上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

【冬桜の城峯公園】はジャンルAで4,106票を獲得し、第38位にランクされました。

城峯公園は埼玉県の北部で、群馬県との境にある神川町にあります。 このような動機付けが無い限り、埼玉県に在住していても余り行く機会は無いところでしょう。
まずは本書の説明から。

『埼玉県と群馬県の境、神流湖(下久保ダム貯水池)を一望できる高台の上にある城峯公園は、晩秋から初冬にかけて薄紅色の冬桜に包まれる。湖畔の山々も赤や黄色に色づき始めるこの時期、紅葉が織りなす景色は幻想的で、多くの行楽客でにぎわう。
標高500mほどに位置する公園内には、「山桜紅」という品種の約400本の冬桜のほか、八重桜、ツツジなどがいっぱい。毎年10月末に行われる「冬桜まつり」をはじめ、バンガロー完備のキャンプ場や休憩所もあり、一年中自然を満喫できる。』

そんな冬桜を訪ねて神川町へ向かいました。正式には埼玉県児玉郡神川町で平成の大合併までにも様々に離合集散が行われたようです。 さすがに、ほぼ群馬県とも言っても良いロケーションで、更に現地での便が余りよくなさそうなので今回も車を使用しました。
今回のルートは、時間的な事もあり高速を使用することにしました。

11月22日(土)AM9:30頃、自宅を出発し、まずは関越自動車道を目指し国道17号から国道16号を経由して川越へ向かいました。川越市に入ってから関越入り口まで結構な混みようでしたが、何とか川越インターを入ると”泣きっ面に蜂”の如く、次のインターの鶴ヶ島まで大渋滞。どうやら事故渋滞らしい。 およそ30分くらい掛かって事故現場を通るが、四輪と二輪の事故。二輪は目を覆うくらいの大破損で、ライダーの安否はどうだったのでしょうか。ちょうど我が家の次女が四輪の教習所に通っており、残すは卒検だけらしく免許取得も間近のようなので、最近、交通事故も他人事ではないと感じるようになっています。
ちょっと気を引き締めて関越を走ります。
ここからは順調で40~50分程度で本庄児玉インターを下りました。本庄児玉インターから国道462号線を左方向に進めば目指す城峯公園は一本道です。いかなる光景が待ち受けているのでしょうか。じつに楽しみです。

児玉郡神川町オフィシャルサイト】 http://www.town.kamikawa.saitama.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. vさん | -

    なるほど!

    城峯公園ですか! 素晴らしい処ですね!!

    本文の事故の内要とともに非常に興味をそそられる記事でした。

    いつも、古い記事への書き込み・・・済みません・・・

    ( 20:43 )

  2. 薄荷脳70 | z3DJMOlI

    vさん、ありがとうございます

    ちょううど4年前の今頃訪れたんですね。
    まだ散策を始めたばかりの頃で、知らない町を知る新鮮さと楽しさを感じたころです。
    古い記事に投稿していただくと、そのような懐かしさなどが甦ってきて嬉しい限りで感謝、感謝です^^
    これからもよろしくお願いします。

    ( 05:16 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。