上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

狭山茶はジャンルCで10,234票を獲得して第2位にランキングされました。本書の説明です。

入間市を主産地に県下で生産される茶の総称。同市の年間生産量は全県最多の443tで、全県生産量の47.6%を占め、栽培面積も626haと最も広い。
狭山地方に茶が伝えられたのは鎌倉時代。京都の高僧明恵上人が植栽したのが始まりとされ、茶業としては1802(享和2)年、宮寺地区の吉川温恭らが需要を増やし、主に江戸に出荷したという。
さわやかな香りとこくが特徴とされ、毎年一番茶は4月下旬から5月下旬に、二番茶は6月下旬から7月中旬に摘み取られる。』

日本の数ある飲料の中で最も知られていて、最も馴染みのある飲料が“お茶”でしょう。
最近はすっかり欧米文化も定着し、その中から日本的な文化になりだしているものもあるようです。そのような状況にあっても“お茶”の文化はある意味不滅のようで、そのなかでも日本茶の占める地位はそう揺るぎのあるものではないでしょう。
昨今は日本の文化の見直しとともに、健康に対しての効用として“お茶”が認識されているようで、ある意味のお茶ブームといっても良いかもしれません。 そこで今回は八十八夜である5月2日(土)のゴールデンウィークに入間市を訪ねました。

ゴールデンウィークで更にETCによる高速1,000円も重なり相当な渋滞も予想されるのですが、行き先での足の便を考え車で向かいます。
国道16号線を只管進みましたが、当地でのイベントの関係もあってかなり朝早出でしたのでこれと言った渋滞もなくスムーズに入間市に到着しました。
今回もどんな経験ができるのか大変楽しみです。

入間市オフィシャルサイト】 http://www.city.iruma.saitama.jp/


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。