上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわりに・・・

草加宿を巡り終わり帰路につくことにしましたが、車は文化会館に駐車してあるので、そこまで戻るわけですが、さすがに歩いて帰るのも億劫なので、久しぶりに東武伊勢崎線の一駅ですが松原団地駅まで行くことにし、まずは草加駅に向かいました。
途中に懐かしいものを発見しました。

「ブンブン餃子」です。 学生時代、地方からの友人は伊勢崎線沿線の谷塚、竹ノ塚などでアパート暮らしをしている者が多く、学校帰りにこのブンブン餃子を買って友人宅でドンチャン騒ぎなどと言うことも懐かしい思い出です。
そんな「ブンブン餃子」がまだ残っていたのでした。
おわりに 【懐かしのブンブン餃子】

ちょっと学生時代を思い出しつつ草加駅に向かうとロータリーの東屋にブロンズ像がありました。
草加駅前広場の”アコス広場”にちなんで「アコちゃん」と言うそうで、制作者は稲荷4丁目在住の彫刻家・麦倉忠彦氏で、草加中央ライオンズクラブが寄贈したそうです。
モチーフは「草加せんべいを食べる少女」・・・まんまですが、確かにせんべい食べていました。
おわりに 【”まんま”のアコちゃん像】


反対側にはせんべいを焼いている草加せんべいの“創始者”「おせんさん」の像もあります。でもせんべいを作ったときは”おせんばあさん”といわれていたけれど、この像はかなり若くて、さらに洋服着てるって・・・まあ、これもモチーフだからでしょう、きっと。
おわりに・・・ 【平成によみがえる「おせん”お姉さん”像?】
などと最後まで悪態をつきながら松原団地駅に向かいました。 いやあ、松原団地駅も随分とかわりましたねえ。当然と言えば当然ですが。

ここからホンの5分程度で振り出しの「百代橋」です。

時刻は3:30を過ぎていた頃でしょうか。ちょうど警察関係の人たちが引き上げるところでした。件の百代橋の”KEEP OUT”はずされていましたので、百代橋を渡って見ました。
おわりに・・・ 【矢立橋・・・ではなく百代橋、でどう違うのか】


こちらも矢立橋同様、じつに眺めがよいですね。松に遊歩道に綾瀬川の取り合わせは実に見事な景観ですね。
おわりに・・・ 【百代橋からの警官・・・ではなく景観】


折角解除されたので、そのまま遊歩道を散歩すると石碑があります。
これは、『おくのほそ道』の「その日やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり」の条が刻まれていて、高さ2m、幅1.2mの碑で、ライオンズクラブ埼玉地区より寄贈され1991(平成3)年4月設置されました。碑文の文字は、元吉川町教育長でかな文字の大家である木村笛風の筆だそうです。
おわりに・・・ 【松尾芭蕉文学碑】


『ことし元禄二とせにや 奥羽長途の行脚 只かりそめに思ひたちて 呉天に白髪の恨みを重ぬといへ共 耳にふれていまだ目に見ぬさかひ 若生きて帰らばと定めなき頼みの末をかけ 其日早加と云宿にたどりつきにけり
痩骨の肩にかかれる物 先くるしむ 只身すがらにと出立侍を 帋子一衣は夜の防ぎ 浴衣・雨具・墨筆のたぐひ あるはさりがたき餞などしたるは さすがに打捨がたくて 路次の煩ひとなれるこそわりなけれ』

文学と産業で彩った歴史を持つ草加は見所満載の興味深い町でした。
30年前は通学のための町でしかなかったのですが、30年も経過すると町も、私自身の見方も変わる事によって印象もこんなに違ってくるのでしょう。懐かしさや、新しさなどなど・・・
また、訪れる日が来るのか来ないのかは分かりませんが(行きたければ直ぐ行ける・・・っていえば、その通りなのだが)次にくるときにはまた変わっているのでしょうね。ただ、一生忘れられない町であることは変わらないでしょうが・・・

2009.02.08記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. TA・MA | -

    草加が良く分かりました

    こんばんは

    草加市に住んで長いですが、いかに自分が知らないことが多いのかと自覚。
    (それだけ心に留めずに生きてきたということですね)
    草加を紹介していただき感謝と、調べつくされる姿勢に脱帽と敬意です。

    ありがとうございます。

    ( 20:05 )

  2. 薄荷脳70 | z3DJMOlI

    TA・MAさん、ありがとうございます。

    書き込みありがとうございました。
    少しは楽しんでいただけたなら、大変うれしいです^^
    大変な賞賛をいただきかえって感謝のいたりですが、元をただせば私も生誕地・川口を始め、旧浦和市、そして現在の上尾市と住んだ街のことをまったく知らなかったことから始めた散策です。
    はじめてから目から鱗のような状況から嵌ってしまったと言うことです。
    草加も学生時代の懐かしい町ですから、それだけ愛着があるので余計力が入ってしまった、ということですね^^
    これからもよろしくお願いいたします。

    ( 05:13 [Edit] )

  3. TA・MA | -

    松原団地

    草加は、学生時代の懐かしい町なのですね。
    独協大学といえば、はるか昔に大学近くのマルヤというスーパーでPOPのバイトをしていたのが懐かしいです。
    松原団地駅西口は、団地の建て替えで凄い変わってきました。
    機会がありましたら、再取材にどうぞ(^。^)

    ( 06:30 )

  4. 薄荷脳70 | -

    TA・MAさん、ありがとうございます。

    松原団地駅附近も更に変貌しているのでしょうね。
    一度学園祭などにも言って見たいですね。
    情報ありがとうございました^^

    ( 05:24 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。