はじめに

東松山市の「箭弓稲荷神社社殿と牡丹園」はジャンルAで6,243票を獲得して第19位にランクされました。

『箭弓稲荷神社は、1028(長元1)年源頼信が平忠常の軍勢をこの地で破ったことを祝って再建したことが始まりといわれる。県指定の文化財の社殿には龍や獅子、鶴、亀などの彫刻で飾られ、社殿の裏側の羽目板には仙界の理想郷を表す「烏鷺の図」が彫られている。
社殿隣のぼたん園は、1923年(大正12)年に東上線坂戸~東松山駅間の開通を祝い、当時の社長根津嘉一郎氏が千本のぼだんを奉納したことに始まる。
毎年5月初め、約3500㎡の敷地に約1300本の赤、白、ピンクの花が咲き乱れる。開花期間中には「ぼたんまつり」が催される。』(本書の説明より)

今年のゴールデンウィークは非常に天気がよく、4月までの異常な寒さもやっと平年のような暖かい、時には暑くなるくらいの天候となりました。
例年の如くゴールデンウィークは何処も混雑が見込まれますので遠出は禁物、ましてや高速に乗るなどということは自殺行為に等しい所業です。
したがってこの時期でなければならない季節的な面と、比較的近場で楽に移動できる立地の面で東松山市へ向かうこととなったのでした。

東松山市は埼玉県のほぼ中央にある人口約90,000人の市です。
たまには電車で出かけるのも一興なのですが、どうも東武・西武線は不便でつい億劫になります。また最近では関越道を使う場合は東松山ICを利用している関係上、車で行くのが大変便利な場所です。
ということで今回もまたまた車の利用です。
朝8:30頃に出発して9:00過ぎには到着という近さで、殆どゴールデンウィークの影響を受けないルート(当たり前か)です。
何度も通過した街ですが、じっくり楽しみたいものです。

map東松山市オフィシャルサイト】 http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks