はじめに

【草加せんべい】はジャンルCで8.187票を獲得し4位にランクされています。
本書による概要です。

『草加では昔から良質の米がとれ、おいしい水と醤油が身近にあるなど原料に恵まれていたことが、名物になっていった理由といわれている。 古くから農間余業としてつくられてきだが、明治、大正時代に急速に地場産業として発達している。
現在、市内にあるせんべいの製作所や販売所は60軒以上ある。製造工程は、生地製造工程と焼き上げ工程に大別できる。うるち米の製粉、蒸す、練る、アク抜き、乾燥など丁寧な作業を経て焼き上げ、醤油を塗る。』

草加市は埼玉県の南部にあり、自宅の上尾市からはそれ程遠くはないのですが、鉄道の場合草加市自体に東武線しか路線が無い為、春日部経由の東武野田線利用か上野・北千住、あるいは武蔵野線経由の東武伊勢崎線利用しかないのです。
どちらに行くにしても乗り換え時間等考えると凡そ2時間弱は掛かる計算です。それはそれで又楽しみの一つにもなるのかも知れませんが、やはり今回は車で向かうことにしました。
自動車の場合、第二産業道路を南下し浦和で外環に乗り換えるルートで、2月8日、日曜日の午前中とあって道もすいており凡そ1時間弱で到着しました。
草加市方面を訪れるのは約30年以上振りのことで、今回の散策は【草加せんべい】のみならず草加市の変貌も楽しみの一つなのです。

草加市オフィシャルサイト】 http://www.city.soka.saitama.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks