外濠公園

靖国神社の「遊就館」の横から出て、法政大学から東京逓信病院の裏を抜けて「外濠公園」に出ました。
案内板の説明です。

『国指定史跡・江戸城外堀跡
史跡江戸城外堀跡は、石垣、堀、土手、見附等で構成され、文化遺産として、その形態が保たれている。
そのため、江戸の面影や、江戸以前の地形を想起しつつ、はるかなる武蔵野大地を遠望する適地となってもいる。
この都会で光と水と土の残る、貴重な名所として、そこに茂る植物とともに親しまれている。』

外濠公園意外と国指定とは知りませんでした。あまりに身近にあるためでしょうかね。
このあたりは丁度、飯田橋駅と新見附橋の中間あたりで、濠の向こう側の桜とともに大層美しい光景ですが、若干向こう側の桜は若干開花が遅れているようです。


外濠公園外濠公園新見附橋で一旦公園を出て、交差点を渡るとまた公園が続きます。
丁度、新見附橋交差点の公園入口には昔のままの「東京市外濠公園」と公園銘がついています。これなどは時代を感じさせ手くれるものですね。


外濠公園外濠公園外濠公園しばらく遊歩道をサクラを愛でながら歩いていくとやがて市ヶ谷駅が近づいてきます。


外濠公園市ヶ谷駅前でやはり公園を一旦出ます。そこにある公園プレートは既に新しいもののようです。


外濠公園市ヶ谷駅を右手に見ながら市ヶ谷駅交差点を横断し、線路沿いを進み五番町付近から再び外濠公園遊歩道に上がります。
このあたりは桜も見事ですが、自然の景観がとてもよく表れているつくりです。


外濠公園四ッ谷駅付近外濠公園四ッ谷駅付近外濠公園四ッ谷駅付近四ッ谷駅付近に来るとまた一旦遊歩道は途切れますが、その端が四谷見附跡の石垣で、その石垣の上です。


外濠公園四ッ谷駅付近ここで一旦遊歩道を離れて、四ツ谷駅前を通ります。

外濠公園四ッ谷駅付近外濠公園イグナチオ教会四ツ谷駅前交差点の向うには再び外濠公園遊歩道の桜と左側にイグナチオ教会が見えます。
かつて山口百恵が結婚したことから人気が出た教会ですが、私の知り合いがここで結婚式を挙げる際、信者でない場合は前もって通って”エセ信者”にならなければならないといっていました。結構大変なんですね。


外濠公園四ツ谷駅前の交差点を渡って再び遊歩道をあるきます。


外濠公園外濠公園ここは別名「真田堤」とか呼ばれているようですが由来とかはわかりません。
ずっと桜並木が続いていてかなり綺麗です。
ホテルニューオータニで遊歩道を後にします。


「千鳥ヶ淵緑道」から「外濠公園」までおよそ3時間くらいでまわってきました。
桜の名所だけあって見どころは一杯です。1ヶ所で落ち着いて見るのもよいですが、グルッと巡るのもまた一興かと思います。 まだ、北の丸公園や赤坂など見どころはあるのですが、また来年のお楽しみに。

最後に今年の桜を締めくくる場所へ後日足を運びました。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks