上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

北本市にある石戸蒲ザクラは、4,987票を獲得して27位にランクされています。

『日本五大桜の一つに数えられている石戸蒲ザクラはエドヒガンザクラとヤマザクラの雑種の単独種。従来800年とされ、北本市石戸宿の東光寺境内にある。(※”従来”ではなく”樹齢”の校正ミスと思われる)高さ約14m、根回り約7,4m。1922(大正11)年に国指定天然記念物となった。
この銘木には、蒲冠者といわれた鎌倉時代の武将・源範頼(源頼朝の異母弟)にまつわる伝説が数多く残されているほか、滝沢馬琴が著した「玄同放言」にも渡辺崋山の挿絵入りで紹介されている。北本市では蒲ザクラを核にしたまちづくりを進めている。』

花見シーズン到来の季節、このタイミングがとばかりに100選でも桜関連を訪ねようと計画しました。例年桜の見頃は2週間程度で、カレンダーとのマッチングが上手くいかなければ、土、日の2日間しか見ることが出来ない場合もあります。
それなのに100選では3ヶ所がランクされているので、全て巡るのは難しいかなと思っていました。
案の定今年は4月4,5日が見頃で、尚且つ4日はどうやら曇りのち雨らしいことから、4月5日に北本に向かいました。 何故北本かというと、単に家内が車を使う予定であることから近場でという単純な発想です。
ということで今回は北本市の石戸蒲ザクラを見に行きました。

北本市は上尾市の隣の隣の市ですので実に近くなのです。
電車で行くと上尾駅からJR高崎線で北上尾・桶川・北本と3つ目で、所要時間僅かに10分程度です。
それより問題は上尾駅までの行程です。通常通勤では埼玉都市交通を利用し、大宮駅に出てから向かいますが、いくらなんでもそこまで遠回りするのもどうかと思い、バスって言う手もあるのですが思い切って普段あまりしたことの無い徒歩で上尾駅まで向かいました。
AM8:00頃自宅を出手のんびり徒歩で上尾駅に着いたのがAM8:30少し前。ほぼ30分かかってました。
そこから高崎線で向かうのですが、電車が遅れて20分くらい待たされましたが、北本駅にはAM9:00頃には到着しました。 北本駅からは今回初めてバスを利用する予定です。
今日は天気も良くコートもいらないくらい暖かいので気分も良く、どんなことに出会えるか楽しみです。

北本市オフィシャルサイト】 http://www.city.kitamoto.lg.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。