はじめに

加須のジャンボ鯉のぼりは得票数 8,763 票を獲得してジャンルBで4位にランクされました。 本書の説明です

『明治の初め、傘やちょうちんを作っていた職人たちによって始まった加須の鯉のぼり生産。戦前から日本一の生産量を誇っている。化学繊維のプリントものが主流になった今も同市には手描きの技を残す店がある。
そんなまちを全国にPRしようと1985(昭和60)年に市民らの手によって誕生したのがジャンボこいのぼり。全長100m、重さ600kgの一世に続き、全長111m、重さ730kgの二世も完成した。
毎年5月初旬、利根川河川敷で開かれる市民平和祭で、大形クレーンに引き揚げられたこいのぼりは雄大な泳ぎを披露する。1998(平成10)年にはハワイの初遊泳も実現した。』

加須は2008年の10月、ジャンルA【不動ヶ岡不動尊 總願寺】と、ジャンルE【加須の手打ちうどん】で訪れた地です。 良きにつけ悪しきにつけインパクトの強い思い出があります。
今回は一体どんなことになるのか期待半分不安半分といったところでしょうか。

人間の思い込みとは激しいもので、加須のジャンボ鯉のぼりは、てっきり5月5日に実施されるものばかりと思い込んでいたところ、たまたまサイトで加須市のHPを見ていて5月3日の開催だということを知ったのがホンの少し前でした。
GW期間中でもあったので、ある程度出かける予定は組んでいたのですが急遽組み替えて5月3日(日)に加須市へ向かうことと相成りました。

時はまさにGW真っ只中。本来東北高速道路を使えばかなり早いのですが、今年は特にGWとETC効果で途方も無い混雑が予想されるとの事。 しかたなく高速には乗らずに一般道を行くことにしました。
昨日の2日は【入間の茶畑】へいった事で連荘となります。若干の疲労感から自宅を9:00過ぎに出発しました。
あまり裏道といってもナビも無いのでとりあえず例によって埼玉県の万能県道3号線を行くことにしました。3号線をひた走り、国道125号線を左折していくと加須市に入ります。今回は利根川の河川敷ですから、加須市の中心街からはかなり離れます。
一旦、大利根町を抜けて再び加須市に入るともうすでに河川敷に近づいていました。
今回はどういった結末になるのでしょうか。

map加須市オフィシャルサイト】 http://www.city.kazo.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks