煮ぼうとう

記念館を出るとすでに1時半過ぎ。頭は一杯でもお腹がすいたことで昼食に向かいました。
深谷の名物に「煮ぼうとう」があるのを調べてあったので、昼食は「煮ぼうとう」と決めていました。ちょうど「中の家」の隣に「煮ぼうとう」の店があったので「中の家」に戻る形で向かいました。

藍屋 藍屋

藍屋入り口と看板

農家風というか民家風というのか趣のある建物に「煮ぼうとう」の旗と”藍屋”と言う屋号の看板が掲げられてありました。「中の家」のとなりに”藍屋”とは実に風情があります。

藍屋

藍屋店内・奥が土間を経て座敷

戸口を開け中に入るとすぐ土間になっていてそこにテーブルがあり、左側に入ると座敷、右側がテーブル席(といってもテーブル席も靴は脱ぐ)となっていて完全に民家を改築したものだと見て取れます。昼は2:00までだったので何とか入れました。
テーブル席の方についてメニューを見ると結構凝ったものがあります。夜は居酒屋になるようで川魚などの料理も豊富にメニューにありました。
ですが、ここのところは当然、「煮ぼうとう」です。ちょうど2;00まではランチタイムらしくランチセットがあり、”煮ぼうとうと雑炊セット”のBセットを頼みました。
会社周辺のお店でランチセット頼むと概ねどこの店でも5分程度でランチが出てくる。まあ、これは時間の少ないサラリーマンと回転を良くしたい店との共通利害の一致のなせる業ですが、東京と違い深谷では多少時間がゆっくり流れているようです。
15分くらい待ったでしょうか。恐らく東京なら2.3回は催促している時間です。でも、その分美味しいものが食べられると思えばこれもまた格別です。
いよいよ待望の「煮ぼうとう」がやってまいりました。”名物に旨いもの無し”とは言いえて妙の格言で行田、加須と2連敗していますから不安と期待といったところでしょうか。

煮ほうとう

煮ぼうとう雑炊セット

見た目は実に旨そうで結構なボリューム感です。どんぶり一杯の汁と様々な野菜。麺は見えません。さらに煮物とポテトサラダの2つの小鉢と香の物。これで950円ですからなんともリーズナブル。
「煮ぼうとう」とは山梨のほうとうと同じ平打ち麺を使用し、山梨ほうとうの味噌仕立てと違い醤油味のうどんです。
煮ほうとう

幅広の平うち麺

早速、食べてみると、まず平打ち麺の幅が広い!平打ちというより”板”状。ねぎ、大根、にんじんなどの各種野菜とキノコなどがたっぷり入っていて、野菜の甘みとうまみが混ざって中々の美味。下に米が入っていて雑炊と麺が一緒になっています。
熱々をふうふう言いながら食べても中々減らないボリューム。完食したときは食べ過ぎたことを後悔する気持ちになるくらいです。
特にネギは「深谷ねぎ」と言われるくらい全国的に有名ですが、この中に入っているネギも当然「深谷ねぎ」であるわけで、実に甘みのある美味しいネギであることを再確認されました。
味、ボリュームとも言うことなしの大満足の「煮ぼうとう」でした。
最後に付け加えて、この店では食後コーヒーがセルフですが飲み放題という嬉しいサービスもありました。
また、機会があれば食べてみたい味と、訪れて見たいお店でした。

ほんの2~3時間で渋沢栄一を随分知ったような気がします。
埼玉県の偉人としてその地を訪れ、生き様を知ることも中々気持ちのいいものです。そんな充足感を胸に「論語の里」を後にし、次の目的地「コスモス祭り」(ジャンルB「コスモス祭」参照)に向かいました。

2008.10.17記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks