのですが、記憶は残り続けていくのでいく事でしょう。

そして古いお守りを返し、新しいお守りを授与していただきました。
お守り 新しいお守り 新しいお守り
早速、車に取り付けて交通安全を祈願したところです。

地デシ

金毘羅神社でのお参りを済ませて車に戻り、頂いたお守りを早速社内に取り付けていると、ワンセグで「アナログ放送終了」に関するプログラムが放映されていました。
チャンネルはHNK福島ですが、言われてみれば昨年の震災のため東北3県だけは地デジ移行期間を延長し、その期限が今日2012年3月31日昼12:00だったのです。
ちょうど11時45分ころで、NHKでのスタジオではアナウンサーと柳沢慎吾らによって、アナログ放送の終了告知とデジタル放送の使い方、楽しみ方といった内容のプログラムが放映されています。
アナログ放送終了
そして5分前のニュースでは、アナログ終了のトピックスが放送され、12:00ジャストにアナログ放送が終了したのです。
アナログ放送終了
これをもって日本全国のアナログ放送が終了し、全国地デジ化となったのです。
地デジ化完了
先の高速道路無料化終了やアナログ放送終了といった被災地ならではの特例が終了し、一見これで復興がなったような錯覚を起こすかもしれませんが、実際には復旧・復興の始まりでしかないことを感じさせられたアクティビティでした。

午後からは一旦住居内の掃除をし、近くのうどん店【ぶっきりうどん 松喜家】で美味しい昼食をとって小名浜に向う予定でしたが、かなり雨脚も強くなってきたことから、今回はこのまま帰宅することにしました。

帰路の常磐道は豪雨で、久々にビビッた運転を強いられました。
常磐自動車道
これからも茨の道が続くことを示唆しているかのような豪雨でしたが、直接的な支援はもとより、間接的な支援、所謂震災を風化させないことが何より重要なのかもしれません。
改めて震災にあった方々のお見舞いと応援を申し上げたいです。

2012.04.05記
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. horikoshi | sSHoJftA

    先日はコメントありがとうございましたm(_ _)m
    年度が変わり復興が一気にすすんだ錯覚を起こしますね。
    でもこれからなんですよね、長いスパンで考えていかないといけないです。

    私もリンク貼らせて頂きますm(_ _)m

    ( 23:13 [Edit] )

  2. コメントありがとうございました。
    あの震災から一年経ちましたが、被災地ではまだまだ復興とはほど遠い状況と聞きました。
    少しでも早く復興すると良いですね。
    なんとか応援したい気持ちでいっぱいです。

    私のほうでもリンクを貼らせていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    ( 23:24 )

  3. 薄荷脳70 | -

    ありがとうございます。


    horikoshi様、鴨様
    ご訪問ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いいたします。

    ( 04:54 )

  4. ありがとうございます。

    拙ブログにご来訪いただき、ありがとうございました。
    薄荷脳70様のブログ、どこかのオフィシャルのブログかと思う程、しっかりと書かれていて、敬服いたしました。
    特に、上尾グルっと名所図会は、近隣なので、興味深く拝見させて頂いてます。

    当方もリンク貼らせていただきました。これからも宜しくお願い致します。

    ( 08:54 )

  5. 薄荷脳70 | -

    Re: ありがとうございます。

    こちらこそありがとうございました。
    今後もよろしくお願いいたします。

    ( 20:49 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。