上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

【くりはし八福神】はジャンルAで29位の4,953票を獲得しました。
まずは本書の概要。

『「くりはし八福神」と名づけられた八福神巡りは1999(平成11)年に始まった。全長約7Km、所用時間は3時間から4時間。発案は石材店を経営する酒井勲さんで、息子の鉱治さんが制作にあたった。
七福神より末広がりで縁起がいい」と、恵比須、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人に吉祥天を加え、町内の八つの寺に安置した。
古くから交通、商業の要衝として栄えた同町は多くの史跡や地蔵があり、信仰心の厚い伝統がある。御朱印を押す納経帳のデザインも町民らが協力して作成するなど手作りの福神だ。』

年も明けて2009年。仕事の都合で初詣をしていなかったこともあり、新年の縁起もこめて八福神めぐりに栗橋町へ向かうことにしました。
前日まで降っていた雨も上がり、若干風は強いながら天気も良く何とか八福神めぐりには好都合の1月10日(土)に車で栗橋に向かいました。
自宅から栗橋までな実に簡単でほぼ一本道で、県道3号さいたま栗橋線を利用します。 この県道は実に便利な道で、先日の蓮田(実際は別ルートを使用)や、今後訪れるであろう鷲宮、大利根などの方面はこれ一本でいける大変ありがたい道路なのです。
朝9時過ぎに自宅を出てホンの10分ほどで県道3号に合流します。ここからは何の考え無しの快適ルートで今日はどんな楽しみがあるのかワクワクものです。

北葛飾郡栗橋町オフィシャルサイト】 http://www.town.kurihashi.saitama.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。