軽井沢プリンスショッピングプラザ

旧三笠ホテルを出てそのまま南下し、旧軽井沢地区を抜けて軽井沢駅に向かい軽井沢駅を越えた南口方面に向うと、そこは既に「軽井沢プリンスショッピングプラザ」です。
少し軽井沢の歴史をおさらいしておきます。

そもそもの始まりは江戸時代で、五街道の一つ中仙道が通る宿場町として中仙道の難所の一つである碓氷峠の西側の宿場町として栄えたのが軽井沢始まりです。
当時この軽井沢周辺には軽井沢宿(旧軽井沢)、沓掛宿(中軽井沢)、追分宿(信濃追分)の三つの宿があり、まとめて浅間三宿といわれたそうです。
1688(元禄元)年には、芭蕉もこの三宿を通り「ふきとばす石も浅間の野分かな」という句を残したそうです。また、参勤交代の行列や善光寺参詣の人々で賑わい、浅間山を望む景勝地としても有名だったそうです。
明治時代になると碓氷新道や馬車鉄道が開通し近代化のなかで峠越えの旅は様相を変え、一旦は宿場町としての機能を失って軽井沢周辺は没落しました。
しかし、1886(明治19)年一人の外国人の来訪によって軽井沢が没落した宿場町から一変させます。カナダ生まれの英国聖公会宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーが友人と共に軽井沢を訪れ、故国スコットランドを紡佛させるすばらしい自然に感動して「森の中の屋根のない病院」と軽井沢を称え、1888(明治21)年、大塚山に山荘を設けて軽井沢の魅力を内外の知人に紹介し、避暑地としての軽井沢の歴史を切り開いたのです。
この山荘が軽井沢の別荘第一号となるのです。
そして同年信越本線の内の直江津線・直江津~軽井沢間が開通し軽井沢駅が設けられ、1893(明治26)年には碓氷線・横川~軽井沢間が開通し東京と直結することとなりました。
これ以降、明治中期には万平ホテルや三笠ホテルが開業し、宣教師・知識人・文化人の間で軽井沢が人気を博し、保険休養地としての地位を確立し、日本三大外国人避暑地の一つに数えられるようになったそうです。
その後、1918(大正7)年には西武資本が開発に参入し、1945(昭和20)年には東急資本も開発に参入し、皇太子明仁親王と正田美智子との出会いや、ジョン・レノンの滞在などにより東京をバックボーンとしたリゾート地としての地位を確立しました。
そして、1995年嘗てゴルフ場のあった場所に軽井沢・プリンスショッピングプラザ(現在のウェスト)が開業したのです。

軽井沢プリンスショッピングプラザ軽井沢プリンスショッピングプラザ今週~来週にかけてはSALE時期だそうですが、夏休みにも入っていない梅雨時期の午後遅めの今日は比較的車も混んでおらずスムースに駐車できました。
確かに広い敷地です。敷地内に池があるくらいですが、ゴルフ場の名残の池でしょうね。ゴルフ場の芝生が旨く活かされていて、自然の中のショッピングセンターといった趣です。


ボンデールとりあえず昼食をと言う事で、施設内のレストランに入りました。「ボンデール」というピザとパスタの店です。


ボンデール・カルボナーラボンデール・シュリンプピザPM3:00過ぎにもかかわらず、ここだけでなくそこかしこのレストランがまだ賑わっています。
ここでのオーダーは娘達に任せカルボナーラやエビのピザなど何種類かセットでオーダーしました。こう云った店は比較的に当たり外れは無く、平均的に美味しいのが相場でやはりそれなりに美味しい食事でした。


さてお腹も満たされたのでいよいよ買い物に出かけるのですが、年寄り組は買い物よりもう少し休みたいので、子供達とは別行動でPM6:00に落ち合うことにしました。
我々はとりあえずお茶でもということで店を回りましたが、スタバを初めてして何所も超満員です。ちょうど4:00頃ですからね。
そこで、軽井沢駅の向こう側に行ってみることにしました。しばらく探していると昔ながらの喫茶店といった趣の店があったので入ってみました。

「珈琲館 旦念亭」「珈琲館 旦念亭」という名前からも何か風情のありそうな気配です。


テラス席パズル中に入ると一見山小屋風の木目の綺麗な店ですが、テラスもあるということでテラス席で一休みすることにしました。
オーダーの際にパズルを3人分持ってきてくれました。ピースの一つが抜けていてピースを動かしながらパズルを解くといった定番のバズルです。このパズルはこのお店で販売しているそうなので、その意味もあって来店者に貸しているのですね、一つでも売れれば・・・といったところでしょう。


チョコレートケーキ折角なので、この店の売りの一つのチョコレートケーキにホットコーヒーを注文してみました。
結構お客も多くテラス席は3分の一くらい埋まっていたでしょうか。そうこうしている内に注文したものが来ました。
チョコレートケーキはしっとりとした食感に甘すぎないチョコレートにホイップクリームのよく合う味です。
これはかなり美味しいケーキですね。


あとで調べたら軽井沢でも結構有名なお店らしいですね。HPによると、さだまさしの直筆の詩が掲げられていたとのこと。判っていれば、さだファンの家内は穴のあくまで見ていたでしょうが、残念なことでした。
気分も良いので小一時間休んで「旦念亭」を出てプリンスショッピングプラザに戻りました。

参考:【旦念亭】http://www.geocities.jp/tannentei_est_1978/

ショッピングプラザプリンスショッピングプラザの戻ってもまだ5時過ぎなので、しばらく店を覗いてみることにしました。 近くにあったアディダスです。店内を覗いて周りきがつけば、スニーカーを一足購入してしまいました。結構安かったもので。また、家内もスニーカーをやはり一足購入していました。
安いものには弱い一家の根性がまざまざと現れました。


ショッピングプラザその後、しばらくして6時となったので娘達と落ち合って帰宅することとなりました。すっかり夕暮れになっており、心地よい軽い疲労と共に旅の終わりを実感させられました。


一泊二日の久しぶりの家族&温泉旅行はあっという間でしたが、草津・軽井沢と実に楽しい時間を過ごせました。梅雨の日の一時を見て食べて浸かって遊んで、すっかりリフレッシュしたような気がします。
また、次の機会を楽しみにしたいと思います。

2009.7.26記

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks