はじめに

「下總皖一」はジャンルDで10,084票を獲得して第3位にランクされました。

『北埼玉郡原道村(現在の大利根町)生まれの作曲家で、音楽理論家、音楽教育家としても知られる。
1917(大正6)年埼玉県師範学校を卒業、東京音楽学校甲種師範科を首席で卒業、記念奨学賞を受ける。作曲家の信時潔に師事、その後教員となり全国各地の学校に勤務する。
1932(昭和7)年文部省在外研究員としてドイツに渡り、ベルリン国立音楽校に入学し、パウル・ヒンデミットに師事、その後帰国して東京音楽学校教授となり、戦後も東京芸術大学教授、同大音楽部長などを歴任、團伊玖磨ら多くの音楽家を育てた。1962(昭和37)年64歳で死去。
作曲した「たなばたさま」「かくれんぼ」「ほたる」「はなび」「野菊」などの童謡や唱歌は今も広く親しまれている。また、本県の県立久喜高校や岩槻商業高校をはじめ全国で800曲にのぼる校歌も作曲した。
1987(昭和62)年埼玉会館友の会が同氏の業績を顕彰し、「下總皖一音楽賞」を制定し、1995(平成7)年県に移管された。』(本書の説明より)

「下總皖一」が初めてなら大利根町も初めて知ったという初めて尽くしの散策です。
2000年当時は大利根町でしたが、現在は2010年3月の合併により加須市となっています。当時の北埼玉郡には、「あじさいまつり」で訪れた騎西町、そして北川辺町の3町が加須市となったのです。
一方、「下總皖一」氏の名前も初めて知ったのですが、作られた童謡は確かに知っていることから、広く親しまれたことは間違いないようです。

今回の散策は、8月28日の土曜日という猛暑の続く中訪れ、大利根のみならず嘗ての北川辺町と隣接する羽生市、更にホンの一部ながら群馬県、栃木県に及ぶ広範囲な散策です。
「下總皖一」と大利根周辺ではどのような魅力を見せてくれるのでしょうか。

加須マップ加須市オフィシャルサイト】http://www.city.kazo.lg.jp/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks