まちかど雛めぐり  #3 ~栄枯盛衰を遺構で偲ぶ~

「時の鐘」から岩槻市のシンボル、「岩槻城址公園」に向かいます。

「岩槻城址公園」の看板のある入口から入園すると、岩槻城についての説明があります。
岩槻城址公園看板【岩槻城址公園入り口】


『岩槻城は室町時代末に築かれた城郭です。築城者については太田道灌とする説、父の太田道真とする説、そして後に忍(現行田市)城主となる成田氏とする説など様々です。
16世紀の前半には太田氏が城主となっていましたが,永禄10年(1567)三舟山合戦(現千葉県富津市)で』太田氏資が戦死すると小田原城の北条氏が直接支配するところとなりました。
北条氏は、天下統一を目指して関東への進出を図っていた豊臣秀吉と対立。やがて天正18年(1590)5月20日からの豊臣方の総攻撃を受けた岩槻城は2日後の22日に落城してしまいました。同年、豊臣秀吉が北条氏を滅ぼすと徳川家康が江戸に入り、岩槻城も徳川の家臣高力清長が城主となりました。
江戸時代になると岩槻城は江戸北方の守りの要として重要視され、幕府要職の譜代大名の居城となりました。
室町時代から江戸時代まで続いた岩槻城でしたが、明治維新後に廃城となりました。城の建物は各地に移され土地は払い下げられて、およそ400年の永きにわたって続いた岩槻城は終焉の時を迎えました。
岩槻城が築かれた場所は現在の市街地の東側で、元荒川の後背湿地に半島状に突き出た台地の上に、本丸、二の丸、三の丸などの主要部が、沼地をはさんで北側に新正寺曲輪が、沼地をはさんだ南側に新曲輪がありました。主要部の西側は堀によって区切られ、更にその西側には武家屋敷や城下町が広がっていました。また城と城下町を囲むように大構が造られました。
城というと、一般的には石垣や天守閣がイメージされますが、岩槻城の場合、石垣は造られず、土を掘って堀を造り、土を盛り上げて土塁を造るという、関東では一般的な城郭でした。
現在では城跡の中でも南端の新曲輪・鍛治曲輪跡(現在の岩槻公園)が県史跡に指定されています。どちらの曲輪も戦国時代末に北条氏によって造られた出丸で、土塁・空掘・馬出など中世城郭の遺構が良好に残されており、近年の発掘調査では北条氏が得意とした築城術である障子堀が見つかっています。』

かなり広そうな公園です。天気も良くゆっくり散歩しながら腹ごなししながら、史跡を楽しむつもりです。

ということで広い芝生の公園を歩きます。久々にトーテムポールなどを見ました。 岩槻市と友好都市にであるカナダ・ナナイモ市との友好のトーテムポールだそうです。
トーテムポール【ナナイモ市友好トーテムポール】


少し先の右手にカメラを持った人たちが集まって盛んにシャッターを切っています。近づいてみるとどうやら野鳥を写しているようです。青っぽい野鳥が見えますが珍しい鳥か何かなのでしょうか。私のデジカメでは望遠にしても良く見えませんでした。で、折角なので野鳥を撮る人を撮ってみました。特に面白いことはありませんが。
野鳥を撮る人を撮る【野鳥を撮る人を撮る】


その先に進むと今度は、時計台…からくり時計か何かでしょうか。
平和年宣言とからくり時計【平和年宣言とからくり時計】


岩槻市平和都市宣言
私たちの郷土岩槻は、城下町・人形のまちとして親しまれ、武蔵野のおもかげを残した歴史と文化のまちです。この恵まれた環境の中で、やすらぎに満ちた平和な日々を送ることが、私たちの願いです。
しかし、世界では今も、戦争や核兵器の存続、さらに自然環境の破壊など、人間の行為が平和を脅かしています。
私たちは、こうした行為によって平和を破壊することがないよう、核兵器の廃絶を求めるとともに、かけがえのない地球環境を守り、世界の恒久平和が確立されることを強く望みます。
私たち岩槻市民は、このような自覚を持って、平和で豊かな社会を築き、次の世代に引き継ぐことを誓い、戦後五十周年を期して、ここに平和都市を宣言します。
平成七年八月二十日  岩槻市長 斎藤伝吉』

平和都市宣言記念の時計台ですかね。駅前の時計台と似ていなくも無いようですが。

ここから右手の方向へ歩いていくと大きな池に朱塗りの橋が架けられています。 菖蒲池と言うそうで朱塗りの橋は”八ツ橋”です。
菖蒲池と八ツ橋【菖蒲池と八ツ橋】


そもそも岩槻城址公園は、約600本の桜が咲く県内有数の桜の名所だそうで、この”八ツ橋”を中心として四季折々の花を見ることが出来るようです。5.6月になるとこの池には菖蒲が咲きそろうのでしょうね。さらに結構大きな鯉や亀もいて自然が一杯です。ジグザグした橋の感じが雅ですが、素朴な疑問として何故”八ツ橋”なんでしょう。
”八ツ橋”といわれて思い出すのは殆どの人が京都の所謂”おたべ”を思い浮かべるでしょう。そこで橋名として何か謂れがあるのか調べてみましたが、特に無いようです。

そこで京都の”おたべ”に何か関連しているのかと思い、”八ツ橋”そもそもの由来を調べると以下の通りでした。

『京名物の八ッ橋は、箏曲八橋流の創始者八橋検校(やつはしけんぎょう)に由来します。検校は箏曲の名曲「六段の調べ」「八段の調べ」「輪舌」等の作曲者としても広く知られています。・・・』

ということで、これにも関連があるようには思えません。

そうなると形状、所謂、ジグザグで八ヶ所が折れ曲がっているから・・・”八ツ橋”? 八ヶ所かどうか確認はしていません。
どうも謎ですね。単なる思い付きってこともないでしょうからね。
因みに井筒八ッ橋本舗では、所謂、堅焼煎餅を琴の形に仕立てたところから”八ツ橋”とつけたそうです。余計なことかもしれませんが。

菖蒲池から散策路のような小道を行くとだだっ広い整備された場所にでます。左右が小高くなっており、その右側に「白鶴城址碑」と彫られた大きな石碑が建っています。
白鶴城址碑【白鶴城址碑】
岩槻城、別名が白鶴城だったそうです。特にここが本丸とかではなく、この場所に特に意味はないようです。
パンフレットには県内三名城の一つと言われていたと書かれていますが、他の二つはどこなのでしょうか。

ここから先は細い小道を進みます。樹木が茂っているので何処にいるのか分かりにくくなります。まるで迷路みたいな道ですね。しばらく迷路のような道を辿ると工事中のような場所に出くわします。
ちょうど昨日の雨でぬかるんでいるのでそのための通路かと思いましたが、案内板があったので遺稿なのだと理解しました。まさにお城ファンからは罵倒されそうな話ですね。
工事中ではない堀障子【工事中ではない堀障子】


堀障子
現在地は、新曲輪と鍛冶曲輪との間の空掘である。発掘調査の結果、堀底まで三m程埋まっており、堀底には堀障子のあることが確認された。
堀障子は畝ともいい、城の堀に設けられた障害物のことである。堀に入った敵の移動をさまたげたり、飛び道具の命中率を上げることなどを目的として築かれたと考えられ、小田原の後北条氏の城である小田原城(神奈川県)、山中城(静岡県)や埼玉県内の伊奈屋敷跡(伊奈町)などからも見つかっており、後北条氏特有の築城技術と見られている。
岩槻城跡では三基の堀障子が見つかっており、底からの高さ約九十cm、下で一五〇cmあり、その間隔は約九mあった。この遺構の発見で、堀が戦国時代の終わり頃に後北条氏によって造られたことなど様々なことが判明した。』

確かに伊奈屋敷跡の写真にそんなのがありましたね。また灯台下暗しですか。
伊奈屋敷跡は保護のため埋め戻されたようですから、発掘されたまま保存していくのは大変なんでしょうね。
そう言われると簡易通路を設けて、土管みたいなもので保護されているのが堀障子なのですかね。一般の人が簡単に通行できるところですから、遺構保護と公園としての機能を両立した良い保存方法なのかもしれませんね。
因みにここが堀障子ということは、今歩いてきたところが空掘りということですね。ということは空掘りを発掘したところが、現在の散策路になっているということでしょうかねえ。
今ひとつ、こういった城関連の遺構について理解できていないんですよね。

再び菖蒲池に出てそこから野球場の方へ向かいます。
岩槻城跡の説明がありました。

『埼玉県指定史跡 岩槻城跡
岩槻城は室町時代の末(15世紀中頃)に築かれたといわれています。江戸時代には江戸北方の守りの要として重要視され、有力譜代大名の居城となりました。
戦国時代には何回も大改修が行われ、戦国時代の末期には大幅に拡張されました。本丸、二の丸、三の丸などの城の中心部のある主郭部、その周囲を取り囲む沼の北岸に位置する新正寺曲輪(※)、南岸に位置する新曲輪という、3つのブロックから構成されていました。更に城の西側及び南側の一帯には武家屋敷と町家、寺社地からなる城下町が形成・配置され、その周囲を巨大な土塁と堀(※)からなる大構が取り囲んでいました。
この岩槻公園あたりは、そのうちの新曲輪部分にあたっており、その大部分が埼玉県史跡に指定されています。新曲輪は戦国時代の1580年代に、豊臣政権との軍事対決に備え、その頃岩槻城を支配していた小田原北条氏が岩槻城の防衛力を強化するために設けた曲輪と考えられ、新曲輪・鍛冶曲輪という二つの曲輪が主郭部南方の防備を固めていました。
明治維新後、開発が進んで城郭の面影が失われている主郭部とは対照的に新曲輪部分には、曲輪の外周に構築された土塁、発掘調査で堀障子(※)が発見された空堀、外部との出入り口に配置された二つの馬出し(※)など、戦国時代末期の遺構が良好な状態で保存されています。
(※)曲輪・・・城郭を構成する区画
(※)土塁、堀・・・土塁は土を土手状に盛り上げた防御施設。堀は地面を細長く掘り窪めた防御施設。多くの場合、堀を掘った土で土塁を作る。
(※)堀障子・・・堀の底に設けられた障害物の一種
(※)馬出し・・・城の出入り口外側に設けられた施設で、出入り口の防備を固め、敵の城内への侵入を防ぎ、味方の出撃を容易にする』

江戸時代から明治時代に移る際に新政府にとっては基本的に城は要害であるため、廃城となって施設が壊されたり再利用されているケースが多いです。当時の情勢としてはやむ終えない処置ですが、城ファンにはたまらなく残念なのでしょうね。まあ、かつてを偲ぶという事もまた一興でしょうが。
実際にここでは戦火があったのかどうか判りませんが、やはり明治時代に廃城となったのでしょう。
その後、旧・岩槻市の都市計画公園として整備され、開園時は岩槻公園と呼ばれたそうですが、さいたま市との合併に伴い「岩槻城址公園」と改称ました。通称御林(おはやし)公園と呼ばれているそうです。
この説明を読んでから歩くともう少し理解し易かったのかもしれませんね。まあ、気持ちの半分以上は散歩ですから、どちらでもいいことですが。

ここに岩槻城のかつての門が残されています。
岩槻城城門「黒門」【岩槻城城門「黒門」】


『岩槻市指定文化財 岩槻城城門
指定年月日 昭和三十三年二月二十一日
指定の種類 有形文化財(建造物)
所有(管理)者 岩槻市
この門は岩槻城の城門と伝えられる門である。岩槻城内での位置は明らかではないが、木材部分が黒く塗られていることから「黒門」の名で親しまれている。
門扉の両側に小部屋を付属させた長屋門形式の門で、桁行(幅)約十三メートル、梁間(奥行)約三、七メートルである。屋根は寄棟造で瓦葺。
廃藩置県に伴う岩槻城廃止により城内より撤去されたが、昭和四十五年(1970)城跡のこの地に移築された。この間、浦和の埼玉県庁や県知事公舎の正門、岩槻市役所の通用門などとして、移転・利用された。
修理・改修の跡が著しいが、柱や組材、飾り金具などに、重厚な城郭建築の面影を伝えている。岩槻城関係の数少ない現存遺構として貴重なものである。』

やはり再利用されていたのですね。現在、埼玉県庁の正門だったらどうでしょうかね。意外と受けたりして・・・てなことにはならないでしょうね。最後に岩槻市に戻ったのが良かったのか、よく壊されなかったものです。

道を挟んだ反対側にモニュメントらしきものがあります。「人形塚」だそうです。
人形塚モニュメント【人形塚モニュメント】


人形塚について
昭和四十六年(1971)当時の岩槻人形連合協会は十月十五日を「人形の日」と決め、埼玉百年を記念してこの岩槻城の一角に人形塚と人形の碑を建立いたしました。
人形塚は、郷土の日本画家、関根将雄画伯のデザインによるもので、製作に当っては、地元の若き人形職人等の熱き協力がありました。
男雛、女雛が仲むつまじく寄りそった姿は「人」を形象し世界の平和と郷土岩槻の限りなき発展を願っております。
当地の人形作りの起源は、江戸時代のはじめ日光東照宮造営の頃(1630年)とされています。 その後幾とせ、人形作りに心血を注ぎ、いそしんだ先輩父祖の霊を慰め、また多くの人形師が心をこめて作り上げかつ人々に愛された人形達の冥福を祈り、この人形塚は作られました。
平成四年三月吉日
埼玉県観光連盟 岩槻市観光協会 岩槻人形協同組合』

判り易い形ながらシャープさと親しみ易さの感じられるデザインです。更に「人」を表しているとは実に奥深いと言わざるを得ないです。
因みにデザインをされた関根画伯はジャンルDでもランキングされていますので、別の形で再度岩槻を訪れることもあるかもしれませんので、ここではこれで止めておく事にします。

人形塚の隣に更に城門があります。黒門に対してこちらの城門は裏門のようです。
岩槻城裏門【岩槻城裏門】


『岩槻市指定文化財 岩槻城裏門
指定年月日 昭和五十六年五月十二日
指定の種類 有形文化財(建造物)
所有(管理)者 岩槻市
この門は岩槻城の城門である。岩槻城の裏門と伝えられるが、城内での位置は明らかではない。
現状では、門扉をつけた本柱と後方の控柱で屋根を支える薬医門形式となっている。間口約三メートル、奥行き約二メートルあり、向かって左側袖塀に門扉左に潜戸を付属している。屋根は切妻造りで瓦葺。
左右の本柱のホゾに記された墨書銘により、江戸時代後期の明和七年(1770)に当時の岩槻城主大岡氏の家臣武藤弥太夫らを奉行として修造され、文政六年(1823)に板谷官治らを奉行として修理されたことが知られる。数少ない岩槻城関係の現存遺構の中でも、建築年代の明確な遺構として貴重なものである。
廃藩置県に伴う岩槻城廃止後、民間に払い下げられたが、明治四十二年(1909)以降、この門を大切に保存してこられた市内飯塚の有山氏から岩槻市に寄贈され、昭和五十五年(1980)岩槻城跡のこの地に移築された。なお、門扉右の袖塀はこの時付け加えられたものである。』

右の塀だけ昭和産ということですか。それでもこれもまた残っていて良かったですね。
城門として造られたので、しっかりした造りと良い材質ゆえに今でもしっかりしているのでしょうかねえ。意外と昭和の部分と違和感がないので同じように作られたのでしょう。
岩槻区民の誇りと憩いの場として親しまれているのも、来園者の数を見れば理解できるような気がします。
桜の季節には更に来園者が増えることでしょうね。

岩槻城址公園の最後は隣にある”市民会館いわつき”の「レストラン大手門」でスタンプゲットです。

”市民会館いわつき”1階にあるレストランですが、入り口には雛人形が飾られてあります。そこで"岩槻ひなめぐり"の「な」をゲットしました。
市民会館いわつきのひな人形【市民会館いわつきのひな人形】
因みに昼食後だったので食べませんでしたが、このレストランには第2回埼玉B級グルメ王で優勝した"豆腐ラーメン"があるそうです。又、”市民会館いわつき”では郷土の画家達の展示も行われているそうなので、関根画伯のときに豆腐ラーメンともども訪ねたいと思います。
これにて岩槻城址公園から最後のひな巡りに向かいます。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks